3Dデータの修正方法

Created Date: 2017-09-15/ updated date: 2017-09-30
    • Medium w6
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    3Dプリンタ用のデータを作成したけど、3Dプリンタが読み込んでくれない。
    穴が開いていて出力できない。そういうときの修正方法をまとめてみました!

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • ①メッシュ数を減らす / 自動で減らす

            0
            Thumb fablogo d1 01
            ●自動で計算して減らす
             選択→編集→削減
            ●ブラシを使って減らす
             
            • ①全選択と画面の見方

              0
              Thumb fablogo d1 01
              右下の黄色の枠に、頂点と三角形の数が表示されています。
              三角形がメッシュ数になります。
              Small m08
            • ②全選択

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+Aを押して全選択します
              オレンジ色が選択された状態です
              Small m04
            • ③編集→削減

              0
              Thumb fablogo d1 01

              Small m005
            • ④パーセント

              0
              Thumb fablogo d1 01
              パーセントのところで
              数値入力する
              or カーソルをいじる

              Small m07
            • ⑤適用

              0
              Thumb fablogo d1 01
              適用をクリックすると、頂点と三角形の数が減りました。
              Small m09
          • ②メッシュの大きさを均一にする

            0
            Thumb fablogo d1 01
            メッシュをブラシなどでいじっていると、メッシュの大きさがバラバラになります。
            そんな時に、一発でメッシュの大きさを揃えてくれます。
            ただ、少し見た目が変わる可能性があります。
            • 全選択

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Ctrl+Aで全選択する
              Small m03
            • 編集→再メッシュ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              編集→再メッシュ
              クリックすると、自動的にメッシュの大きさを均一にしてくれる

              Small m010
            • 再メッシュすると

              0
              Thumb fablogo d1 01
              メッシュの大きさが均一になります。
              ※メッシュの数は変わりません。
              Small m011
          • ④穴の埋め方(ソリッドにする)

            0
            Thumb fablogo d1 01

            • 穴はどこ?

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ピンクが穴が開いている箇所です。
              このままだと3Dプリンタで出力できません。
              Small ma1
            • 解析→検証

              0
              Thumb fablogo d1 01
              解析→検証をクリック
              Small ma2
            • すべて自動修復

              0
              Thumb fablogo d1 01
              青い線で囲まれたところが、穴が開いている部分ですよと示してくれます。
              すべて自動修復をクリックすると、自動で穴を埋めてくれます。
              プレビューをみてよければ、完了をクリック。
              Small ma3
            • 穴が埋まった

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ピンクの部分がなくなり、穴がすべて埋まりました!
              Small ma4
          • ①基本的な操作

            0
            Thumb fablogo d1 01

            • ファイルをインポートする

              0
              Thumb fablogo d1 01

              Small           2017 09 20 13.19.45
            • 基本操作

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ドラッグ:モデルの回転
              Ctrl + ドラッグ:モデルの移動
              Shift + ドラッグ :モデルの拡大・縮小
              Ctrl + Shift + ドラッグ:光源の移動(影が変化)

              Small           2017 09 20 13.20.08
            • 下の数字で確認できます。

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Vertices:頂点
              Faces:面
              Small           2017 09 20 13.20.15
            • 見え方を変更する

              0
              Thumb fablogo d1 01
              左から
              ①バウンディングボックスを表示
              ②点のみで表示(図形を表示する三角形の頂点のみ表示する)
              ③線のみで表示(メッシュといって三角形の集まり)
              ④リアルな見栄え、一番動きが重くなる
              ⑤リアルな表示、④よりは軽い。

              Small           2017 09 20 13.28.24
            • 保存する

              0
              Thumb fablogo d1 01
              「Export Mesh As」を使う。
              これにすると「stl」として保存できる。
              Small           2017 09 20 14.27.19
          • ②メッシュを減らす

            0
            Thumb fablogo d1 01
            メッシュ表示に切り替えると、明らかに細かいのがわかる。
            データが重いとデータの修正やプリントする際も負荷がかかって大変なので軽くする。(このデータは48.2MBでした)
            Small           2017 09 20 13.35.23
            • メッシュを減らすフィルターをかける

              0
              Thumb fablogo d1 01
              以下の順で選択
              Filters(フィルター)
              → Remeshing, Simplication and Reconstruction(リメッシュ / 簡略化 / 再構成)
              → Simlication:Quadric Edge Collapse Decimation(エッジを再構成して減らして簡略化する)
              Small           2017 09 20 13.37.07
            • 減少率の入力

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Taget number of faces(86775)はメッシュの数
              Percentage reductionに0~1で減少率を入力する(入力後、Applyを押すと実行される)

              例:0.5で入力
              → 86775 × 0.5(50%)=43375になる
              Small           2017 09 20 13.44.46
            • 確認

