手羽先骨格標本

Created Date: 2016-06-10/ updated date: 2017-04-25
    • Medium
    • Medium img 2038 1
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    手羽先の骨格標本の作り方です。台座も作ります。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 手羽先を食べる

            0
            Thumb fablogo d1 01
            スーパーなどに売っている手羽先を買う。
            手羽元ではなく手羽先がよい。
            塩・コショウをまんべんなく振り掛け、オーブンを200℃20分に設定して焼く。
            • Small img 1882
            • Small img 1883
            • Small img 1884
            • Small img 1886
            • 鍋で煮る

              0
              Thumb fablogo d1 01
              生ごみ用ネットに入れて、カセットコンロを用意してで小一時間ほど煮る。今回はその他にも4パターン試してみた。

              ・水洗いのみ→骨と肉が分離しないのでお勧めしない。くさい。
              ポリデントに1時間ほど漬ける→割と綺麗に骨と肉が分離した。
              ・水:パイプユニッシュ=1:1に1時間ほど漬ける→あまり分離しなかった。
              ・ポリデントを溶かした水を鍋で1時間ほど煮込む→これが一番綺麗にとれた

              区別がつくよう、ネットに製作者のタグをくくりつける。

              Small img 1888
              • 水洗い→

                0
                Thumb fablogo d1 01
                肉が硬く、骨からとるのが難しい。
                匂いもあるので、水洗いのみでは肉を取り除くのはお勧めしない。
                Small img 1899
              • ポリデントに30分漬ける→

                0
                Thumb fablogo d1 01
                浸漬後、手で軟骨がきれいに取れた。
                色も少し綺麗になった気がする。

                ポリデントの成分
                カンジダ溶菌酵素(ザイモリエイス・キタラーゼ)、
                タンパク分解酵素(ノボザイム)、
                ヤニなど着色性の汚れを落とすアルカリ酸化剤、
                界面活性剤、
                漂白剤、
                などが主に含まれているようです。

                カンジダ菌は、義歯の汚れの主体でプラークをつくって悪臭の原因となり、義歯性口内炎など口腔カンジダ症を誘発するそうなので、微生物・真菌除去のための酵素も含まれているそう。
                • Small img 1890
                • Small img 1900
              • 水:パイプユニッシュ=1:1に1時間ほど漬ける→

                0
                Thumb fablogo d1 01
                軟骨が綺麗にとれた。
                骨自体が少し溶けたように思える。
                色も不自然な白さになった。
                • Small img 1891
                • Small
              • ・ポリデントを溶かした水を鍋で1時間ほど煮込む→

                0
                Thumb fablogo d1 01
                個人的にはこれが一番綺麗に肉・軟骨・骨が取れた。
                沸騰させない位のとろ火で熱すると、骨もくずれず良い。
                • Small img 1903
                • Small img 1898
            • 骨を洗う

              0
              Thumb fablogo d1 01
              歯ブラシなどを使って、骨を水洗いし余分な肉や脂を取り除く。
              軟骨の塊の中に、手根骨が3つあるので間違って捨てないようにする。


              Small
              • 除光液に漬ける

                0
                Thumb fablogo d1 01
                脂抜きの為に、ガラス製の瓶(100円ショップので十分)に除光液をいれる。アセトンでも可。
                色がそのまま浸漬するので、無着色のものが良い。
                2~3日漬けておく。

                ※時間が無い場合はこの工程を省いてもよい
                ※長期保管の場合は行った方がよい
                Small img 1929
                • 水洗い&乾燥

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  引き上げて水洗いし、1日乾燥させる。
                  ※外に干しておくと、カラスや猫などが持っていくらしいので、室内でも十分乾燥できます
                  • 骨の組立

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    乾燥させた骨を組み立てる。
                    グルーガンを使って接着させる。
                    • 骨を数える

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      骨を並べて数える
                      Small img 1916
                    • 手羽先の形に骨を並べる

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      トレーに骨格通りに骨を並べてみる
                      • Small img 1998
                      • Small img 2000
                    • 骨を組み立てる

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      指骨から接着していく。
                      骨の間にグルーガンを流し込む。
                      多少はみでても、軟骨っぽくなるので問題ない。

                      ※向きなどは、色々と骨同士を当ててしっくりくる場所で接着

                      • Small img 1996
                      • Small img 2029
                      • Small img 2077
                  • 組み立てる

