YMF825BoardをArduinoでMIDI音源化する

Created Date: 2018-01-22/ updated date: 2018-03-26
    • Medium img 3760
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    YMF825BoardをArduinoと繋げて、MIDI音源化する方法を説明します。このシステムでは、MIDIシールドを繋げたArduinoにMIDIケーブルを接続すれば、YMF825のFM音色を奏でることが出来るようになります。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Arduinoとの接続

            0
            Thumb ma small
            Arduino Unoと、MIDIシールドと、YMF825Boardを接続します。

            Small img 3760
            • YMF825Boardとの接続

              0
              Thumb ma small
              YMF825BoardとSPI接続します。
              Arduino側の端子は写真の通りです。
              YMF825Boardの各端子を以下のArduino端子に繋げます。
              SS -> DIGITAL10
              MOSI -> DIGITAL11
              MISO -> DIGITAL12
              SCK -> DIGITAL13
              GND ->  POWER GND
              5Vin ->  POWER 5V
              RST_N:  DIGITAL9
              Audio(接続の必要無し)
              3.3Vin(接続の必要無し)
              • Small pwr
              • Small spi
          • サンプルソースのスケッチ作成

            0
            Thumb ma small
            サンプルソースをダウンロードし、Arduino IDE上でMIDI音源用のスケッチ開発環境を作成します。
            • サンプルソースのダウンロード

              0
              Thumb ma small
              GitHub上のサンプルソースをダウンロードします。
              (ダウンロードはこのページから)

              今回は sample2 のプログラムを利用します。
              2018/3/9以降のプログラムをご利用ください。(Arduinoでのメモリ溢れ問題が解消されています)
              Small git2
            • Arduino IDE用のフォルダ作成

              0
              Thumb ma small
              図のように、マイドキュメント下にあるArduinoフォルダの下に、サンプルソース用のフォルダを作成します。
              フォルダ名は ymf825board_sample2 としてください。

              このフォルダ内に、先ほどダウンロードしたフォルダから
              sample2\common 内にあるファイルと
              sample2\arduino 内にあるファイルを
              コピーします。
              Small expl
            • IDE上で開く

              0
              Thumb ma small
              フォルダ内の
              ymf825board_sample2.ino
              をダブルクリックすると、Arduino IDEが起動し、このスケッチが読み込まれます。
          • プログラムの作成

            0
            Thumb ma small
            本サンプルプログラムをMIDI音源化するために、Arduinoのプログラムを作成します。
            • Arduino MIDI Libraryの導入

              0
              Thumb ma small
              Arduino MIDI Library をインストールします。
              IDEの「スケッチ」メニューから、「ライブラリを管理」を選んでください。

              検索窓に「MIDI」と入れ、MIDI Libraryを探してください。
              見つかったら、その個所をクリックして、インストールボタンを押します。

              直接zipファイルをダウンロードすることもできます。こちらに置いてあります
              • Small lib
              • Small midi
            • MIDI入力のコーディング

              0
              Thumb ma small
               ymf825board_sample2.ino をこのファイルに差し替えてください。

              このプログラムには、YMF825Boardを鳴らすための最小限の処理が記述されています。MIDIのNoteOn, NoteOff, ProgramChange の三つのコマンドに対応しています。

              必要に応じて他のMIDIコマンドの処理を書き足してみてください。
              Small inosmp
            • 書き込みと実動作

              0
              Thumb ma small
              「マイコンボードに書き込む」でArduinoに書き込みを行います。

              MIDIシールドを利用の際は、書き込みの際、ボード上のスイッチを「PROG」側にしてください。また書き終わったら、「RUN」側に戻してください。

              後は、MIDIケーブルをMIDI INに繋げれば、外部MIDI機器からのMIDIメッセージでYMF825Boardを鳴らすことが出来ます。
              Small midisw
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"