Fabble T-shirts with Silk Screen Print

Created Date: 2015-07-04/ updated date: 2015-07-10
    • Medium img 0404
    Owner & Collaborators
    License
    By nc sa
    Summary
    シルクスクリーン印刷でFabbleのTシャツをつくる方法です。 版の作成・発注、印刷の手順をまとめています。 データと手順を利用し、Fabble Tシャツをつくりましょう。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 版をつくる

            0
            Thumb 980357
            シルクスクリーン印刷をするためには版を作成する必要があります。
            今回は版のデータをつくり、版自体の作成は発注しました。
            大まかには
            1. Adobe Illustrator などを使い、ベクターデータで印刷する図案のデータ製作をおこなう
            2. 図案を紙にプリントアウトして、Tシャツに合わせて印刷する図案のサイズや位置を確認・調整する
            3. つくる図案の細かさに合わせてメッシュの荒さを選ぶ
            4. 版を発注・データを入稿する
            5. 版が届く
            というステップを踏みます
            • 印刷する図案のデータの作成

              0
              Thumb 980357
              Adobe IllustratorInkscape, Skecth などを使い、ベクターデータで印刷する図案のデータを作ります。色設定はCMYK、寸法の設定はmmにしておきます。
              実際に印刷したいサイズでデータをつくりましょう。
            • データを出力し、サイズや位置を確認・調整する

              0
              Thumb 980357
              作成したデータを紙に等倍で印刷します。
              出力したものを切り、Tシャツに実際に当ててみることで、配置やサイズを確認できます。
              同じ模様でも、Tシャツのサイズによってサイズを変えることが必要なことは多々あるので、この確認は必ず行うようにしましょう。
              ちょうどよい配置・サイズになるようにデータを調整、印刷、Tシャツに合わせて確認を納得がいくまで繰り返します。
              • Small img 0388
              • Small img 0389
              • Small img 0390
            • メッシュの荒さを選ぶ

              0
              Thumb 980357
              シルクスクリーンの版につかう布は古くは絹(シルク)が使われていましたが、現在では寒冷紗や化学繊維のポリエステルやナイロンが使われています。
              また、素材とは別に目の粗さ(編まれている布の隙間のサイズ)を選ぶ必要があり、50メッシュ、300メッシュなどと呼ばれています。
              号数が小さいものは目が粗く、ベタ塗りに向きます。
              号数が大きいものは目が細く、細かな図案や文字に向きます。
              Tシャツの印刷については、使用するインクに適性のメッシュの荒さが書いてあるので使用するインクによって使うものを変える必要があります。今回使用するインクは150メッシュが適性でしたが、少し粗めの70メッシュの版を使用しました。
          • 版を組み立てる

            0
            Thumb 980357
            注文した版はそのままでは使用出来ないため、シルクスクリーン枠に固定する必要があります。
            ここでは養生テープ両面テープをつかって、シルクスクリーン枠に版を固定します。
            • 枠のバインダーをはずす

              0
              Thumb 980357

              • Small img 0449
              • Small img 0463
              • Small img 0464
            • それぞれの枠に養生テープを貼る

              0
              Thumb 980357

              • Small img 0460
              • Small img 0462
            • 枠の4辺に両面テープを貼る

              0
              Thumb 980357

              Small img 0476
            • シルクスクリーンを枠に貼る

              0
              Thumb 980357
              四辺に均等に力がかかるように、注意深くシルクスクリーンを貼ります。しわができないように注意しましょう。
            • シルクスクリーンを養生テープで固定する

              0
              Thumb 980357
              シルクスクリーンを養生テープで枠に固定します。一辺貼り終わったら、枠からはみ出た余分をカッターで切り落とします。ほかの三辺に関しても同様に養生します。
              • Small img 0470
              • Small img 0471
              • Small img 0473
              • Small img 0477
            • 枠でシルクスクリーンを挟む

              0
              Thumb 980357
              もうひとつの枠をシルクスクリーンをはさむように重ね、バインダーで固定します。
              • Small img 0480
              • Small img 0483
            • シルクスクリーン枠の完成

              0
              Thumb 980357
              このような状態になれば枠の完成です。いよいよ次は印刷にです。
              Small img 0490
          • 印刷する

            0
            Thumb 980357
            いよいよ印刷です。
            印刷するにあたって、必要なのは
            です。
            Tシャツのうえにシルクスクリーン枠をおき、適切な位置に配置します。
            Small img 0490
            • インクを紙コップにうつす

              0
              Thumb 980357
              インクをつかう分量だけ、ボトルから紙コップにうつします。このとき、まずインクをかるくかき混ぜると、インクにダマができにくく、ムラなく塗りやすいなります。
              Small img 0521
            • クリアファイルを印刷する箇所の下に配置する

              0
              Thumb 980357
              Tシャツ生地によっては、印刷時にインクが裏移りする場合があります。
              クリアファイルを印刷面の下にはさむことでインクの裏写りが避けられます。
              Small img 0491
            • 版の上にインクを置く

              0
              Thumb 980357
              図案の位置を確認しながら、図案にかさならない位置に、少し多めにインクを盛ります。
              インクが少ないと、版が傷つきやすくなり、刷れる回数が減ってしまいます。
              インクを盛ったら、図案の幅を完全に覆えているか確認してください。
              • Small img 0526
              • Small img 0528
              • Small img 0530
            • Tシャツに刷る

              0
              Thumb 980357
              スキージーを45度程度手前に傾け、力を入れて一気に擦ります。
              この際、枠を手で押さえると印刷がずれにくくなります。
              擦り終わったら、そっとシルクスクリーン枠を持ち上げます。
              持ち上げた状態でスキージーでインクをもとの位置を戻すと、インクが版に充填され、次回刷るときにインクの量が一定の状態で刷りやすくなります。
            • 複数の図案がひとつの版に入っている場合には

              0
              Thumb 980357
              ひとつの版に複数の図案が含まれている場合、版の裏から刷りたくない図案の場所に養生テープを貼ると、間違えて刷られてしまうことがなくなります。
              また、既に刷った箇所と近い場所に刷りたい場合には、前に刷った箇所の上にクリアファイルを置くと、インクが飛ぶような事故を防げます。
              Small img 0535
          • 印刷したものを乾燥させる

            0
            Thumb 980357
            印刷したTシャツはインクが乾くまで待たなければいけないので、印刷面が他の印刷物にかぶさったりあたらないように置きます。待ち時間はインクやメディアによって様々ですが、Tシャツの場合は30分ー1時間も待てば十分です。
            Small img 0405
            • インクを定着させる

              0
              Thumb 980357
              インク瓶の注意書きにある通り、印刷面はアイロンで熱を与えないとまだちゃんと定着されていない状態です。
              当て布をして、アイロンをかけることで、インクが定着します。
              Small img 0559
              Add Card Order

              References

                Usages

                  Convert State

                   to Annotation.

                  Select the numebr of the state to annotate.

                  OK
                  cancel
                  Loading

                  facebook

                  , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                  , data-width="400", data-order-by="reverse_time"