【自作自演】結婚披露宴演出システム【初めての共同作業】

Created Date: 2015-05-05/ updated date: 2015-05-05
  • Medium 15
Owner & Collaborators
License
By
Summary
結婚披露宴を光で彩るLED行灯を自作し、実際に作者の結婚式で使用しました。
「せーの」の声とともに魔法のステッキを振ると、各テーブルに1つずつ置いてある11個のLED行灯が七色に光輝きます。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 設計

          0
          Thumb 1623105
          行灯の外枠を平面CADで設計しました。基板のパターンも同じ図面上に書いています。
          Small jww1
          • 木材のカット、組み立て

            0
            Thumb 1623105
            製作予定の行灯は予備も含めて15個。1つの行灯に角材を13本使うので、占めて195本の角材を切り出しました。ホームセンターの工作室の電動糸鋸を使わせてもらいました。手で切っていたらどうなっていたことやら。
            Small
            • 回路図

              0
              Thumb 1623105
              回路図がこちら。明るさを保つためにフルカラーLEDを2つ、どの方向から赤外線が来てもいいように赤外線受信モジュールを2つ搭載しています。クリスタルやシリアルポート周りはArduino互換にして、組み立てたあともプログラムが書き換えられるようにしています。
              Small candle
              • 回路切削用データの作成

                0
                Thumb 1623105
                Roland DG の iModela を使って基板切削を行います。
                付属のiModela Creator で作業しても良いのですが、今回は iModela の Windowsドライバの機能を使ってCADから直接切削ファイルを作成します。
                • 作図

                  0
                  Thumb 1623105
                  カットしたい線を黒い線で作図しておきます。
                  Small jww3
                • 印刷設定

                  0
                  Thumb 1623105
                  「印刷」画面で「ファイルへ出力」をチェックします。
                  Small jww4
                • 切削条件の設定

                  0
                  Thumb 1623105
                  「プロパティ」から「ツール」で、黒を選び、送り速度、切り込み深さを設定します。
                  Small jww5
                • 切削ファイルの作成

                  0
                  Thumb 1623105
                  「印刷」で「OK」を押すと、切削データをファイルとして出力できました。
                  Small jww6
              • 切削開始

                0
                Thumb 1623105
                iModela Controller から先ほどの切削ファイルを出力すると加工が始まります。
                本当は基板切削用のVカットの刃物でやるのが良いのですが、0.5mmのツールで代用しました。
                • Small
                • Small dsc 0471
                • 基板の組み立て

                  0
                  Thumb 1623105
                  ジャンパーが2本飛んでしまったのは心残り。
                  Small dsc 0472
                  • 組み立て

                    0
                    Thumb 1623105
                    裏側から見るとこうなっています。
                    右下に見えるのがロータリスイッチで、それぞれにIDを振り個別に光らせることができます。
                    Small
                    • 魔法のステッキの作成

                      0
                      Thumb 1623105
                      100均で売っていたおもちゃのステッキを改造して、赤外線LEDGERを仕込みました。
                      コントロールボックスは家にあったものでありあわせで作りました(時間がなかった…)
                      Small 10624740 724810574254345 3796171028532260118 n
                      • 完成

                        0
                        Thumb 1623105
                        15個作りましたが動作まで至ったのが13個でした。
                        完成したのが結婚披露宴の前日というデスマーチ。
                        説明していませんでしたが、外側に半紙を貼ってくれたのは妻です。「初めての共同作業」でした。
                        Small 15
                        • Arduinoスケッチ作成

                          0
                          Thumb 1623105
                          赤外線の送受信部にはArduinoのライブラリ「iRemote」を使用しました。

                          家のテレビ(REGZA)のリモコンから出る信号と同じにしてあるので、テレビのリモコンからでも操作できます。
                          Add Card Order

                          References

                            Usages

                            • Small hirouen

                              作品の実演をする新郎新婦

                              Thumb 1623105
                              「せーの」の声とともに魔法のステッキを振ると、魔法(38kHz)の力によりLEDが虹色に輝きはじめます。
                              実演の後は、新郎自らによる作品の解説が行われました。
                              「この行灯は私達が手作りしたものです。プロトタイピングにはArduinoを使用し、赤外線送受信のライブラリを使っています。」
                            • Small 10660323 724792970922772 5796928332710735145 n

                              個別に光らせる機能の有効活用

                              Thumb 1623105
                              各テーブルの行灯を個別に光らせることができることを利用して、テーブルを1つずつ光らせ、各テーブルのゲストの方々を順番に紹介するということをしました。
                              来ていただいた方に感謝するとともに、他のゲストがどういう人たちなのかを知ってもらいたいという、新郎新婦の思いが込められています。
                            • 来場者へプレゼント

                              Thumb 1623105
                              使い終わった行灯はテーブルで欲しい人にプレゼントしました。
                              裏のDIPスイッチを変えれば自動で光るモードになるのでインテリアとして楽しめます。
                              家のテレビがREGZAの人はリモコンで遊べます。
                            Convert State

                             to Annotation.

                            Select the numebr of the state to annotate.

                            OK
                            cancel
                            Loading

                            facebook

                            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"