Illustrator→V Carve Pro→MOC900の使い方

Created Date: 2016-06-07/ updated date: 2017-02-23
    • Medium dsc02393
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    Illustrator→V Carve Pro→USBCNCV3という流れでMOC900(木工用CNC)を動かしていきます。
    Illustratorで製図、V Carve ProでGコード生成、USBCNCV3でGコードを基にMOC900を動かします。
    ※基本的にFabLabHiratsukaの機材に準拠しているので、他の環境で動かす場合は調整が必要となる場合があります。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 始める前に

            0
            Thumb 17538536
            ※わからないことがある場合はスタッフさんに尋ねましょう!安全第一!

            このレシピはFabLabHiratsukaの環境に最適化されています。
            • Illustratorでの製図

              0
              Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
              切り出したいデータを作成します。
              ここではFab常設のパソコンを使用して進めていきます。
              • 2-1.Illustrator CCを開く

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                Illustrator CCを開きます。
                デスクトップの下、スタートバーにあります。
                Small            70
              • 2-2.新規ドキュメントの作成

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                左上の"ファイル"→"新規"を押し、新規ドキュメントを作成します。
                そして数値を設定し"OK"を押します。
                Small            25
              • 2-3.切り出したい形を作図する

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                自由に作図します。
                ここでは星型のデータを作成しています。
                Small            26
              • 2-4.AI形式で保存する

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                左上の"ファイル"→"別名で保存"を押します。
                ファイル名は好きな名前を、ファイルの種類は「Adobe Illustrator (*.AI)」を選択します。
                下の"保存"を押した後、次に出てくるウインドウの"OK"を押します。
                • Small            27
                • Small            28
              • (作成したデータ)

                0
                Thumb 17538536
            • V Carve ProでGコード生成

              0
              Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
              製図したデータをMOC900で切り出せるようにGコードへ変換します。
              • 3-1.V Carve Proを開く

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                V Carve Proを開きます。
                デスクトップの下、スタートバーにあります。
                Small            71
              • 3-2.新規ドキュメントの作成

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                左上の"ファイル"→"新規"を押し、新規ドキュメントを作成します。
                Small            30
              • 3-3.ジョブセットアップ

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                右の図を参考に設定します。
                素材のZゼロは"上"にチェック、厚さには切り出したい素材の厚さを計測し入力します。ここでは9.2mmと入力しています。
                XY原点位置は"左下"にチェック。
                単位は"mm"にチェック。
                その他は変更しません。

                設定し終わったら"OK"を押します。
                Small            31
              • 3-4.AIファイルを開く

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                左側のメニューのファイル操作から"開く"を押します。
                そして、先ほど作ったAIファイル(FABLLE.ai)を選択し"開く"を押します。
                • Small            32
                • Small            33
              • 3-5.読み込み完了

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                正しく読み込みされていれば右の図のようになります。
                Small            34
              • (補足)大きさを変えたい場合

                0
                Thumb 17538536
                黒線の上にカーソルを置きダブルクリックします。
                すると四角が現れるので引っ張ることでサイズ変更ができます。
                Small            46
              • 3-6.工具経路の設定

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                続いて工具経路の設定を行います。
                右端に"工具経路"というボタンがあるので押します。
                その中の"輪郭工具経路を作成する"を押します。
                Small            47
              • 3-7.工具経路の設定続き

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                右の図を参考に設定します。
                切削深さは素材の厚さ+0.1mmにします。
                工具はお好きなものを選びます。ここでは直径5mmのエンドミル(2SP-5)を使用します。
                ※工具情報はあくまでも施設での値です。素材によって数値が変わるので注意が必要です。
                ベクトルの加工は"外側/右"、"アップカット"を選択します。
                Small            48
              • 3-8.工具経路の設定続き

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                "タブ"の中の"工具経路にタブを追加"にチェックを入れる。
                長さは"3.0mm"、厚さは"1.0mm"にします。
                続いて"タブ編集"を押します。
                "タブを自動追加"の固定値を"4"にします。
                そして"タブ追加"を押し、"閉じる"を押します。
                Small            50
              • 3-9.経路の計算