              0
              Thumb fablogo d1 01
              さきほどより、メッシュ数が減って線がみえるようになった。
              Small           2017 09 20 13.48.55
            • 編集後のメッシュの数の確認

              0
              Thumb fablogo d1 01
              参考
              Vertices(頂点)
              Faces(メッシュ)
              →Remeshing...のときの数とはちょっと違う?このあたり不明です。
              感覚としてはだいたい5,000以下になることを目指します。
              Small           2017 09 20 13.49.11
            • 形が壊れない程度まで繰り返す

              0
              Thumb fablogo d1 01
              applyを繰り返して減らしていく。
              Meshlabでは「Ctrl + Zで1つ前に戻る」という機能がないのでやりすぎると一からやり直しの場合があるので注意する。
              Small           2017 09 20 13.50.49
            • ここまでやってしまうと3Dプリントに影響する可能性あり

              0
              Thumb fablogo d1 01
              中央の膨らみが角ばっているのでここまで減らしてしまうと造形に影響してしまう。
              形が変わらない程度に減らしてあげるのがベスト。
              Small           2017 09 20 13.51.58
            • ※逆にメッシュを増やしたいとき

              0
              Thumb fablogo d1 01
              以下の順で選択
              Filters(フィルター)
              → Remeshing, Simplication and Reconstruction(リメッシュ / 簡略化 / 再構成)
              → Subdivision surfaces : Loop(面を細かくしていく)

              いまと逆のことができます。
              Small           2017 09 20 14.34.52
          • ③穴を埋める

            0
            Thumb fablogo d1 01
            このように穴があいてしまって裏側が見えているということがある。
            こういう場合は綺麗に3Dプリントできないので、穴を埋める必要がある
            Small           2017 09 20 14.19.49
            • 穴を埋めるフィルターをかける

              0
              Thumb fablogo d1 01
              以下の順で選択
              Filters(フィルター)
              → Remeshing, Simplication and Reconstruction(リメッシュ / 簡略化 / 再構成)
              → Close Holes(穴を埋める)
              Small           2017 09 20 14.20.14
            • 数値の入力

              0
              Thumb fablogo d1 01
              「Max size to be closed」に数値を入力
              デフォルトは30、基本そのままでいい。

              applyして埋まらなかったら増減させてみる。
              Small           2017 09 20 14.21.29
            • 埋まったことの確認

              0
              Thumb fablogo d1 01
              applyを押すと画面のように穴のところに赤くついて埋まる。
              (赤くなっているのは埋めるためにできた面)

              無事綺麗に埋まっていればOK
              Small           2017 09 20 14.21.32
          • 豆知識「3Dデータのいろいろ」(随時追加)

            0
            Thumb fablogo d1 01

            • stlデータはポリゴン

              0
              Thumb fablogo d1 01
              3Dプリンタでつかう[.stl]という拡張子はポリゴンデータで、面が集まってできている。
              1つ1つの面には、
              点/線(面)/面の方向の3つがある。

              データのエラーはだいたい、
              ・点が2点しかない(= 線だけのデータが存在していて、面になっていない)
              ・面が閉じていない(= 穴があいている。)
              ・面の方向がバラバラ(= 隣り合った面の表裏が違うときにエラーを起こす)
              などが考えられる。
              Small           2017 09 20 14.55.11
            • 面の方向を確認する(法線方向)

              0
              Thumb fablogo d1 01
              以下の順で選択
              Render
              → Show Normal(法線方向の表示)

              すると画面に青い線が出てくる
              このデータの面の裏側(外から見えない内側)に向かっている線があるとエラーを起こしたりする
              • Small           2017 09 20 15.06.52
              • Small           2017 09 20 15.05.31
          • ④いらないデータを消す

            0
            Thumb fablogo d1 01
            スキャンデータでゴミみたいなものが入ってしまったり、作ったデータの一部がいらない場合は、メッシュの面を直接選択して削除することができます。
            • 選択モードをクリック

              0
              Thumb fablogo d1 01
              左:点を選択
              真ん中:選択範囲にかかった面のみ選択
              右:選択範囲のつながった面をすべて選択

              今回は右側を使う
              Small           2017 09 20 15.52.48
            • 選択する

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ドラッグで選択でき、選択したところは赤くなる
              Small           2017 09 20 15.50.07
            • 削除ツールをクリック

              0
              Thumb fablogo d1 01
              このツールを押すと削除できる。
              面のみ削除したい場合は真ん中をおす。
              面を構成する点も削除したい場合は一番右を押す
              Small           2017 09 20 15.49.48
            • 例:点だけ残した状態

              0
              Thumb fablogo d1 01
              面だけ削除を押すと点だけ残る。
              Small           2017 09 20 15.52.33
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"