Holder Note

Created Date: 2015-07-05/ updated date: 2015-07-07
  • Medium note c 9 s
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
レーザーカッターを用いて、文具を取り付けられるようにしたノートです。ノート表紙のほか、ルーズリーフや手帳のリフィルに展開することもできます。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • はじめに

          0
          Thumb morimoto wakukeshi
          今回はJIS規格に準拠したノートを製作します。


          表紙以外のパーツは以下の市販パーツを用います。

          ・ノート部→市販のルーズリーフのリフィル(A5,B5,A4)

          ・リング部→カール事務器 ルーズリング(8,10,12,14mmアリ)

          自分ではさみで切ってリングの数を調整できるので、
          ノートの自作に便利です。


          • 紙を調達する

            0
            Thumb morimoto wakukeshi
            表紙に使う紙を調達します。

            ホールド力や耐久性を考えて、できるだけ厚い紙がいいと思います。

            ちなみに写真のノートは連量620kg(厚さ約1mm)の上等な紙を使用しています。

            一応黄ボール紙(厚さ約1mm)でもいけました。こちらは大きめの画材屋さん等で安く手に入ると思います。


            ただ、厚みのある表紙のリングノート等を買って、ホルダー部のみ加工するのが一番いいかもしれません。
            Small uneri s
            • 紙の目に注意

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              ペンなどをたくさん挿した場合、上の写真のように紙がうねります。 紙の目と垂直には曲がりにくいので、ペンなどを挿す方向と紙の目が一致するように作ると比較的うねりが小さくて済みます。 

              紙目は縦横両方で軽くしならせてみると大体わかると思います。 
              Small mate c 1 s comment
          • データを作成する

            0
            Thumb morimoto wakukeshi

            • 表紙全体のデータを作成する

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              (市販のノートを利用する場合はこの工程は不要です。)


              該当するサイズの枠データとリング穴データを組み合わせて表紙と裏表紙のデータを作成してください。





              DXF→note_core date_1.dxf

              リング穴の数、間隔はルーズリーフの規格に合わせています。

              ノートの左端と穴の左端の間隔は大体3~4mmです。ご利用のルーズリーフに合わせて配置してください。

              上下の位置はノートの中央でOKと思いますが、念のためご確認ください。

              角を落とすなどお好みでデザインしてください。

            • デフォルトデータの仕様

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              デフォルトのホルダーデータはおよそ以下のような仕様です。


              ・ペンホルダー:45×26mm(直径9~12mm程度の円柱状のモノを想定)

              ・スケールホルダー:51×30mm(幅15~22mm程度の板状のモノを想定)

              ・メモホルダー:54×56mm(無印良品のチェックリストが入るサイズ)
            • ホルダーデータのサイズを変更する

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              ホルダーデータのサイズを変更する場合は、等倍に拡大縮小せず、
              切り込みのサイズ(=残る部分のサイズ)はそのままで、
              全体の幅や高さを変えてください。

              ・ペンホルダー→切り込みのセット数を増やす/減らす

              ・ものさしホルダー→幅を広げ、両サイドの切り込みをサイズをそのままで移動する。

              縦に伸ばす場合、いい塩梅で調整してください。
              Small
          • レーザーカッターで加工する

            0
            Thumb morimoto wakukeshi
            できあがったデータを元にレーザーカッターで加工します。


            レーザー加工の方法についてはここでは省略いたしますが、
            30Wのエピログレーザーの場合、スピード60%パワー45%で
            焦げも目立たずいい感じに切れました。


            なお、レーザー加工を行うには以下のような方法があります。

            ファブラボのようなメイカースペースの会員になり、使い方を学んで加工する。

            ファブカフェのような時間貸し施設に材料を持って行って、データを元に加工してもらう、もしくは使い方を学んで加工する。

            ・レーザー加工サービスを利用する。(ネットで調べると見つかると思います)



            • セットアップ

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              • ルーズリングをカットする

                0
                Thumb morimoto wakukeshi
                30穴分ついているルーズリングを、ノートのサイズに合わせてカットします。


                A5→20穴

                B5→26穴

                A4→30穴
              • セットアップ

                0
                Thumb morimoto wakukeshi
                同様に裏表紙を作り、ルーズリーフを挟んで、ルーズリングで綴じれば完成です。
                Small note c 3
              • レッツ ホールド !!

                0
                Thumb morimoto wakukeshi
                おそらくペン一本、ものさし一本留めてるぐらいがスマートかなと思いますが、わけのわからんものを留めてるのも楽しいかなと思います。


                そこまでして表紙に文具を留める必要があるかはわかりませんが、
                ぜひいろいろ作ってみてください!!


                Small variation
            • 愛してほしい欠点

              0
              Thumb morimoto wakukeshi
              今にもちぎれそうな見た目ですが、期待を裏切らず大変繊細なプロダクトになっております。

              以下の点については、なにとぞ愛を持って接していただければと思います。

              ・ペンを外すと、ホルダー部が少し浮いた状態になります。

              ・一度太いペンを通すと、細いペンを挿した際に緩くなります。

              ・ペンを挿すと紙が少しうねる場合があります。

              ・抜き挿しを繰り返すと、紙が伸び落ちやすくなります。

              ・強い力が加わるとちぎれる事があります。


              もし改善案がありましたら、是非ご提案いただければと思います!

              Small imgp3981
              Add Card Order

              References

                Usages

                • 使用上のコツ(けっこう重要)

                  Thumb morimoto wakukeshi
                  ・初めてペンを挿す際、全体が均一に伸びるように指でサポートしながら、ゆっくりと挿してください。勢いよく挿すと両端だけが伸び、ちぎれやすくなります。


                  ・一度太いペンを通すと、そのサイズに伸びてしまうため、挿すペンのサイズは固定した方がよいかと思います。


                  ・始めから全てを使用せず、伸びて落ちやすくなったら新しいホルダーを使うという使い方もおススメです。
                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"