Thinkercad使い方

Created Date: 2017-09-07/ updated date: 2017-09-16
    • Medium t3
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    初心者向け3DモデリングTinkercadの操作方法をまとめています。
    積み木のように組み合わせていくので、直感的にモデリングできます。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • セットアップ

            0
            Thumb fablogo d1 01
            Tinkercadはブラウザベースのモデリングソフトなので、ダウンロード等は必要ありません。
            • アカウントを取得しよう

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Tinkercadのウェブサイトにいき、アカウントを取得してください。
              AutodeskのアカウントがあればOK!
              Small t1
          • 基本操作

            0
            Thumb fablogo d1 01

            • コピー

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+C→コピー
              もしくは、画面左上のアイコンをクリック。
              Small copy
            • 貼り付け

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+V→貼り付け
              もしくは、画面左上のアイコンをクリック。
              Small cv
            • 図形を消す

              0
              Thumb fablogo d1 01
              deleteキーで消去。
              左上のゴミ箱のアイコンをクリック。
              Small delete
            • ひとつ前の動作に戻る

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+Z
              もしくは、左上の←アイコン
              Small cz
            • やりなおし

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+Y
              ひとつ前の動作をやりなおす
              もしくは→アイコンクリック
              Small cy
            • グループ化

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1.ひとつのグループとしてまとめることができる
              2.複数の図形を合体して1つの形に結合できる
              3.図形を切り抜くことができる
              Small icona
            • グループ解除

              0
              Thumb fablogo d1 01
              グループ解除します
              Small iconb
            • 位置合わせ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形を整列させます
              Small iconc
            • 範囲選択

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ドラッグして囲むと、複数の図形を選択できます
              Small g02
            • シェイプ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形のオプション画面
              図形を選択すると、でてきます。
              大きさや色をここで変更できます。
              Small k5
            • 色を変える

              0
              Thumb fablogo d1 01
              シェイプのソリッドをクリックすると、色見本がでてきます
              Small icon10
          • 選択

            0
            Thumb fablogo d1 01
            図形が選択されているときは、青い線がでます。
            選択の方法は2種類

            1.左クリックで選択
            2.ドラッグして範囲選択
            • 左クリックで選択

              0
              Thumb fablogo d1 01
              動かしたい図形を選択するときは、左クリック
              Small s2 2x
            • 範囲選択

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ドラッグすると、点線がでてきます。
              この点線に触れた図形は、まとめて選択できます。
              一度に複数選択するときに便利です。
              Small g02
          • カメラコントロール(視点の切り替え)

            0
            Thumb fablogo d1 01
            1.ViewCubeを使用して視点の切り替えの方法について
             周囲を見回すときは、ViewCubeが便利!
            2.右クリックで見回す方法
             ぐるぐる視点を切り替えたいときは、右クリック
            Small icon1
            • 決まった角度から見回す

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ViewCubeのところをクリックすると、決まった角度からの視点になります。
              • Small icon7
              • Small v2
              • Small v1
              • Small v3
            • ズーム操作

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ズームイン/ズームアウトのやり方
              マウスのホイールを回すと、画面が拡大・縮小されます
              Small icon3
            • 自由な角度からみる

              0
              Thumb fablogo d1 01
              右クリックでドラッグすると、ぐるぐると視点を切り替えることができます。
              Small icon6
            • マウスのみで視点切り替え

              0
              Thumb fablogo d1 01
              マウスのみで視点を切り替えることもできます
              慣れると便利です
              Small icon9
          • 図形を配置する

            0
            Thumb fablogo d1 01
            基本シェイプより配置させたい図形を左クリックで選択し、ドラッグで作業平面におくと図形が配置される。
            Small d01
            • 移動させる

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形の移動の仕方
              1.左クリックでドラッグして移動
              2.カーソルキーで移動
              Small icon8
              • 1.ドラッグで移動①

                0
                Thumb fablogo d1 01
                移動させたい図形をクリックします
                Small s2
              • 1.ドラッグで移動②

                0
                Thumb fablogo d1 01
                選択されたら、画像のように青い点がでます。
                この状態でドラッグ(左クリック押しっぱなし)で移動できます
                Small s3 2x
              • 2.カーソルキーで移動①

                0
                Thumb fablogo d1 01
                移動させたい図形をクリックします
                Small s2
              • 2.カーソルキーで移動②

                0
                Thumb fablogo d1 01
                キーボードのカーソルキーを押して移動させます
                Small s4
            • 大きさを変える

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1.白いドットをクリックして数値入力で大きさを変更
              2.白いドットをドラッグして任意の大きさに変更。
              ※Shift押しながらで等倍率のまま変更
              Small d02
              • 1.白いドットをクリックして数値入力で大きさを変更

                0
                Thumb fablogo d1 01
                白いドットをクリックすると、数値がでてきます。それが現在の大きさです。
                変更するときは、数字の部分をクリックして、数値入力すると大きさが変わります。
                Small d03
              • 2.白いドットをドラッグして大きさを変更。

                0
                Thumb fablogo d1 01
                白いドットをクリックし、そのままドラッグすると大きさを変えれます
                Small d04
              • Shift押しながら等倍率のまま変更

