ファブ3Dコンテスト2016:カテゴリー3:「3Dプリンタで公園を少しにぎやかにしてみた」

  • Medium 10432
Owner & Collaborators
License
By
Summary
3Dプリンタを野外に持ち出すというタブーに挑戦してみました。
遊具が一つもないクソさびれた公園で、どれだけ遊べるかやってみました。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 「3Dプリンターで公園を少しにぎやかにしてみた」 30秒動画

          0
          Thumb 22843514
          ♪「Play With Sand」(hotaru sounds様)
          • 作り方というほどではないなにか

            0
            Thumb 22843514
            作ったもの自体はフツーの模型なので、作り方というよりは流れ自体を記しておきたいと思います。
            • ①準備するもの

              0
              Thumb 22843514
              ・3Dプリンター一式(今回はデアゴスティーニ製「idbox!」を使用)
              ・3Dプリンター持ち運び用ケース(自作)
              ・フィラメント
              ・ノートパソコン(3DCADソフトインストール済み)
              ・バッテリー(10000mAhで1時間半は稼動すると思います)
              ・メモ用紙
              ・ニッパー
              ・定規or巻き尺
              ・近所のおいちゃんに話しかけられても折れない心
            • ②公園に運ぶ

              0
              Thumb 22843514
              まずは、道具一式を公園に運びます。
              ケース等に入れて運ぶとよいでしょう。
              道交法の積載制限に注意です。
              Small 10424
            • ③公園に持ち込む

              0
              Thumb 22843514
              プリンター本体・バッテリー・パソコン・工具一式で、ベンチ一個分のスペースが必要となります。
              Small dsc 1135
            • ④作成物決定

              0
              Thumb 22843514
              公園を見渡しながら、何を作るか考えましょう。
              木の棒一本で日が暮れるまで遊んだ、小さい頃のイマジネーションを呼び覚ますときです。
              作成物の大きさが設置する場所による制限を受ける場合には、このときに定規やメジャーで寸法を測っておきましょう。(たとえば、蛇口の先端に何かをくっつけたい場合は、蛇口の直径をあらかじめ知っておく必要がある)寸法を記録しておくメモ用紙等があれば便利です。
            • ⑤データ作成

              0
              Thumb 22843514
              3DCADを使って、データを作ります。
              あまり凝りすぎると、パソコンのバッテリーが切れるので注意です。
              Small 10438
            • ⑥3Dプリント

              0
              Thumb 22843514
              いよいよ3Dプリント開始です。
              バッテリーとつないだ瞬間から、バッテリー残量との戦いとなります。
              ノズルのクリアランス調整等は、家で済ませておくとスムーズです。
              風等の影響に対してせめてもの抵抗をするために、ケースの蓋は閉めておきましょう。

              • Small 10435
              • Small 10427
            • ⑦フィラメントについて

              0
              Thumb 22843514
              今回作業を試みた時期が秋の湿度が高くない日でしたので、PLAフィラメントに囲い等をしない状態で出力しても特に問題はありませんでした。
              湿度が高い日に実行する場合は、防湿材の入った囲い等を付けた状態で作業を行なうとよいと思います。
              Small 10433
            • ⑧サポート材はがし

              0
              Thumb 22843514
              ニッパ等でサポート材をはがします。
              ここは家でも作業場でもありません。サポート材を公園にまき散らさないようにしましょう。
              Small 10425
            • ⑨設置・撮影

              0
              Thumb 22843514
              公園ならではの風景とともに作品を撮影して、悦に浸りましょう。
              Small 10417
            • ⑩おわりに

              0
              Thumb 22843514
              一通り気が済んだら、忘れ物やごみを残さずに撤収しましょう。
              家に帰るまでが3Dプリンティングです。

              外で作業を行うがゆえに、近所の方から「こいはなんね?アンプ?(これはなんですか。楽器のアンプか何かですか)」などと話しかけられることもあるかと思います。その時は対話を楽しみつつ、3Dプリンターについて話してみましょう。3Dプリンターを積極的に外に出すことで、それ自体の周知と普及に貢献するのもまた一興です。
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"