最新3D技術で太古の生物を蘇らせよう

Created Date: 2016-10-24/ updated date: 2017-05-08
    Owner & Collaborators
    License
    By nc sa
    Summary
    3Dスキャナを使い非接触で化石を立体データ化し、3Dプリンタでレプリカを作製する。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 化石をスキャンした

            0
            Thumb 7780807
            Artec社の3DスキャナArtec EVAを使用して化石をスキャンした。照明を調整して映りやすくした。複雑な形をしているので、化石の置き方を変えたり、いろいろな方向からスキャンしたりした。
            Small img 20151203 135134
            • スキャンデータの編集をした

              0
              Thumb 7780807
              Artec社のソフトウェアArtecStudioを使ってスキャンデータの編集を行った。
              • ゴミ取り

                0
                Thumb 7780807
                複数のスキャンデータからゴミ取りを行った。
                化石を置いていたテーブルなどの化石以外の部分(ゴミ)を削除した。
                Small
              • 位置合わせ

                0
                Thumb 7780807
                複数のデータの中で共通する部分がちょうど重ね合うようにデータの位置を調整した。
                Small
              • もう一度スキャンした

                0
                Thumb 7780807
                位置合わせをしたデータと実物の化石を見比べてスキャン出来ていない部分のデータを得るためにもう一度スキャンを行った。
                ここで得たデータも同様に、ゴミ取り、位置合わせを行った。
                Small
              • メッシュ化

                0
                Thumb 7780807
                複数のデータをつなぎ合わせて一つのメッシュデータにした。(自動処理)
                Small
            • 3Dプリントするためのデータ修正

              0
              Thumb 7780807
              Materialise社のソフトウェアMagicsを使用してデータの修正を行った。
              • 穴埋め

                0
                Thumb 7780807
                立体データの穴埋めを行い、3Dプリント可能な状態にした。
                Small magics1
              • 分割

                0
                Thumb 7780807
                3Dプリンタの造形エリアに収まるサイズにするためにデータの分割を行った。
                Small
              • 中空化、抜き穴作成

                0
                Thumb 7780807
                データの内部を中空にして、抜き穴を作成した。こうすることによって内側の材料を取り除き再利用できるため、材料の節約になる。
                Small
            • レプリカの作製

              0
              Thumb 7780807
              3D systems社の石膏パウダータイプ3DプリンタProJet460を使用してレプリカを作製した。
              Small dsc 3564
              • 造形物の仕上げ

                0
                Thumb 7780807
                造形が終わったら、周りに付いた粉を取り除いた(デパウダー)。
                その後、アロンアルフア201を含浸させた。
                • Small dsc 3660
                • Small dsc 3914
              • 分割パーツの接着

                0
                Thumb 7780807
                分割して作ったパーツを接着し一つにした。
                Small dsc 3690
            Add Card Order

            References

              Usages

              • 3Dプリンタで化石のレプリカ作り実演in山形県立博物館

                Thumb 7780807
                2016年5月3日に山形県県立博物館でDプリンタの実演を行った。当日の様子は、研究室のホームページにまとめてあります。
                http://swel.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/2016/05/10/fossil-replica/
              • 山形県立博物館 企画展「化石」-太古の不思議な生き物たち-

                Thumb 7780807
                平成28年2月27日(土)~5月8日(日)、山形県立博物館の企画展の中で触ることができる展示として使用された。
                http://www.yamagata-museum.jp/event/h27/kaseki/

                企画展は終わってしまいましたが、県立博物館の出張授業などで活用してもらっています。盲学校の生徒さんや先生方にも好評だったそうです。
              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"