FUJIMOCK RADIO (FUJIMOCK 2014)

Created Date: 2015-03-25/ updated date: 2015-06-15
  • Medium radio
  • Medium r0012975
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
市販の家電やラジオは大抵プラスティックや金属の箱で出来ていて温かみや親しみがあまり感じられませんでした。そのような中、FabLab鎌倉の代表ゆうかさんから木でラジオを作ってみたらとのご提案をいただきました。何日かあれこれ思案していると、FabLabつくばに来ておられたお客様から製作中に出た桐板の端材を数枚いただきました。手に持ってみると軽くて暖かく調度いい大きさです。これなら手のひらサイズのラジオが出来そうだとひらめきました。おまけに端材利用ということでリサイクルにもなり一石二鳥です。ただ作るだけでは面白くないので、中身は最新デジタルデバイス、外はナチュラルウッド、製作はデジタル工作機械と純粋手仕事のコラボレーションと決め始めたのがFUJIMOCK RADIO (別名IMURADIO This is named by Yuka)です。
日常でAM,FM放送がごく普通に聴けるところが気に入っています。
写真は固形石鹸風の第1弾(FUJIMOCK FESより写真転写)とマカロン風の第2弾の2種類です。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 目 的

          0
          Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
           総桐製のDSPポータブルラジオがあったら面白いだろうというイメージとツマミも桐製にするなど自然観をどこまで出せるかに挑戦してみることが第一の目的です。くわえて端材などの中途半端なものをどこまで味わい利用つくせるか実際に作って確かめるのも目的です。
          • 部品調達

            0
            Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
            ラジオの大きさは10cm程度と決めました。調度手に乗る程度が心地くかわいらしいと考えて設計しました。桐板(1cm厚)の端材がカツカツこの大きさだったというのも理由です。 このサイズの中に入れるラジオ部品極力小さくする必要があり、高性能、低価格、小型のDSPラジオ部品を選びました。


            • DSPラジオ部品

              0
              Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
              販売元:aitendo 型 式:DSPラジオモジュール [DSP-RADIO-M] これに電池、スピーカー、アンテナ、ボリューム、切替スイッチ、電線、抵抗、コンデンサ少々です。 全てaitendoからネット調達できます。 (写真提供 FabLab鎌倉)
              Small 10712592 582292761899282 2218971728658499280 o
          • 素材加工(桐板加工)

            0
            Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
            2D-CADで桐板のカッティングテータを作成しコーレル・ドローに流し込んでEPILOG(60Wレーザーカッター)で切り出しました。ラジオ本体は4枚板を重ねて作ります。内1枚が蓋です。着脱可能とするために割り箸2本を板に刺してそれで蓋をとめます。蜂の巣穴はスピーカ用です。
            Small r0012901
            • 角を丸く削る方法

              0
              Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
              切りたての板は角が立って切り口も荒れています。これをきれいに削り丸く仕上げる道具がサンディングボードです。ほとんど市販されていませんので自作します。簡単なので皆さんも是非作ってみてください。板切れの両面にサンドペーパーを両面テープで貼り付けるだけです。ヤスリがけが超楽チンです。
              Small imgp3912
          • 電気回路内臓状況

            0
            Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
            いきなり完成です。(製作工程の詳細写真を撮り忘れたためこうなりました。ごめんなさい。) 蓋を開けると単三電池2本がほとんど占領しています。DSPラジオユニットはソバのような配線に埋もれてよく見えません。チョット詰め込みすぎました。蓋は板に植えた割り箸2本に突き刺し固定です。
            Small r0012976
            • 製作手順

              0
              Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
              (1)手書イメージ図作成 (2)2D-CADで板取を考えカット図作成 (3)レーザーカッターで素材切り出し (4)ボリューム、スイッチ等取付穴を開けたり干渉部分を彫刻等で削る (5)木工ボンドで板組立接着 (6)回路部品取付 (7)配線(半田ごて) (8)動作試験 (9)蜜蝋を表面に塗り最終仕上
              • その他(FUJIMOCK RADIO 第1弾)

                0
                Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
                最初に作ったのが、固形石鹸風の第1弾です。 中身はテープや配線が無秩序に散乱していてお恥ずかしい限りです。赤いDIPスイッチを切替えると短波放送も聴けます。普段はFMに設定しています。ツマミが3つあるのは少々煩いと思い第2弾では2つにしてAM/FM切替をスライドスイッチにしました。
                • Small r0012646
                • Small r0012647
                • その他(FUJIMOCK RADIO 第2弾)

                  0
                  Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
                  第2弾はツマミを2つにして本体の上面にもっていきました。 回路も出来るだけ単純にしました。 手の中にすっぽりと入るよう丸くしてみました。 おかげで横倒しにして転がすことも出来るラジオになりました。 今回は表面に蜜蝋を塗ってみましたが、第3弾は拭き漆でトライしてみようと思います。
                  Small r0012975
              • 今後の展開

                0
                Thumb 10730833 353968161432191 218501392496993723 n
                (1)杉、ヒノキ、松など他の木材で作ってみる。 (2)ラジオ以外の家電製品を木で作ってみる。 (3)こんなのまで木製?というものを作ってみる。 (4)表面仕上げとして拭き漆やニスなども試してみる。 (?)第2弾のラジオにセンス良く文字を入れる。
                以上、木の可能性をもっと探求してみたいです。
                Add Card Order

                References

                  Usages

                    Convert State

                     to Annotation.

                    Select the numebr of the state to annotate.

                    OK
                    cancel
                    Loading

                    facebook

                    , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                    , data-width="400", data-order-by="reverse_time"