                0
                Thumb 17538536Thumb 17546551Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                工具経路の下端の名前を憶えておき、"計算"ボタンを押します。
                すると警告が出るので"OK"を押します。
                ※警告が出ない場合素材を切り抜くことができません。設定を見直しましょう。
                • Small            51
                • Small            52
              • 3-10.経路プレビュー

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                プレビューの画面で"全工具経路をプレビュー"を押します。
                すると左側の3Dビューで実際の切削イメージを見ることができます。
                この時正しく切削されているか確認しましょう。
                Small            53
              • 3-11.工具経路保存

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                "工具経路保存"のボタンを押します。
                下側にある"工具経路リスト"と"先ほど計算した経路"にチェックを入れます。
                その後"ポストプロセッサ"を"USBCNC(mm)(*.nc)"へ変更します。
                そして"工具経路保存"を押し、名前をつけ保存します。
                • Small            54
                • Small            56
                • Small            57
                • Small            58
            • USBCNCV3でGコードを基にMOC900を動かす

              0
              Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
              Gコードを基にUSBCNCV3を使ってMOC900を動かしていきます。
              • 4-2.USBCNCV3を開く

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                PC裏のボタンを押しMOC900の電源を付け、その後USBCNCV3を開きます。
                USBCNCV3はデスクトップの下、スタートバーにあります。
                • Small dsc02439
                • Small            72
              • 4-3.ncファイルを開く

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                下端のメニューバーから左から二番目の"reset"ボタンを押します。
                左から五番目の"auto"押し、左から三番目の"フォルダマーク"を押します。
                そして先ほど作ったncファイルを選択し開きます。
                正しく読み込めた場合、3番目の図のようになります。
                • Small            60
                • Small            61
                • Small            62
              • 4-4.原点合わせ(X,Y軸)

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                刃物の位置を材料の切り出したい左下へ合わせます。
                PCキーボードの十字キーで動かすことができます。
                X軸は横キー、Y軸は縦キーです。

                先ほど作ったデータは左下が原点なので、「材料の切り出したい範囲の左下」へ「ドリルのX,Y軸」を合わせます。
                • Small dsc02424
                • Small dsc02431
              • 4-5.原点合わせ(Z軸)

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                Z軸を材料の表面へつかない程度に近づけます。
                Z軸はPgUp/PgDnキーで動かせます。
                そして0.3mmのすきまゲージが通る高さまで近づけます。

                その後、USBCNCV3へ戻り、右から三番目の"jog"ボタンを押します。
                その中の左から七番目の数値を"0.3"にし、すぐ上のボタンを押します。
                この状態でキーボードの"PgDn"キーを一回だけ押します。

                これで原点調整は終わりです。
                • Small dsc02437
                • Small dsc02435
                • Small            63
                • Small            65
              • ※切削を始める前に

                0
                Thumb 17538536Thumb 17561836
                予想と違う怪しい動きをしていたり、一気に削っていたりした場合は緊急停止をしましょう!

                〜緊急停止の仕方〜
                1. 作動している状態でメニューバーの一番左のボタンを押す。
                2. PC裏のボタンを押す。
                3. escapeキーを押す。
              • 4-6.切削開始

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                メニューバーの一番左のボタンを押すと切削が始まります。
                画面中頃の時間表示は左が"経過時間"、右が"予想完了時間"となっています。
                Small            67
              • 4-7.切削完了&掃除

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                切削が終わると右写真のようになります。

                掃除ブラシ掃除機を使って切り屑を掃除します。
                • Small dsc02441
                • Small dsc02442
                • Small dsc02443
                • Small dsc02453
              • 4-8.切り取り

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                固定していた材料を外し、ニッパー等でタブを切り取ります。
                • Small dsc02448
                • Small dsc02449
              • 4-9.後片付け

                0
                Thumb 17538536Thumb 17121761 595368707326938 736807872 o
                各ソフトを閉じてMOC900の電源を切ります。
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"