                    0
                    Thumb fablogo d1 01

                    • 台座

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      ピンバイスを使って台座に穴をあける
                      台座の板はMDFなど
                      桐だと柔らかすぎるかもなので、なるべく固めで

                      骨同様に、折り曲げた真鍮線を差し込み真鍮パイプをはめる
                      Small img 2017
                    • 完成

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      あとは好きなように飾ってください!
                      • Small img 1305
                      • Small img 2038 1
                  • 骨を白くするのに適した薬品実験

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    骨を白くするのに、どの薬品が適しているか実験してみた。
                    ・オキシドール
                    ・ハイター
                    ・セスキ炭酸ソーダ
                    ・重曹
                    ・パイプユニッシュ

                    骨の状態・骨年齢によって結果が変わるので、あくまでも目安としてご参考ください。
                    • 漂白とは

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      「漂白剤」は化学反応によってシミや汚れを分解することで、汚れを落ちやすくするもので、「酸化型漂白剤」と「還元型漂白剤」に分かれます。一般的に家庭用として使われているものとしては「酸化型」のものが使われ、その酸化型の中に「塩素系」と「酸素系」があります。塩素系の方が漂白力は高い。
                      私たちが一般的によく手にする「酸化型漂白」は、相手に酸素を与えて色素を破壊するものとなり、その一方で「還元型漂白」に関しては、相手から酸素を奪って色素を破壊させる特徴を持ったものになります。
                      酸素系の漂白剤には、「液体」と「粉末」の2つの「種類」があります。
                      液体は弱酸性or酸性。粉末は弱アルカリ性。

                    • オキシドール

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      オキシドール(過酸化水素水)
                      酸化型酸素系の漂白剤。
                      一般的には、傷の消毒や洗浄を目的として利用されます。
                      過酸化水素に漂白効果があります。

                      1日~2日ほど浸漬します。
                      ハイターなどよりも、自然な骨の色味がでている気がします。
                      あまり長く漬けすぎると脆くなるそうです。
                      • Small img 1950
                      • Small img 1956
                    • ハイター

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      キッチンハイターもハイターも主成分は次亜塩素酸ナトリウム。
                      酸化型塩素系の漂白剤。
                      キッチンハイターの方は、洗浄成分がプラスされているので、漂白と同時に軽い汚れまで落とせるのが特徴。

                      骨を水で薄めたハイターに漬けた。水:ハイター=1:1
                      30分ほどで白くなった。
                      1日浸漬した所、骨がボロボロになって、手で触ってくだけるものもあった。
                      Small img 1952
                    • セスキ炭酸ソーダ

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      セスキ炭酸ソーダとは、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムが1:1の日比で構成される複塩。弱アルカリ性。

                      漂白成分がないため、全く白くならない。
                      重曹の10倍の効果とのことで、重曹よりは綺麗な感じがした。
                      • Small img 1946
                      • Small img 1953
                    • 重曹

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      重曹(炭酸水素ナトリウム)
                      弱アルカリ性

                      一般的に手に入りやすいので、実験してみたがほとんど変化なし。

                      • Small img 1951 1
                      • Small img 1954
                    • パイプユニッシュ

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      パイプユニッシュには、水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。
                      次亜塩素酸ナトリウムは、塩素系漂白剤の主成分。
                      特徴は、強力な酸化力。Clが周囲の物質を酸化する(電子を奪う)ことで、漂白・殺菌する。その酸化作用によってタンパク質を分解することができる。

                      水酸化ナトリウムは、水中で非常に強い塩基性(アルカリ性)を示す。
                      この強力な塩基性によって、次亜塩素酸ナトリウム同様にタンパク質を分解する。
                      また脂肪分を分解する性質もある。

                      今回は、水200ccに対しパイプユニッシュ5mlの溶液に骨を浸漬した。
                      脂を丁寧に落としたものと、脂そのまま残した状態の2種類で浸漬。
                      あまり違いはなかった。

                      • Small img 1947 1
                      • Small img 1949 1
                  Add Card Order

                  References

                    Usages

                      Convert State

                       to Annotation.

                      Select the numebr of the state to annotate.

                      OK
                      cancel
                      Loading

                      facebook

                      , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                      , data-width="400", data-order-by="reverse_time"