MagicFlute Proto10

Created Date: 2015-11-04/ updated date: 2016-06-11
  • Medium img 1981
Owner & Collaborators
License
By nc
Summary
電子吹奏楽器MagicFluteをFabLabで作るためのプロジェクト。
MagicFluteは6つの穴で3オクターブもの演奏が可能な独自運指のMIDI Controller。これをFabLabにある機材を使って、誰もが安価に作れるような試作品を開発中。

Memos

  • FabLab Hamamatsuでレーザーカッターを使う

    posted by kigakudoh on November 05, 2015
    二週間前に、FabLab Hamamatsuで初めてMDFをレーザーカッターで切ってもらった。 前回の結果を踏まえてまたデータを作り直したので、今日またFabLabで切ってもらう。 (本当は今日レーザーカッターの使い方を覚えたかったのだけど、老眼鏡を持ってくるの忘れてしまい、竹村さんに全部やってもらいました・
    • Small img 1890
    • Small img 1891
  • 旧バージョン(Proto8)の作り方はこちら

    posted by kigakudoh on November 07, 2015
    MFT2015、YMMFで、MagicFluteの作り方のチラシを配布しました。 そこで紹介したURLはこちらです
    ちなみに、Proto9も現在設計中。 Proto9は、管径を直径3cmにして、全て3Dプリント(DMMに発注予定)によって制作する予定です。また、Proto9とProto10は、
  • FabLab Hamamatsuでレーザーカッターと3Dプリンタを使う

    posted by kigakudoh on November 13, 2015
    枚目の写真が今日の戦利品。
    MDFのレーザーカッティングは、前回全体的にサイズが小さくなってしまったので、今回は.svgファイルを使って再挑戦。後で組んでみたけれど、サイズは問題なさそう。
    3Dプリントによる吹き口は、今回部品を分割したので、前回よりは良くなったが、
    • Small img 1919
    • Small img 1921
    • Small img 1922
  • FabLab Hamamatsuでレーザーカッターと3Dプリンタを使う(11/26)

    posted by kigakudoh on November 26, 2015
    写真はFabLabでの本日の戦利品。 ・改良した吹き口の3Dプリント。 ・指の幅を狭めた笛の穴の板を枚。 ・笛の穴に接着する1mm厚アクリル板枚。
    今日は初めてアクリル板をレーザーカッターで切ってみる。 最初、直径12mmで切った円を穴に嵌めてみたら少し隙間があったので、
    Small img 1946
  • Proto9でGUGEN2015に応募しました

    posted by kigakudoh on November 28, 2015
    直径3cmに変更したProto9を完成させて、GUGEN2015に応募してみました。 宣伝用動画を作成しましたので、ご覧ください。応援のほど、よろしくお願いいたします!
  • FabLab Hamamatsuでレーザーカッターと3Dプリンタを使う(12/17)

    posted by kigakudoh on December 17, 2015
    Proto10の二台目を作成するためにFabLabへ。 一通りの部品をレーザーカッター及び3Dプリンタで作成しました。 ところが、紹介用に持っていった一台目のProto10が突然動かなくなってしまいました。家に帰ってから、他の気圧センサーに差し替えたら治ったので、やはり気圧センサーがおかしかったみたい。
    Small img 2002
  • FabLab Hamamatsuで3Dプリンタを使う(1/7)

    posted by kigakudoh on January 07, 2016
    吹き口改良版を3Dプリンタで出力。細かい部品ながら、それなりにうまく出力できた。 いくつか、穴が縮まったところがあるので、やすりなどで削って、部品のはめ込みやナットが入るようにした。
    Small img 2086
  • FabLab Hamamatsuでレーザーカッターを使う(1/28)

    posted by kigakudoh on January 31, 2016
    新しい吹き口にしたら、MDFによるスケルトン筐体の収まりが少し悪くなったので、レーザーカッター用のデータを修正。このデータでレーザーカッターを使って、新しい筐体を作ってみた。後で合体させてみたらうまく行ったみたい。
    ということで、これにて MagicFlute Proto10 の試作は終了とします。

facebook

, data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
, data-width="400", data-order-by="reverse_time"