Linkage Mechanism Designer and Simulator

Created Date: 2017-11-09/ updated date: 2017-11-09
    • Medium link15
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    リンク機構などのシミュレーションができるLinkage Mechanism Designer and Simulatorを使ってみたいと思います。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Linkage Mechanism Designer and Simulator

            0
            Thumb 5818853
            ソフトウエアを立ち上げます。こちらが初期画面です。
            Small link02
            • linkの基本パレット

              0
              Thumb 5818853
              初期画面の白い画面上で右クリックをすると、linkの基本となるパレットが表示されますので、これを活用して、リンクを作成していきます。
              Small link03
              • Insert Anchor Linkを立ち上げる

                0
                Thumb 5818853
                Insert Anchor Linkをクリックします。
                Small link04
                • Anchor Linkの表示

                  0
                  Thumb 5818853
                  クリーム色で囲まれたAnchor Linkが表示されます。端部を操作することで伸び縮みをさせたり、移動させたりすることができます。このときクリーム色は消えています。
                  Small link05
                  • B点を固定

                    0
                    Thumb 5818853
                    B点を伸ばして回転させることで、A点と並行になる位置に移動されます。次に上部にあるpropertiesをクリックするとB connector propertiesが表示されますので、connectorでなくAnchorにチェックを入れてB点を固定します。
                    Small link06
                    • A点を固定

                      0
                      Thumb 5818853
                      同様にしてA点のpropertyを開いて、Anchorとします。
                      Small link07
                      • 次のLinkを作成

                        0
                        Thumb 5818853
                        Linkのパレットに戻り、Insert Linkでtwo connectorを選択し、A点の左側に表示させます。
                        Small link08
                        • 点Cと点Dの表示

                          0
                          Thumb 5818853
                          点Cは点Aと水平の位置に置き、点Dも表示します。ここで点Cのpropertyを表示して、一分間の回転数を10回転と入力します。ここで-10を入力すると反時計回りになり、ここでは-10で進めます。
                          Small link09
                          • 次のLinkを作成

                            0
                            Thumb 5818853
                            同様にしてtwo connectorのLinkを作成します。
                            Small link10
                            • Linkの接合

                              0
                              Thumb 5818853
                              新たなLinkの左端をB点に合わせて、上部にあるJoinというコマンドをクリックすると、LinkがB点でその場回転するようになります。
                              Small link11
                              • Slideの作成

                                0
                                Thumb 5818853
                                A点、B点、そしてF点を押さえて、上部にあるSlideをクリックし、F点をAB上に置くと、Slideするようになります。A点、B点を押さえるときにはキーボードのShitキーを押します。
                                Small link12
                                • リンクを回転させてみる

                                  0
                                  Thumb 5818853
                                  この状態ではLink2とLink3は伸び縮みできますので、ABの距離に合わせて適当に長さを調節します。完成したら、上部にあるRunをクリックすることでてこクランク機構が回転をはじめます。止めたいときにはStopをクリックします。Pinをクリックすると一時停止します。
                                  Small link13
                                  • Linkを太くしてみる

                                    0
                                    Thumb 5818853
                                    以上で完成ですが、見やすいようにLinkを太くしてみましょう。LinkのpropertyにあるSolidにチェックを入れるとLinkが太くなります。Line Sizeで線の太さを変えることもできます。
                                    Small link14
                                    • 完成

                                      0
                                      Thumb 5818853
                                      ここではこれを完成形とします。ただ、これではせっかくのSimulationをお見せすることができません。そこで、画面をキャプチャーしてその動きを保存してみようと思います。
                                      Small link15
                                  • Simulation画面の保存

                                    0
                                    Thumb 5818853
                                    Linkage Mechanism Designer and Simulatorが立ち上げっていれば、そこでSimulationを表示することはもちろんできますが、ここではShowMoreというソフトウエアを用いて、Simulation画面を保存して、Youtubeにアップして、どこからでも見えることができるようにします。ますはShowMoreの無料版をダウンロードしてソフトウエアを立ち上げてください。
                                    Small link16
                                    • 取り込みたい画面範囲を決める

                                      0
                                      Thumb 5818853
                                      赤い点線の長方形が現れるので、適当にサイズに調整して、録画ボタンを押すことで、録画ができます。
                                      Small link17
                                      • 録画が完了した画面

                                        0
                                        Thumb 5818853
                                        録画が完了した画面はこちらになります。
                                        Small link18
                                      • さまざまな形式で保存

                                        0
                                        Thumb 5818853
                                        動画はさまざまな形式で保存できます。ここではYouTubeにアップロードしてみます。You Tubeへのアップロードする方法は省略します。
                                        Small link19
                                    • Simulation画面の表示

                                      0
                                      Thumb 5818853
                                      YouTubeに公開した動画はこちらになります。
                                      Add Card Order

                                      References

                                        Usages

                                          Convert State

                                           to Annotation.

                                          Select the numebr of the state to annotate.

                                          OK
                                          cancel
                                          Loading

                                          facebook

                                          , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                                          , data-width="400", data-order-by="reverse_time"