Solidoodle Workbench の使い方 / How to use Solidoodle Workbench

Created Date: 2015-10-04/ updated date: 2017-03-28
  • Medium wb pers  1  326x326
Owner & Collaborators
License
By
Summary
3Dプリンター Solidoodle Workbench の使い方をまとめました。
Z軸の原点調整に癖があるので気をつけましょう。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • プリンターの設定を行う

          0
          Thumb asanoqm
          今回は 「Repeteir Host for Mac (ver.0.56)」を使って操作します。

          まずは3Dプリンターの設定をWorkbenchのものに変える必要があります。Repetierを起動したら、画面上部のメニューから[Printer Settings]を開いてください。
          Small 00
          • [Printer Settings]の詳細

            0
            Thumb asanoqm
            Solidoodleの公式サイトを参考にしながら、[Printer Settings]の各項目を埋めていきましょう。
            • Small 01
            • Small 02
            • Small 03
        • スライサーの設定を行う

          0
          Thumb asanoqm
          続いて、3DモデルをG-Codeに変更するためのスライサーの設定を行います。今回はRepetierから直接開くことのできる「Slic3r」というソフトを用います。

          画面右の「Slicer」タブから、[Configure]を選びSlic3rの設定画面を開きましょう。
          Small           2015 10 05 1.00.51
          • 「Slic3r」設定の詳細(一例)

            0
            Thumb asanoqm
            こちらも公式サイトを参考にしながら、項目を埋めていきましょう。

            こちらの設定を変更することで、プリントの仕上がりが大きく変わります。使う素材や環境に合わせて、適切な値を探していきましょう。

            ここでは一例として、浅倉 亮さんが利用していた設定を記載します。
            • Small           2015 10 05 1.15.33
            • Small           2015 10 05 1.15.38
            • Small           2015 10 05 1.15.59
            • Small           2015 10 05 1.16.04
            • Small           2015 10 05 1.16.07
        • 【重要】[Start / End G-Code]を設定する

          0
          Thumb asanoqm
          WorkbenchにはZ軸の原点調整を行うためのユニットが付いており、これを利用してプリントを始める度にキャリブレーションが行われます。正しくキャリブレーションが実行されるために、予めG-Codeを編集しておきます。

          Slic3rの[Printer Settings]タブから、[Custom G-Code]を選択して下さい。
          Small           2015 10 05 1.35.32
          • [Start G-Code]を記入する

            0
            Thumb asanoqm
            T0
            G21; set mm units
            G28 X0 Y0; home x and y axes
            G91
            G1 Z10 F5000; move bed down
            G90; use absolute coordinates
            G1 X0 Y0 F5000; move to front
            @pause
            G29; probe bed

            以上を[Start G-Code]にコピペします。
            Small           2015 10 05 1.37.51
          • [End G-Code]を記入する

            0
            Thumb asanoqm
            M104 S0 ; turn off temperature
            G1 Z10 F5000; move bed down
            G28 X0 ; home X axis
            M84 ; disable motors

            以上を[End G-Code]にコピペします。
            Small           2015 10 05 1.39.33
          • Slic3rの設定を保存する

            0
            Thumb asanoqm
            以上でSlic3rの設定は終了です。
            フロッピーディスクのアイコンから設定を保存しておくと良いでしょう。
        • STLファイルをスライスする

          0
          Thumb asanoqm
          3Dプリントの準備に移りましょう。

          [Object Placement]タブから[Add STL File]を選び、任意のSTLファイルを読み込んでください。

          今回はこちらにアップロードされている「FLATFOOT_StanfordBunny_jmil_HIGH_RES_Smoothed.stl」を使ってみます。
          • Small           2015 10 05 2.33.24
          • Small           2015 10 05 2.33.32
          • 3Dモデルの微調整

            0
            Thumb asanoqm
            この段階で3Dモデルの複製や拡大縮小、回転などの微調整が行えます。

            Small           2015 10 05 2.36.25
          • STLファイルをG-Codeに変換する

            0
            Thumb asanoqm
            [Slicer]タブから[Slice with Slic3r]を選ぶとスライスを開始します。

            このとき、プリンターなどの設定は先ほど製作したものを選びましょう。
            Small           2015 10 05 2.37.36
        • WorkbenchとPCを接続する

          0
          Thumb asanoqm
          Workbenchの電源ボックス(Power Supply)のスイッチを入れ、本体の電源をつけます。
          その後、USBケーブルをPCに接続してください。
          Small img 8833
          • Repetierで接続を確認する

            0
            Thumb asanoqm
            Repetierの画面左上にある[Connect]アイコンをクリックして、PCから制御可能な状態にします。正常に接続されると、[Connect]が[Disconnect]アイコンに変化します。

            うまく繋がらない場合、[Printer Settings]からポートの設定を確認してみましょう。
            • Small co
            • Small dis
        • 【重要】Z軸調整パーツを下げる

          0
          Thumb asanoqm
          Workbenchを動かす前に、まずはエクストルーダーの脇に付けられたZ軸調整パーツを下に移動させてください。手動で簡単に上下に動くようになっています。

          このパーツが上がったまま操作を行うと、Z軸の原点がセンシングされず、いつまでもステージが上がり続けてしまいます。本体に負荷がかかってしまうため、必ずパーツが下がっていることを確認してから操作を行いましょう。
          • Small img 8838
          • Small img 8840
          • G-Codeを読み込む / 確認する

            0
            Thumb asanoqm
            工程4でSTLファイルからの変換が成功すると写真のような画面になります。

            また、あるいは別のスライサーソフトで作ったG-Codeも[Load G-Code]から読み込むことができます。


            Small           2015 10 05 2.43.56
            • 3Dプリントを開始する

              0
              Thumb asanoqm
              [Run]アイコンをクリックすると、読み込まれているG-Codeをもとに3Dプリントを開始します。
              Small           2015 10 05 2.48.37
          • 【重要】Z軸調整パーツが下がっているか確認する

            0
            Thumb asanoqm
            編集した[Start G-Code]により、プリントを始めるとヘッドが左手前に移動した状態で一時停止します。

            ここで、改めてZ軸調整パーツが下がっていることを確認してください。正しく下がっていることを確認できたら、Repetier上のダイアログから[Continue printing]を押し、プリントを続行しましよう。


            Small img 8845
            • Z軸の自動位置確認

              0
              Thumb asanoqm
              その後、Workbenchは自動的にベッド上の16点でZ軸の高さを検知し、その結果をコンソールに表示します。
            • コンソールでZ軸の高さを確認する

              0
              Thumb asanoqm
              ここで出た値を元にその後の3Dプリントが行われるようです(?)。

              もし16箇所の値が大きく異なる(2mm以上が目安)場合はプリントを中止し、手動でベッドの位置合わせを行いましょう。
              Small           2015 10 05 3.05.43
            • 3Dモデルのプリント開始

              0
              Thumb asanoqm
              16箇所全てで確認が終わると、ベッドが上昇してZ軸調整パーツが押し上げられたのち、3Dモデルのプリントが始まります。

              この後プリントをやり直す際には、再度調整パーツを下げる必要があるので、忘れないようにしましょう。
              Small img 8849
          • 完成!

            0
            Thumb asanoqm
            フィラメントが絡んだりしていないか確認しながらプリントを続けます。

            今回はちょっと頭の方が歪んでしまいました。スライサーの設定をいじってまた挑戦してみましょう!
            Small rabbit
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"