How to use " Roland VersaUV LEF-300 "

Created Date: 2018-05-12/ updated date: 2019-01-08
    • Medium  mg 2826 2
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • はじめに

            0
            Thumb profile01

            • 機材概要

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              インクのバインダーとして紫外線硬化樹脂が入っています。
              CMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)以外にW(ホワイト)とG(グロス)とP(プライマー)が利用できる。
              複数回の塗り重ねが可能。
              様々な材料や曲面へのプリントが可能。プライマーを下塗りすることで塗膜の食いつきも向上する。
              色のついている物にもホワイトのインクを載せることで発色が向上。
            • 加工可能なサイズ

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              最大加工可能サイズ 800mm(W) x 360mm(D) x 100mm(H)
              最大印刷幅 770mm(W) x 330mm(D)
              最大質量 8kg
            • 加工可能な素材

              0
              Thumb profile01Thumb shizuneko 1Thumb 40021688
              高さ(厚み)100mm以内

              木材
              樹脂
              金属
              etc...
            • 禁則と注意事項

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              蓋を開けっ放しにしてはいけない
              ポリプロピレン、シリコン、鏡面加工のされているものへの加工
              食器や衣服などの人体に直接触れるものへの加工
              表面に凹凸のあるものへの加工

              インクカートリッジが切れたら入れ替えないとその色を使わないとしても
              プリンター自体が使えない。
            • 利用のルールと手順

              0
              Thumb 40021688
              事前予約制
              予約時に内容を聞き、注意事項、準備物を伝える。
              当日はofficeへ来てもらい、
              初回は導入を行う。
          • データについて

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • データの準備

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              事前にIllustratorのデータを準備してくる
            • 推奨するファイル形式その他条件

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              データの持ち込み時
              .ai(バージョン指定なし)
              *テキストはアウトライン化してくることを推奨する

              ジョブコントロールに書き出す場合
              .pdf
              .eps

            • 読み込み可能なファイル形式

              0
              Thumb 40021688

          • 機材の準備

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • ワークフレームの設定

              0
              Thumb profile01
              ワークフレーム書く
            • レイヤー分け

              0
              Thumb profile01
              加工フレーム(outline)
              cmyk
              特色(white/gloss)
              最低限上で分けとくと楽
            • ホワイトとグロスの設定

              0
              Thumb profile01
              スォッチがあり
              ダウンロード
              ホワイトを印刷したい部分は、>これ
              グロスを印刷したい部分は>これ
            • ??????で保存

              0
              Thumb profile01
              epsで保存
            • 事前加工(既製品)にプリントする場合

              0
              Thumb profile01
              プリント用のガイドラインを作成する必要があります。
              ガイドラインレイヤーを作成し、加工対象の輪郭を作成してください。
              1. プリント対象を採寸
              2. アウトラインを作成(プリントしたい図形や写真を任意の位置に配置する)
              3. UVプリンタでアウトラインのみ出力
              4. プリント対象をアウトラインに合わせて配置
              5. セッテイング(高さ合わせ)をし本出力
            • 後加工をする場合

              0
              Thumb profile01

            • テストプリント

              0
              Thumb profile01
              テストプリントをしましょうう
            • バキュームon

              0
              Thumb profile01

          • 機材の準備

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • ホワイトインクの準備

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              ホワイトインクカートリッジの中身はチタンの微粉末。重いからすぐ沈殿する。
              なので使う場合は、印刷前にインクカートリッジを取り外し、10回程度振る。

              カートリッジの抜き差しの方向を間違はないようにすること。
              間違うと抜けなくなる。

            • エアーを吹く

              0
              Thumb 40021688
              プリンター内にホコリが溜まっている場合があり、
              プリント結果に影響がでるのでエアーを吹いて予めホコリを除去する。

            • 静電気を取る

              0
              Thumb 40021688
              主にテーブル上面を静電気除去シートで機械内を軽く拭く
            • メディアの脱脂

              0
              Thumb 40021688
              メディア表面に汚れやホコリなどがついてたら
              プリント結果に影響がでるので、脱脂する。
            • 電源を入れる

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              前面の操作パネルにある電源ボタンを長押し
              集塵装置の電源を入れる
            • メディアのセットアップa

              0
              Thumb 40021688
              テーブルの右下に1.5mm角の四角があり
              その四角の右下が原点となる
            • メディアのセットアップb

              0
              Thumb 40021688
              印刷するには
              印刷するメディアの位置とプリンターのヘッドの位置関係が適正では無いと、
              うまく印刷ができないためメディアのセットアップを行う。
            • テストプリント

              0
              Thumb 40021688
              テストプリントで正常にプリントできているかを確認する。

              印刷結果を確認してドット抜けや、インクがポタポタ落ちて無いかを確認して
              もしなければ印刷に進む。
              あれば適した方法でクリーニングを行う。

          • 加工データの作成手順

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • プリントデータ作成

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              ULTRAのUVプリンター専用PCにデータを入れる
            • 工程に合わせてにレイヤーを追加

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              Illustratorでデータを開き、
              プライマー(下地)、ホワイト(特色インク)、グロス(特色インク/仕上げ)を
              使用に応じてレイヤーを追加する。

            • プライマー/ホワイト/グロスのプリント設定

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              ツールバーのウィンドウからスウォッチライブラリーの中の
              Roland VersaWorksを立ち上げ、プライマー/ホワイト/グロスの色をそれぞれ
              当てはめていく。

            • 編集データの保存

              0
              Thumb profile01Thumb 40021688
              .pdf(アートボードありの場合)
              .eps(オブゼクトのみの場合)
              で別名保存をしてください。

            • 下地にプライマー/ホワイトを使う場合

              0
              Thumb 40021688
              下地にプライマーとホワイトを打つ場合はオブジェクトから内側に1mmほど
              オフセットされている方がキレイに仕上がる。
            • Roland VersaWorks Dualを立ち上げる

              0
              Thumb 40021688

            • データを読み込む

              0
              Thumb 40021688
              Roland VersaWorks Dualを立ち上げたら
              A入力かB入力のどちらかにデータをドラッグ&ドロップ
              する。
            • プリント設定画面の立ち上げ

              0
              Thumb 40021688
              データを読み込んだらデータ名のところをダブルクリック
              するとプリントの設定画面が立ち上がる。
            • レイアウト設定

              0
              Thumb 40021688
              【用紙設定】フラットテーブルのプリント可能範囲サイズで表記されてる
                   *テーブルの角全てにに1mm角の四角がある外側から外側までの範囲の数値る。
              【拡大・縮小】書き出したデータサイズの大きさを変えない場合は倍率が100%であることを確認する
              【印刷位置】何も触らなければフラットテーブルの右下の原点が印刷開始位置になっている。

            • プリントアウトについて

              0
              Thumb 40021688
              UVプリンターではプライマーからグロスまでのすべてのプリントアウトは
              一気にまとめてはできない。下から順番にプリントの設定をしてプリントアウトを
              行う。

            • 品質設定

              0
              Thumb 40021688

          • 片付け

            0
            Thumb profile01

            • 取り出し

              0
              Thumb profile01
              成果物・下板取り出し
            • 内部の清掃

              0
              Thumb profile01

            • 使用ファイルの消去

              0
              Thumb profile01
              デスクトップにコピーした使用ファイルは、毎回消去してください。
          • メンテナンス

            0
            Thumb profile01

            • ヘッドクリーニング

              0
              Thumb profile01

            • 廃液ボトルの処理

              0
              Thumb profile01

          Add Card Order

          References

            Usages

            • ここに故障エラー書くとか?

              Thumb profile01

            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"