How to use "GRAPHTEC カッティングプロッターCE-6000-60"

Created Date: 2018-05-25/ updated date: 2018-08-17
    • Medium  mg 2818
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • はじめに

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • 機材概要

              0
              Thumb 40021688
              デジカルサーボ駆動方式を採用して高性能な作業ができるカッタープロッター。
              マーキングフィルム、紙、ロール紙、印刷物に合わせてのカットのほか、ペンプロッターとしても活用できる。
            • 加工可能なサイズ

              0
              Thumb 40021688
              最大加工可能サイズ 603mm(W) x 50m(D)
              精度保証可能サイズ 584mm(W) x 2m(D)
              装着可能な用紙サイズ 最小50mm(W) / 最大712mm(W)
            • 加工可能な素材

              0
              Thumb 40021688
              厚み0.25mm以下マーキングフィルム(塩ビ/蛍光/反射)
              ポリエステルフィルム 総厚0.25mm以下
              ステッカーシート
              紙(ケント紙、画用紙、フォト紙、etc,,)
            • 禁則と注意事項

              0
              Thumb 40021688
              厚み0.25 mm以上の塩ビ、
              金属などの固い素材、厚い素材の加工はできない。
            • 利用のルールと手順

              0
              Thumb 40021688
              事前予約制
              予約時に内容を聞き、注意事項、準備物を伝える。
              当日はofficeへ来てもらい、
              初回は導入を行う。
          • データについて

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • データの準備

              0
              Thumb 40021688
              マーキングフィルムの場合
              事前にIllustratorなどの描画ソフトでデータを作成し持ってくること
              Illustratorの場合はカットしたいオブジェクトがパスデータを用意してくること
              *テキストはアウトライン化してくることを推奨する


              印刷物のカットの場合(スッテカーなどのこと)
              イラストデータとカットする位置のカットデータ(パスデータを2つ)を用意してくる

            • 推奨するファイル形式その他条件

              0
              Thumb 40021688
              .dxf
              .ai
            • 読み込み可能なファイル形式

              0
              Thumb 40021688
              Illustrator(.ai)バージョンの指定なし
          • 機材の準備

            0
            Thumb profile01

            • マーキングフィルム、ロール紙の場合

              0
              Thumb 40021688

            • 刃先確認 a

              0
              Thumb 40021688
              ウルトラで用意してあるカッターは青いキャップの(0.9mm用)もの。
              刃先をメディアの表面に接触させる。メディアの厚さに合わせて少し刃を出す
              フィルムと台紙をあわせた厚みより少ない刃を出すのが最適。
              *出すぎに注意
            • 刃先確認 b

              0
              Thumb 40021688
              ツールホルダーにブランシャをセットする。
              *ブランシャのツバが固定具に重なるようにセット
            • 電源を入れる

              0
              Thumb 40021688

            • メディアのセット a

              0
              Thumb 40021688
              セットレバーを下げて、メディアを本体後ろから挿入する。
              ベースの縦のラインにメディアを合わせて水平を確認する。
            • メディアのセット b

              0
              Thumb 40021688
              次にプッシュローラーはメディアのサイズに合わせるが、本体についてる青いマークの位置でしか動作しない。また、プッシュローラーはメディアの端から15mm以内ところでロックをかけること。
              以上のことに注意してメディアをセットする。
            • メディアのセット c

              0
              Thumb 40021688
              メディアをセットしたら“1ロール先端検出 “を選択し、メディアのセット完了
            • テストカット a

              0
              Thumb 40021688
              本体のモニターにレディと表示されたら“COND/TEST”キーを押す
              ツール刃/カット圧/速度を設定、十字キーの“◁”を押す 
              次に“ENTER”を押すとテストカットが始まる。
            • テストカット b

              0
              Thumb 40021688
              テストカットの結果
              ツール刃/カット圧/速度を調整。再びテストカットを行う。
              *少しずつ数値は調整していくこと。
            • テストカット c

              0
              Thumb 40021688
              調整完了後“COND/TEST”キーを押し、本体のモニターにレディと表示されたら設定は完了。
              また、本カットに入る前にまた新しいスタート位置を設定すること。
          • 加工データの作成手順

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688

            • プロッターとPCをUSB接続する

              0
              Thumb 40021688

            • データの書き出し

              0
              Thumb 40021688
              llustratorでデータを開く、カットしたいオブジェクトがパスデータになっているかを確認すること。
              また、塗りつぶしはなし。
              上のメニューバーからファイル→Cutting Master3→Cutting Master3に送信を選択
              自動的にCutting Master3が立ち上がる
            • データ設定

              0
              Thumb 40021688
              本体とUSB接続していると、本体についてるセンサーで
              メディアサイズは自動的に反映されている。

              もしくは左側のメニューバーのメディアサイズを変更する
              持参したマーキングフィルム、ロール紙の幅(W)を入力、
              オブジェクトのサイズに合わせて長さ(H)の入力をすること

              カットデータを基本右下に合わせる
            • データー出力

              0
              Thumb 40021688
              カッティングプロッタウィンドウを 選択

              CE6000−60のステータス”レディ”を確認後 
              送信をクリック
            • 出力中プロッター動作

              0
              Thumb 40021688

            • 出力後

              0
              Thumb 40021688
              出力後、データの削除をすること。
          • 後加工

            0
            Thumb profile01Thumb 40021688
            準備物
            カッター
            カッターマット
            マスキングテープ
            ウエス
            スキージー
            リタックシート

            Small img 4282
            • カス取り

              0
              Thumb 40021688

            • カス取り後

              0
              Thumb 40021688

              Small img 4285
            • メディア固定

              0
              Thumb 40021688

            • リタック準備

              0
              Thumb 40021688

            • リタック貼り付け

              0
              Thumb 40021688

            • 最終貼り付け

              0
              Thumb 40021688

          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"