はじめての電子手芸キット(でんち基板ver.)

Created Date: 2015-10-08/ updated date: 2016-09-09
    • Medium img 8223
    Owner & Collaborators
    License
    By nc
    Summary
    スイッチつきでんち基板とLEDがセットになった初心者向け電子手芸キットの作り方です。でんち基板と付属のLEDを導電糸で繋げば、スイッチで光る作品が簡単につくることができます。【電子手芸部とは?】裁縫・お絵かきのような手芸を楽しむように電子回路を組むことを電子手芸と呼んでいます。女性に親しみやすい見た目で電子工作の学ぶツールの一つとなることめざし、電子手芸部という名前で作品やキットを開発しています。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 電池モジュール基板セットの作り方

            0
            Thumb fablogo d1 01
            • CNCミリングマシンで削り出す

              1
              Thumb fablogo d1 01
              工具経路はV-carve proで作成、ミリングマシンはオリジナルマインドCIP100を使用。

              ※V-carve proの設定
              回路:ポケット加工 深さ 0.075mm
              外形・穴:輪郭加工 深さ 1.62mm

              ※エンドミル:土佐昌典VC
              パス深さ 0.5mm
              ステップ 0.1mm 50%
              送り速度 300mm/m
              切り込み 200mm/m
              • Small image
              • Small image  8
            • 電子部品の加工

              0
              Thumb fablogo d1 01
              ボタン電池ケースの足と、タクトスイッチの足をはんだづけしやすいようにラジオペンチ等で曲げておきます。タクトスイッチは基板のデザインに合わせて不要な足をニッパーでカットしておきます。

              ※なるべく根本から曲げておいてください。
              ※細いので雑に扱うとすぐ端子がとれてしまうので注意してください。
              Small img 8208
          • 電子手芸用LEDの作り方

            0
            Thumb fablogo d1 01
            用意するもの
            LED

            使用する工具・機材
            Small img 8223 4
            • カバーの出力

              0
              Thumb fablogo d1 01
              thingiverseから好きな形のLEDカバー(.stl)をダウンロードし、3Dプリンタで出力します。

              ※3Dプリンタ設定値(参考)
              積層:0.3mm
              密度:10%
              出力時間:1個あたり15~25分


              Small
            • LEDの取り付け

              0
              Thumb fablogo d1 01
              LEDを中に入れ、極性にあわせ+にラグ端子(M3)、-にラグ端子(M2)をそれぞれはんだづけします。

              ※LEDの足はラグ端子に合わせてカットしてください。
              ※LEDがすぐ抜けてしまう場合は接着剤を流し込んで下さい。
              • Small image  6
              • Small image  5
              • Small image  4
          • 装飾用シールフェルトの作り方

            0
            Thumb fablogo d1 01
            • 素材を集める

              0
              Thumb fablogo d1 01
              100円ショップに売っているシールフェルトが安くて色んな色もあるのでおススメです。
              好きな色のフェルトで切り出してください。
              Small
            • データを作るコツ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              illustratorを使ってデータを作ります。 レーザーカッターで加工した時に、周りが溶けて一回り小さくなります。 パスのオフセットで0.5mm~2mmオフセットすると、カットした時に丁度良い大きさになります。
              Small
            • レーザーカッターで切る

              0
              Thumb fablogo d1 01
              レーザーカッター(Speedy300)を使って切り出します。 パラメータは以下の通りです。

              [フェルト 1mm]
              彫 刻 P:25 V:10 パルス:500PPI  
              カット  P:60 V:1   パルス:1000Hz

              [フェルト 4mm]
              彫 刻 P:44.63 V:10 パルス:500PPI  
              カット  P:60      V:5   パルス:1000Hz

          • ミニ糸巻ボビンの作り方

            0
            Thumb fablogo d1 01
            材料
            使用する工具・機材
            ・レーザーカッター
            Small img 8223 5
            • ミニボビンの切り出し

              0
              Thumb fablogo d1 01
              糸巻ボビン(.ai)をダウンロードし、レーザーカッターで切り出します。
              素材は厚さ2.5mmのMDFを使用しました。
              小さいので端材をつかうとよいと思います。
              アクリルでも可。
              Small img 8267
            • 導電糸(1m)を手巻きする

              0
              Thumb fablogo d1 01
              導電糸の太さにもよりますが、今回は1m分巻いてみました。
              長い量を巻きたい場合は、ボビンサイズを大きくしたりしてみてください。
              Small img 8268
          • 完成

            0
            Thumb fablogo d1 01
            フェルトや基板、LEDの組み合わせなどで、好きなようにアレンジしてみてください!
            Small img 8223
          Add Card Order

          References

            Usages

            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"