arduino.js : 圧力センサ

Created Date: 2015-03-27/ updated date: 2015-04-07
  • Medium image02
Owner & Collaborators
License
By
Summary
圧力センサのサンプルです。arduino.js を用いてブラウザ上に圧力の値を表示し、値に応じて文字サイズを変更します。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 回路を組み立てる

          0
          Thumb 4831340
          配線して図と同様の回路をつくる。
          Small image01
        • Arduino にプログラムを書き込む

          0
          Thumb 4831340
          • Annotation without title

            0
            Thumb 4831340
            圧力センサ用プログラムにある "CommandServer.ino" を Arduino IDE で開く。
            Small image11
          • Annotation without title

            0
            Thumb 4831340
            "CommandServer.ino" を開いた状態。
            Small image15
          • Annotation without title

            0
            Thumb 4831340
            「→」マークの「マイコンボードに書き込む」ボタンをクリックする。
            Small commandserver red mac
          • Annotation without title

            0
            Thumb 4831340
            書き込み中は Arduino Uno の「TX」「RX」 が点滅する。書き込みが完了すると消灯する。
            Small arduino tx rx
        • プログラムを開く

          0
          Thumb 4831340
          webpage フォルダの中にある pressureSensor.html を Firefox で開く。
          Small image18
          • Annotation without title

            0
            Thumb 4831340
            完成!
            Small image21
        Add Card Order

        References

          Usages

          • Thumb 4831340
            圧力センサを握ると,握る強さによって文字サイズが変わります。
            強く握れば握るほどサイズが大きくなっていきます。
            目指せ!2048!
          Convert State

           to Annotation.

          Select the numebr of the state to annotate.

          OK
          cancel
          Loading

          facebook

          , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
          , data-width="400", data-order-by="reverse_time"