スリット画(染色) No.2 (FUJIMOCK 2014)

Created Date: 2015-03-19/ updated date: 2015-03-25
  • Medium step5 07
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
FUJIMOCK2014の作品2(失敗例)です。作品1では、透過型のスリット絵を作成しましたが、スリットを使って何とかモノクロ色で絵を描いてみることに挑戦してみました。ヒノキは白というイメージを崩したい意図もあります。方法は、データ作成は作品1と同じ専用ソフトを使用しますが、透過ではないので白黒逆転したネガイメージでデータ作成します。染色は藍染めと燻製(煙で燻す)方式を試してみました。結果は・・ 両方とも失敗かな。藍染はパターンの隙間から漏れてしまい、燻製方式は色が薄かった。   

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 目的

          0
          Thumb profile image
          カッティングしたスリット絵をマスキングとして使用して着色し濃淡絵を表現させる
          ヒノキは白というイメージを崩したい意図もある
          • 失敗

            0
            Thumb profile image
            ペーパーカッターを使いこなせず失敗の連続
            • データが移せない

              0
              Thumb profile image
              専用ソフト(Slit Light Creator)からクリップボード経由でペーパーカッターの専用ソフト(Silhouette Studio)にデータを移せない。CorelDrawで一度コピーしてDXF形式で保存して読み出すことができた。
            • カットしたシートをきれいに貼れない

              0
              Thumb profile image
              カットしたカッティングシートを木に貼ろうとしたら・・ 
              シートが伸びてスリット状の線がよれてきれいに貼れない!
              カッティングシートは曲面に貼れるように伸縮性があるのが、逆に使いにくいことになっている。
              伸びないシートを探す・・
            • 適切な設定

              0
              Thumb profile image
              スリット幅が広く残すシート幅が細いとよれやすい。
              残す部分の最小値を1/4から1/3にしないと駄目かもしれない。
          • データ作成

            0
            Thumb profile image
            スリットカットデータを専用ソフトSlit Light Creator (インストーラー形式) で作成します。
            画像データは、境界がはっきりしているものを用意します。
            • データ読み込み

              0
              Thumb profile image
              画像データ(BMPあるいはJPG形式)を読み出します。
              画像分解能は荒いもので十分です。スリット方向に画像イメージが多い場合には、画像編集ソフトで少し傾けるなどすると良いです。
              Small step1 01
            • 設定

              0
              Thumb profile image
              設定メニューの設定..画面でカット条件をセットします。
              最小残し幅は1/3、外枠残し幅を10%にします。
              Small step1 02a
            • カット方式の指定

              0
              Thumb profile image
              設定メニューのカット方式で指定します。
              スリットは垂直方向を指定します。
              (視覚の特性を考えると視差を得る垂直スリットが有効です)
              Small step1 03
            • カット分解能の指定

              0
              Thumb profile image
              スリットの横数が分解能になります。
              設定メニューのグリッド横サイズで指定します。
              今回は64で指定します。
              Small step1 03
            • イメージ反転

              0
              Thumb profile image
              着色は、光を透過させるのではないので、イメージを反転させて色の濃い部分をスリット抜きします。設定メニューのイメージ反転にチェックを入れます。下のイメージが反転表示になります。
              • Small step1 04a
              • Small step1 04b
            • カットイメージ表示

              0
              Thumb profile image
              読み込めばすぐに設定条件に応じたカットイメージが右側に表示されます。
              Small step1 05a
            • データ作成(クリップボードコピー)

              0
              Thumb profile image
              ファイルメニューの切り出し出力データのコピーを選択すると、カットイメージがクリップボードにコピーされます。これをCorelDrawに貼り付けて元データが作成できました。
              Small step1 06
          • スリットカット

            0
            Thumb profile image

            • カット

              0
              Thumb profile image
              ペーパーカッター(CAMEO)でカットします。
              台紙にマスキングシートを貼りますが粘着が弱いので四方をマスキングテープで押さえておきます。カッターレベルは1~3(切れが施設によって違うので要調整)
              カット中ははがれた部分がかなり張り付きます。

              Small step3 02
            • 台紙からは剥がす

              0
              Thumb profile image
              カット終了して台紙から剥がす時にスリットがはがれてしまう場合が多いので、最初に付箋紙を2枚くらい上に貼って押させた状態で剥がします。
              Small step3 03
          • マスキング処理

            0
            Thumb profile image
            材料となる木にカットしたマスキングシートを貼っていきます。
            材料は2種類
            丸木の薄板(5mm)
            木片(120mm×90mm×50mmくらい) 上面は曲面になっている
            • 材料にマスキングペーパーを貼る

              0
              Thumb profile image
              材料となる木材にマスキングペーパーを貼りますが、ここでもやはり注意が必要です。付箋紙を上に貼った状態で周りをテープなどで抑えつつ、裏紙を剥がして木に上からゆっくりと貼り付けます。できるだけゆがまないように行いますが、確率的に半分は失敗しました。
              Small step2 02
            • スリットを剥がす

              0
              Thumb profile image
              スリットを丁寧に剥がしていきます。指では無理なのでキリドライバで端を剥がしてピンセットで引っ張って剥がしていきます。細かいところは拡大鏡を見ながら(老眼でも見えない!)細かく剥がします。剥がした後は、浮いたところを指で押して隙間がなくなるようにしていきます。
              • Small step3 04
              • Small step3 05
          • 染色1(失敗)

            0
            Thumb profile image
            丸板をマスキングしたものに藍染で染色してみました。
            失敗です! 隙間から藍が滲みてしまいました。
            液につけるのでマスキングシートが持たないようです。
            Small step4 05
            • 乾燥

              0
              Thumb profile image
              浸けた直後は、緑色に近い色だったものが、空気に触れてしばらくすると藍色に変化してきます。この変化はいつみても不思議です。これを約半日日の当たらない場所で乾燥させます。
              Small step4 02
            • マスキングシートを剥がすと・・

              0
              Thumb profile image
              乾燥させていくとマスキングシートの一部が剥がれてきています。この部分は密着されていないので染み込んでしまっているなと思いながら、剥がしていきます。
              はい・・ 滲んでしまって失敗です。紙マスキングは染色液では駄目のようです。

              • Small step4 03
              • Small step4 04
              • Small step4 05
          • 染色2(半成功?)

            0
            Thumb profile image
            板の藍染に失敗したので、次は木片にシートを貼ったものを、燻製器でいぶして色をつけてみます。
            滲みないのできれいについたが、燻し色が薄くて幽霊のような模様になってしまった。
            Small step5 07
            • 燻製開始

              0
              Thumb profile image
              燻製器の中にマスキングペーパーを貼った木片を入れます。点火してSMOKE WOODの半分を使って燻しましたが、まだ足りないようなので1本すべて使い切りました。途中で向きを変えています。
              • Small step5 03
              • Small step5 04
            • 燻し後の処理

              0
              Thumb profile image
              燻し終わった時点でマスキングペーパーが浮いていて心配しましたが、剥がしてみたら特に滲みこんではいないようで安心です。その後磨かないでそのまま蜜蝋を塗ります。

              Small step5 06
            • 完成

              0
              Thumb profile image
              完成です。色が薄いです。なんとなく絵が浮き出ているような感じです。削ると駄目ですが、手でこすってもとれないくらいの丈夫さはありそうです。
              色を濃くするには、長い時間煙で燻す必要がありそうですが、あまりチップがないので難しいかもしれません。
              Small step5 07
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"