Fusion360を使ったMOC900での切削法方(3D切削)

Created Date: 2017-02-14/ updated date: 2017-03-28
    • Medium img 3619
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    Fusion360→USBCNCV3の流れでMOC900(木工用CNC)を動かしていきます。 Fusion360にてモデリング、Gコード生成し、USBCNCV3でそれを基にMOC900を動かします。 ※基本的にFabLabHiratsukaの機材に準拠しているので、他の環境で動かす場合は調整が必要となる場合があります。また、基本的に記述者も実験しながらの記述になるため情報足らずになってしまいます。誤述や、不足点は報告いただけると幸いです。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Fusion360 モデリング [モデル機能]

            0
            Thumb 17672427
            まず初めに、3Dのモデリングをします。
            今回こちらでは、簡単な溝を扱います。

            この機能の使用方法や細かいやり方については今回特に触れないので、Fusion360のホームページや、インターネットを参考にしてください。

            Fusion360公式HP
            http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

            Small           2017 02 14 15.16.47
            • パス(Gコード) 作成のセットアップ [CAM機能]

              0
              Thumb 17672427
              この機能を使って、MOC900のエンドミルというドリルを動かすための、パス、Gコードと呼ばれる、指示線のようなものを生成するセッティングをします。
              Small           2017 02 14 15.56.57
              • 1-1 工具の追加

                0
                Thumb 17672427
                まず、自分が使う工具の設定を入力します。
                上記タブ内の [管理] 内の [工具ライブラリ] を選択します。
                既に登録されている工具内に使う工具が無い場合、登録する必要があるため、新規のライブラリを作ります。

                ライブラリツリーを表示し、[Local] タブ上で右クリックを押します。
                [新規ライブラリ] を作成し、上部タブ内の [新規ミル工具]を選択します。
                Small
              • 1-2 工具の追加

                0
                Thumb 17672427
                こちらで使用工具の詳細設定を入力します。
                細かい情報は購入元の情報などをもとに入力します。
                Small
              • 2-1 [セットアップ] セットアップ

                0
                Thumb 17672427
                セットアップを設定します。
                ワーク座標系内の方向を、[Z軸/平面、X軸を選択] にします。

                Z軸を上方向に設定します。
                X軸は機器の方向に合わせ、それに平行になるよう設定します。
                • Small sw
                • Small
                • Small     fusion
              • 2-2 [セットアップ] ストック

                0
                Thumb 17672427
                ストックの設定をします。
                ストックは材料のサイズを設定する項目です。
                現在画面上に表示されているデータは、完成形になるので、完成形よりも大きい材料を使う場合はその大きさ分入力しておく必要があります。

                • Small sutokku
                • Blank
              • 2-3 [セットアップ] ポスト処理

                0
                Thumb 17672427
                ここでは、今回のパスデータの名前などを記入しておくことができます。
                Small
              • 3 [2D] 2Dポケット切削 設定

                0
                Thumb 17672427
                今回は2Dポケット切削の設定を扱います。
                基本的な流れはどの項目でも同じなので参考にしてください。

                まず、上記タブの [2D] 内から、[2Dポケット] を選択します。
                Small 2d
              • 3-1 [2Dポケット]  工具

                0
                Thumb 17672427
                今回の切削でどんな工具を使い、エンドミルはどんな速度で動かすかを設定します。

                まず、[工具] を選択し、最初に入力した工具を選択します。
                [冷却水] はある場合は設定します。

                送りと速度
                [切削送り速度] と [侵入送り速度] と [退出送り速度] の三つの項目を 500mm/min
                にしておきます。
                Small
              • 3-2 [2Dポケット] 図形

                0
                Thumb 17672427
                切削する場所を指定します。
                初めの線から、切削終了の線の二つを選択します。


                Small
              • 3-3 [2Dポケット] 高さ

                0
                Thumb 17672427
                材料の接触の危険性があるなどの場合はそれに合わせて設定します。
                特に設定する必要がなければ変更しなくて大丈夫です。
                Small takasa
              • 3-4 [2Dポケット] パス

                0
                Thumb 17672427
                パスに関する細かい設定をすることができます。

                [最大切削ピッチ] にて、パスとパスの間隔を設定します。(細かいほどきれいに仕上がります)

                [円滑化交差]
                ここでは、角にあたる部分に丸みをどれだけつけるかという設定ができます。


                Small 2d
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"