7セグを光らせるだけのプロジェクト

Created Date: 2018-03-12/ updated date: 2018-03-30
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    秋葉原に行った時に、7セグを何となく買ってみたが、いざ家で使って見るととても面倒くさかった。
    その7セグを光らせるだけの記録です。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 材料

            0
            Thumb 8896
            ・7セグ(カソードコモン)
            ・ブレッドボード
            ・ジャンパー線
            ・抵抗 1KΩ(計算してないです。雰囲気でやってます)
            ・Arduino

            ※追記)仕様書をもとに計算したところ100ΩでOKらしいです

            • 7セグとは?

              0
              Thumb 8896
              7セグとは、アナログ時計などで使われている、数字が表示できるディスプレイです。7セグには、アノードコモンとカソードコモンがあり(RGBなどにもある)、アノードコモンは+側を、カソードコモンはー側をひとまとめにしたものです。
              今回はなんとなく使いやすそうな、カソードコモンを利用しました。
              Small p1190476
              • 7セグの面倒さに気づく

                0
                Thumb 8896
                7セグは簡単に数字を表示できると思っていた僕は、いざやってみたらとても面倒なものなのだと気づきました。”7セグ=LEDが7個ついている”って言う感じなんだと思います。
                Small bb19 08
                • まぁ、光らせてみるか

                  0
                  Thumb 8896
                  とりあえず一つだけ光らせて見ました。
                  Small p1190480
                  • 七つ光らせる

                    0
                    Thumb 8896
                    上のようななことを七つ分やりました。

                    それにしても、ジャンパー線がすごい。。。
                    Small p1190483
                    • Arduinoを使って、1~8の数字をだす

                      0
                      Thumb 8896

                      • 配線します。

                        0
                        Thumb 8896
                        とにかくジャンパー線がすごいですw。配線を間違えないように、整理しました。
                        • Small p1190490
                        • Small p1190489
                      • 光らせてみる

                        0
                        Thumb 8896
                        一つ一つをdigitalWriteで光らせていきました。
                    • カウントダウンのプログラムを作る

                      0
                      Thumb 8896

                      • どう作るの?

                        0
                        Thumb 8896
                        インターネット上には、配列を使い、とても短いスケッチだけで7セグでカウントダウンをしている人がいます。(ていうか、ネット上ではそれ以外のやり方でやっている人は数少ない(ほぼいなかったです))。
                        なので、今回はdigitalWriteでHIGHかLOWかだけを使ってカウントダウンをしてみます。
                      • 実際にプログラムを作りました。

                        0
                        Thumb 8896
                        実際に、プログラムを作りました。digitalWriteをひたすら使っていったら、150行ほどのかなり長いスケッチになってしまいました。

                        作ったら、結構疲れちゃいましたw
                    • 完成品!

                      0
                      Thumb 8896
                      エラーもなく書き込むことができ、やっと7セグをカウントダウンさせることができました。
                      なかなかの達成感です\(^o^)/
                      • 振り返り

                        0
                        Thumb 8896
                        今回は、なんとなく買った7セグで遊んでみたが、予想以上に面倒くさかったですね。まぁ、意図的に面倒くさくしたが。。。。
                        とりあえず、7セグをつかうことができ大変よかったです。次は、インターネットなどに書いてあるみたいに配列を使ってもう少し簡単なスケッチでできるようにしたいなと思っています。
                        後、実は7セグを4つも買ってしまった(1個40円だったため)ので、とりあえず使わなければならない。まぁ、ゆっくり用途を考えるとします。

                        4つあるなら、時計でも作りたいなw
                        • 最後に気づいた

                          0
                          Thumb 8896
                          LCDでやれば、数字表示なんて一瞬でできたようなきがする。。。。
                          Add Card Order

                          References

                            Usages

                              Convert State

                               to Annotation.

                              Select the numebr of the state to annotate.

                              OK
                              cancel
                              Loading

                              facebook

                              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"