アクリル加工のあれこれ《染色編》

Created Date: 2015-09-03/ updated date: 2017-07-26
    • Medium 10489883 664324476978141 4965748853774498538 n
    • Medium 10426646 666349973442258 5868055347146745722 n
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    アクリル板への色付け方法の一つである、“染色”加工について

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 使用する道具について

            0
            Thumb logo
            《使用するもの》
            染料
            小鍋
            ---
            アクリル板の染色にはこのような道具を使っています。全く同じ色のパーツをいくつも作りたい場合は、温度管理をきちんとする必要があります。ただ色を付けたい場合は、無くても大丈夫です。
            使用している液剤は、大阪化成品株式会社の「SDN」という染料です。
            • Small 10423884 666896343387621 7922492732981813343 n
            • Small 10417519 664324606978128 3353943395386733178 n
            • 染色の方法について

              0
              Thumb logo

              • 染色溶液をつくります

                0
                Thumb logo
                水:SDN(染料)=20:1の溶液を作ります。染色したいパーツがきちんと浸かるくらいの液量が必要です。今回は「橙色」を使用しました。
                Small 10492006 666896353387620 257677766376520493 n
              • 溶液を加熱します

                0
                Thumb logo
                染色する物の素材に合わせて温度を調整しながら溶液を加熱していきます。(アクリル、ナイロンなど、各樹脂の適正温度は、染色液のパッケージに記載されています。)
                ダブルクリップを使って温度計を固定すると便利です!
                Small 10514742 666896373387618 3683997362995489543 n
              • 溶液にパーツを入れます

                0
                Thumb logo
                染色したいパーツを水で軽く洗い(表面にゴミや油分等が付着している可能性があるため)、鍋に投入します!
                Small 10456776 666896423387613 4114166653860924975 n
              • よく洗ったら完成です!

                0
                Thumb logo
                今回使用したミラーアクリルの場合、30秒ほどで写真のような黄色になりました。お好みの色が付いたら、あとは中性洗剤でよく洗えば完成です!
                (ちなみに、ミラーアクリルの場合、煮込みすぎると裏面についている保護膜が剥がれてきてしまうので注意が必要です。)
                Small 10470791 666896440054278 7930449068105710734 n
            • 《応用(1)》マスキングでの染め分け

              0
              Thumb logo
              ビニールテープを使ってマスキングをしてみました。
              • 側面だけに色をつける

                0
                Thumb logo
                例えば、パーツの広い面にビニールテープを貼ってマスキングをすると、側面だけに色をつけることができます。
                • Small 10556397 666896583387597 1434733772228961640 n
                • Small 10505553 666896533387602 6805297996971136777 n
                • Small 10553513 666896543387601 7431773225975701402 n
              • 図柄部分に色をつける

                0
                Thumb logo
                アクリル板の表面に養生テープを貼り、レーザーカッターでテープのみカットしてマスキングするとこんな染め分けも可能です。
                左はアクリル板をそのまま使用していますが、右は@部分のみ彫刻加工で傷を付けているので、同じ染色時間でもやや色が濃く付きました。
                Small 10550851 664324516978137 8451417150837693011 n
            • 《応用(2)》グラデーション加工

              0
              Thumb logo
              • 基本のグラデーション

                0
                Thumb logo
                パーツの一部だけが溶液に浸かるように染色をするときれいなグラデーションになります。
                • Small 10348202 666896520054270 8054690365033414972 n
                • Small 10420359 666896496720939 463608144371416481 n
              • 2色のグラデーション

                0
                Thumb logo
                2色以上のグラデーションをする場合は、明るい色から染色をするのが上手くいくコツです。
                • Small 10561713 666349983442257 4155405200093460809 n
                • Small 10402680 666349996775589 1913991217960871254 n
              • 3色以上のグラデーション

                0
                Thumb logo
                はじめにオーブントースターでアクリル板をU字に曲げ、両端とカーブ部分をそれぞれ染色したのち、再度トースターで加熱して平らに伸ばしました。(2度加熱しているので、両端に気泡が入ってしまっています。)
                Small 1959814 708624565881465 3692916625339383380 n
            • 《応用(3)》いろいろな染色加工

              0
              Thumb logo

              • 2色グラデーション+くもり仕上げ

                0
                Thumb logo
                広い面にビニールテープを貼り、橙色→桃色の順に染色をしました。そしてテープ貼付け部分に#1200のペーパーをかけてすりガラスのように加工してみました。橙色は2分程度、桃色は10秒程度しか染色していないので、面によって色の見え方が異なります。
                • Small 10561836 664324536978135 3460820989179456594 n
                • Small 10346270 664324553644800 6060366714553745205 n
                • Small 10302060 664324570311465 1230226073628168524 n
              • 白色アクリルへの各種染色加工

                0
                Thumb logo
                白色アクリルももちろん染色は加工です。ただ色ムラが目立ち易いので、注意して染色する必要があります。
                Small 10403365 664324596978129 5223229306381134618 n
              • 色付きアクリルへの染色加工

                0
                Thumb logo
                元々青色のアクリル板を染色しました。左がもとのアクリル板、右が紫色の染料に10秒程浸けたものです。マスキングはしていないのですが、側面のみ色が強く出ています。見る角度を変えると、紫が濃くなったり青が濃くなったりします。

                • Small 10150744 708624585881463 1181982881827633818 n
                • Small 10686801 708624602548128 991372947290285994 n
              • オーブントースターを使った染色加工(1)

                0
                Thumb logo
                スポイトで染色溶液をアクリル板に直接のせ、トースターで加熱してみたところ、なんとなくまだら模様になりました。
                2色のまだ模様ができるかも?と思って実験してみましたが、加熱時間が長かったせいか、汚い仕上がりになってしまいました。
                • Small 10494847 666896643387591 6148791259213548668 n
                • Small 10463014 666896610054261 504087473637781980 n
                • Small 10511105 666896630054259 4238026745792087175 n
                • Small 10371908 666896763387579 4232115109942671447 n
              • オーブントースターを使った染色加工(2)

                0
                Thumb logo
                透明アクリル板にスポイトで染色溶液をのせ、オーブントースターで加熱してみたところ、表面にはほとんど色は付きませんでしたが、側面から何故か色が透けて見えました!
                • Small 10487441 666896676720921 47695363762826690 n
                • Small 10438922 666896663387589 5382378270392808420 n
              • オーブントースターを使った染色加工(2)-2

                0
                Thumb logo
                透明アクリル板にピンク、紫、青の染色溶液を何度かに分けてのせて加熱してみました。
                その結果、紫の溶液がやや硬化していたためか、綺麗なまだら模様にはなりませんでした。また、トースターでちょっと加熱しすぎてしまい、端に気泡も入っています... 
                • Small 10565284 666896746720914 6211716401514997951 n
                • Small 10383893 666896733387582 4907218699081157246 n
                • Small 10505431 666896716720917 7972356768476097302 n
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"