ファブボット - プラカップとArduinoでつくるロボット(ver.Kitakagaya)

Created Date: 2015-10-31/ updated date: 2016-02-28
    • Medium fabbot photo 201506
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    プラカップとArduinoで作るロボット「ファブボット かんなちゃん」です。
    東京都市大学の小池研究室のロボット「Mugbot」を、ファブラボ関内で小型キット化しました。
    初心者向けに、材料キット付きのワークショップを定期的に開催しています。
    組み立て時間は1〜2時間程度。予備知識ゼロの状態から作ることができます。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • ファブボットの材料を準備する

            0
            以下のものを準備します。



          • 表面実装基盤をはんだ付けする

            0
            Thumb profile01
            面実装の基盤をはんだ付けします。
            • 1:抵抗とLED部分に予備ハンダをする

              0
              Thumb profile01
              はんだ付けするときは、ハンダを温めるのではなく基盤を温める。十分に温まったら、その熱で半田を溶かします。
              Small 1solder01
            • 2:抵抗をはんだ付けする

              0
              Thumb profile01
              向きはありませんが、数字が読めるようにつけるのが一般的
              Small 5resistor
            • 3:目と口のLEDをはんだ付けします

              0
              Thumb profile01
              LEDの向きに注意緑色の線が見える方がカソードでグラウンド(ー)につなげます
              • Small 2solder eyes
              • Small 4mouth
              • Small           2016 02 28 13.26.50
              • Small moldsmd polarity
              • Small led04
            • 4:LEDの導電チェックをします

              0
              Thumb profile01
              今回は安定化電源で行います
              Small 3eyes check
            • 5:ヘッダピンを取り付けます。

              0
              Thumb profile01
              表面側からつけましょう。こちらは予備半田します
              L字は予備半田なし
              • Small 6header01
              • Small 7header02
              • Small 8solder end
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"