watarukbr
Joined on: Jul 04, 2014
Project: 2
Location: Japan
  • soundsball
    Created Date: 2016-01-19 / updated date: 2016-01-19
    Steps: 3 / Memos: 0
    no tags
  • opendesign2
    Created Date: 2015-12-01 / updated date: 2015-12-01
    Steps: 0 / Memos: 0
    no tags
    • gggggitffffab
      Created Date: 2014-07-24 / updated date: 2014-07-24
      Steps: 0 / Memos: 1
      gitgit
      no tags
      Small           2014 07 24 16.42.47
    • 触感年表|Techtile TimeLine
      Created Date: 2014-11-29 / updated date: 2014-12-18
      Steps: 3 / Memos: 1
      触感/テクノロジー/アート&デザインの三軸を持つ年表制作プロジェクト。始まりは類人猿が二足歩行したところから始まる。
      Small           2014 11 30 8.56.11
    • ∞LEGO
      Created Date: 2015-06-02 / updated date: 2015-10-27
      Steps: 6 / Memos: 6
      1班|小原 亘、小島 凌汰、森田 健人
      FabWalkerは、上手に「歩く」という方法を考えるロボットキットプロジェクトです。ロボット単体では動きませんが、胴体部分に、足となる素材を組み合わせることで歩き出します。用いる素材は、ロボットとはちょっと結びつかないような木など自然物やペンなど身の回りにある素材などアイデアの数だけあり、素材次第で歩き方が変わったり、ドローイングボットや運搬ロボットに変化します。ひとつのロボットがいろいろな人の手を介して改変されながら、生物が育つようにロボットの生態系を同時につくっていきます。その変化のアーカイブや難易度のグラデーションもこの作品となっていきます.
      English tutorial >> http://fabble.cc/fablabkamakura/fabwalker WS作品例>http://fablabkamakuranews.tumblr.com/
    • temporal
      Created Date: 2014-11-20 / updated date: 2014-11-24
      Steps: 0 / Memos: 4
      temporalはキャンバスに時間が刻まれることでできあがる絵画とそのインスタレーションです。本作品は、一見すると描き手が不在の状況において、描画材料であるインクのみがキャンバス上に描かれ、線、カタチ、濃淡をもつドローイングが形成されます。
      Small p7310126
    • metamoCrochet
      Created Date: 2014-11-20 / updated date: 2014-12-17
      Steps: 3 / Memos: 3
      一般的な編み物では毛糸の色を変える際,新しい別の色の毛糸を結び足す必要があるが,これは手間がかかり,その切り替えの箇所が作品の形に影響を与えてしまうなどの問題がある。本研究ではメタモインキの65℃以上で色が消える特徴を利用する。メタモインキを染み込ませた毛糸を,先端が発熱する編み棒を用いることで,任意の箇所で変色を制御可能な編み物を可能にする。さらに,感情や周囲の環境の変化などを編み物の色に反映させるなど新たな編み物手法を提案する。
      Small dsc00061 1024x576
    • 3D COMAYOSE - Lotus(蓮)
      Created Date: 2015-02-08 / updated date: 2015-06-07
      Steps: 6 / Memos: 3
      3次元のデータを寄せた生地から削りだす、"3D COMAYOSE"のつくりかた。 普段は直線や平面的な寄木を、3次元切削したらどのような表情になるのか試してみました。 今回は MODELA MDX-20でスキャンをした蓮のデータで切削をしています。
      no tags
      Small hasu fin
    • Glass 3DP Challenge
      Created Date: 2015-02-07 / updated date: 2015-02-07
      Steps: 0 / Memos: 0
      3DprintしたPLAのオブジェクトを耐火石膏で包み、 PLAを焼き飛ばしパート・ド・ヴェール技法によりガラスの器を作成する。 このプロジェクトはFabLab北加賀屋のメンバーと,がらす庵により実施され, 2014年10月のメイカーズバザール大阪にて展示した。 3Dデータおよび、PLAの熱分析データは https://github.com/YujiTAKIUCHI/Glass3DprintChallenge/ にアップロードしています。
      no tags
      Small 10711534 10152303157431090 1447139088 n
    • Fabble T-shirts with Silk Screen Print
      Created Date: 2015-07-04 / updated date: 2015-07-10
      Steps: 6 / Memos: 0
      シルクスクリーン印刷でFabbleのTシャツをつくる方法です。 版の作成・発注、印刷の手順をまとめています。 データと手順を利用し、Fabble Tシャツをつくりましょう。
      no tags
      Small img 0404
    • ∞LEGO
      Created Date: 2015-06-02 / updated date: 2015-10-27
      Steps: 6 / Memos: 6
      1班|小原 亘、小島 凌汰、森田 健人
      FabWalkerは、上手に「歩く」という方法を考えるロボットキットプロジェクトです。ロボット単体では動きませんが、胴体部分に、足となる素材を組み合わせることで歩き出します。用いる素材は、ロボットとはちょっと結びつかないような木など自然物やペンなど身の回りにある素材などアイデアの数だけあり、素材次第で歩き方が変わったり、ドローイングボットや運搬ロボットに変化します。ひとつのロボットがいろいろな人の手を介して改変されながら、生物が育つようにロボットの生態系を同時につくっていきます。その変化のアーカイブや難易度のグラデーションもこの作品となっていきます.
      English tutorial >> http://fabble.cc/fablabkamakura/fabwalker WS作品例>http://fablabkamakuranews.tumblr.com/
    • FabWalker
      Created Date: 2015-06-02 / updated date: 2016-02-18
      Steps: 8 / Memos: 1
      FabWalkerは、上手に「歩く」という方法を考えるロボットキットプロジェクトです。ロボット単体では動きませんが、胴体部分に、足となる素材を組み合わせることで歩き出します。用いる素材は、ロボットとはちょっと結びつかないような木など自然物やペンなど身の回りにある素材などアイデアの数だけあり、素材次第で歩き方が変わったり、ドローイングボットや運搬ロボットに変化します。ひとつのロボットがいろいろな人の手を介して改変されながら、生物が育つようにロボットの生態系を同時につくっていきます。その変化のアーカイブや難易度のグラデーションもこの作品となっていきます.
      English tutorial >> http://fabble.cc/fablabkamakura/fabwalker WS作品例>http://fablabkamakuranews.tumblr.com/
      no tags
      Mqdefault
    • How to improve Fabble
      Created Date: 2014-07-04 / updated date: 2016-05-29
      Steps: 3 / Memos: 2
      any comments & pull requests github issues of Fabble: https://github.com/mozilla-japan/gitfab2/issues