KARAKURI BOX

Created Date: 2015-07-26/ updated date: 2015-07-27
  • Medium step0a
  • Medium step0
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
箱根の伝統工芸であるカラクリ箱をMDF板材(4mm厚)のカット加工と接着という制限の中で作ってみました。大きさは50mmのキューブ型で3Stepで前面がスライドして開くようになっています。きれいに紙やすりで磨いて蜜蝋を塗れば秘密箱の出来上がりです。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • パーツ加工

          0
          Thumb profile image
          パーツはMDF板をレーザーカッター加工データを使ってカットしていきます。カット順が指定できるのであれば、赤->青の順でカットしてください。パーツ区別するために黒文字を彫刻モードで出力します。
          データは4mm厚の板を前提にしています。厚さが異なる場合には、データの修正が必要になります。
          Small step01
          • 組み立て

            0
            Thumb profile image
            カットしたパーツを確認して、組み立てていきます。
            組み立てには、紙やすり接着剤、及び木槌を用意しておきます。
            Small step1
            • ダボをはめ込む

              0
              Thumb profile image
              Top面、Back面、Front面の大きな板にダボを垂直に木槌で打ち込んではめ込みます。はめ込むのは識別文字が書かれている側からはめ込みます。はめ込んだら、垂直になっているかを確認してください。
              Small step2a
            • TOP板の組み立て

              0
              Thumb profile image
              TOP板の組み立ては、まず中板と抑え板のカット面を紙やすりでかるく削ってすべりを良くしておきます。(ヤニのざらざらがなくなるくらいでOK) 中板を文字の方向を合わせてはめます、中板は緩く入ります。抑え板をやはり文字が同じ方向にしてはめ込みます。このはめ込みは少しきついので、木槌をうまく使って押し込みます。押し込み時には、何か木片を当たりにして木槌を使うほうがうまくいきます。
              • Small step3
              • Small step3a
            • BACK板の組み立て

              0
              Thumb profile image
              BACK板の組み立てもTOPと同じ要領で行います。中板と抑え板のカット面を紙やすりでかるく削ってすべりを良くしておきます。中板 を文字の方向を合わせてはめます。中板は緩く入ります。抑え板をやはり文字が同じ方向にしてはめ込みます。(中板と抑え板を間違わないように注意!)  このはめ込みは少しきついので、木槌をうまく 使って押し込みます。押し込み時には、何か木片を当たりにして木槌を使うほうがうまくいきます。
              Small step4
            • FRONT板の組み立て

              0
              Thumb profile image
              FRONT板の組み立てもTOP、BACKと同じ要領で行います。中板と抑え板のカット面を紙やすりでかるく削ってすべりを良くしておきます。中板 を文字の方向を合わせてはめます、中板は緩く入ります。抑え板をやはり文字が同じ方向にしてはめ込みます。(中板と抑え板を間違わないように!)  このはめ込みは少しきついので、木槌をうまく 使って押し込みます。押し込み時には、何か木片を当たりにして木槌を使うほうがうまくいきます。
              Small step4a
            • SIDE板の組み立て1

              0
              Thumb profile image
              SIDE板の上辺を組み立てます。スライドパーツは、カット面をすべりよくするために紙やすりで削ります。また、スライドパーツの面側も中板と擦れ合う部分なので紙やすりで磨いてすべりを良くしておきます。このスライドパーツは接着剤をつけてから差し込んで固定させます。この時スライドパーツがきちんと垂直になるように調整しておきます。
              • Small step5
              • Small step5a
            • SIDE板の組み立て2

              0
              Thumb profile image
              SIDE板の左右スライドパーツを組み立てます。スライドパーツは、カット面をすべりよくするために紙やすりで削ります。また、スライドパーツの面側も中板と擦れ合う部分なので紙やすりで磨いてすべりを良くしておきます。左右スライドパーツは形が2種類あります。方向を図で確認してから、接着剤をつけて差し込んで固定させます。この時スライドパーツがきちんと垂直になるように調整しておきます。
              • Small step5
              • Small step5b
            • 底板とSIDE板の組み立て

              0
              Thumb profile image
              底板とSIDE板2枚を組み立てます。方向を確認して、接着剤を使用して垂直になるように差し込んで接着します。この部分は力が加わるので、十分に強度を持たせるように接着してください。但し接着剤がはみ出ると、うまくスライドできないので注意して! 十分に接着の固定ができるまでしばらく待ちますが、可能であれば他のパーツを組み込んでキューブ型を形成させて固定させたほうが良いです。
              • Small step6
              • Small step6a
              • Small step6b
          • 調整

            0
            Thumb profile image

            • 組み立て調整

              0
              Thumb profile image
              4個のパーツが完成したので、組み立ててみます。
              順番は
              1 BACKパーツ
              2 TOPパーツ
              3 FRONTパーツ
              の順ではめていきます。
              これが開ける順番にもなります。
            • BACKパーツ

              0
              Thumb profile image
              BACKパーツを基本パーツの左側に差し込んでみます。差し込んですべりが悪い場合には、すべりの悪い部分を紙やすりで磨いてよくしたり、当っている部分を削ります。
              Small step8
            • TOPパーツ

              0
              Thumb profile image
              次にTOPパーツを差し込みます。
              この時BACKパーツの上部とTOPの端がうまく合わない場合があるので、それぞれ写真のように削ります。
              • Small step8a
              • Small step7
            • FTONTパーツ

              0
              Thumb profile image
              最後にFRONTパーツを差し込んで、すべりを確認し、調整します。
              Small step8b
            • 全体の調整

              0
              Thumb profile image
              最後に全部が組み立てられた状態で、スライドのすべり状態を確認し、悪い場合には削ったり磨いてスムーズに動くようにします。
              これで完成です!
              Small step0
            • 磨く!

              0
              Thumb profile image
              MDF板はレーザーカットのヤニなどがついているので、気になるようであれば紙やすりで全体をきれいにやすって、蜜蝋などを塗るときれいになります。
              Small step0a
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"