                0
                Thumb fablogo d1 01
                ドラッグしているときに、Shiftを押しながらだと、等倍率で大きさを変更できます。
                形がくずれません。
                Shiftキーは押しっぱなしで、先にマウスの方を離しましょう!
                Small d05
            • 図形を回転させる

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形を回転させるときは、図形の赤丸で囲まれたカーブの矢印をクリックします。

              1.自由な角度で回転
              2.数値入力で回転
              Small q01
              • 自由な角度で回転

                0
                Thumb fablogo d1 01
                赤丸の箇所をクリックし、そのままドラッグすると回転します
                Small q02
              • 数値入力で回転

                0
                Thumb fablogo d1 01
                1.矢印をクリック
                2.数字の部分をクリックして、数値入力する
                Small q03
            • 合体させる

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形同士を合体させる操作
              グループ化を使います
              Small iconf
              • 図形配置

                0
                Thumb fablogo d1 01
                合体させたい図形を複数配置して重ねます。
                Small g01
              • 範囲選択

                0
                Thumb fablogo d1 01
                画面上をドラッグすると、範囲選択となり一度に複数の図形を選択できます。
                Small g02
              • ソリッド/グループ化

                0
                Thumb fablogo d1 01
                1.選択したときに、ソリッドが選択されていることを確認。
                2.グループ化をクリック。
                3.画像のように図形が合体されました。
                Small g03
            • 切り抜く

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形を切り抜きたいときの操作
              シェイプで穴を選択し、グループ化
              Small icong
              • 図形を重ねます

                0
                Thumb fablogo d1 01
                今回は黄色い図形で緑の図形を切り抜きます。

                Small k01
              • 穴を選択

                0
                Thumb fablogo d1 01
                1.切り抜きたい図形のシェイプをを選択します。
                2.ボーダー模様になったらOKです
                Small k02
              • 範囲選択/グループ化

                0
                Thumb fablogo d1 01
                ドラッッグで複数選択し、グループ化をクリック
                Small k03 1
              • 切り抜き成功

                0
                Thumb fablogo d1 01
                グループ化が成功すると、画像のように切り抜かれます。
                Small k04
            • 位置あわせ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              図形を整列させる方法
              • 図形を配置する

                0
                Thumb fablogo d1 01

                Small ss1
              • 範囲選択

                0
                Thumb fablogo d1 01
                整列させたいものを範囲選択します
                Small ss2
              • 位置あわせ

                0
                Thumb fablogo d1 01
                位置あわせのアイコンをクリック
                黒ドットがでます
                ここをクリックすると整列します
                中央に水平に整列させたいときは、画像の赤丸をクリック
                Small ss3
              • 整列

                0
                Thumb fablogo d1 01
                水平中央位置に整列されました!
                ※等間隔に分布はできません
                 その場合は、Ctrl+Dの複製を使います
                Small ss4
            • 作業平面とは?

              0
              Thumb fablogo d1 01
              文字通り作業をする平面になります。

              1.図形を配置する面
              2.配置する面を変えることができる
              3.作業平面を使って、図形同士ぴたっと隙間なくくっつけることができる
              Small     1
              • 1.図形を配置する面

                0
                Thumb fablogo d1 01
                青いところが作業平面になります。
                青いところ以外も図形をおけます。
                右下のグリッドを編集でサイズ変更できます。
                グリッドにスナップで、スナップの間隔を変更できます。
                Small h1
              • 2.配置する面を変えることができる①

                0
                Thumb fablogo d1 01
                ①作業平面のアイコンをクリック
                ②そのままドラッグして、好きな面をクリック

                作業平面を変更できます。
                Small w1
              • 2.配置する面を変えることができる②

                0
                Thumb fablogo d1 01

                Small h3
              • 2.配置する面を変えることができる③

                0
                Thumb fablogo d1 01

                Small h4
              • 3.図形同士ぴたっと隙間なくくっつける①

                0
                Thumb fablogo d1 01
                図形を作業平面に配置します
                Small w3
              • 3.図形同士ぴたっと隙間なくくっつける②

                0
                Thumb fablogo d1 01
                ①作業平面のアイコンをクリック
                ②そのままドラッグして、図形の上面に配置
                Small w02
              • 3.図形同士ぴたっと隙間なくくっつける③

                0
                Thumb fablogo d1 01
                オレンジが現在の作業平面になります。
                図形をドラッグすると、オレンジの作業平面の上に配置されます。
                Small w01
              • 3.図形同士ぴたっと隙間なくくっつける④

                0
                Thumb fablogo d1 01
                下からみるとこんな感じ
                Small w6
            • ルーラーとは?

              0
              Thumb fablogo d1 01
              定規のようなものです
              作業平面の上であれば、好きな場所に配置できます
              Small     1
              Add Card Order

              References

                Usages

                  Convert State

                   to Annotation.

                  Select the numebr of the state to annotate.

                  OK
                  cancel
                  Loading

                  facebook

                  , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                  , data-width="400", data-order-by="reverse_time"