How to use kitmill BT200

Created Date: 2015-06-15/ updated date: 2016-11-12
    • Medium img machine3
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    オリジナルマインド社のCNCミリングマシンkitmill BT200の使い方です。本マニュアルはファブラボ太宰府での使用環境に合わせて作成した使い方となります。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 素材について

            0
            Thumb fablogo d1 01
            加工可能な素材、推奨素材について説明します
            • 加工可能な素材

              0
              Thumb fablogo d1 01
              • 樹脂
              • アルミ
              • 木材
              • 真鍮

              ※素材に対応する切削条件は「memosタブ」に記載しています。
          • 仕様について

            0
            Thumb fablogo d1 01
            機材の仕様について説明します
            • テーブルサイズ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              150mm(W)×200mm(D)
            • 取り付け可能な材料の高さ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              42mm
            • 対応シャンク径

              0
              Thumb fablogo d1 01
              Φ4
            • エンドミルの種類

              1
              Thumb fablogo d1 01
              • ボール・・・曲面加工ができるが、角張った加工には不適
              • スクエア・・・角張った加工ができるが、曲面加工には不適
              •  Vビット・・・先がV字になっており溝彫り加工に適している
            • データ作成が出来るソフト

              0
              Thumb fablogo d1 01
              • Mesh CAM
              • VCarve
          • 工具経路の計算、NCファイルの作成

            0
            Thumb fablogo d1 01
            画像データや2Dベクターデータから工具経路を計算し、その経路に沿ってマシンを動かすために必要なNCファイルを作成します。
            • VCarve Proを起動する

              0
              Thumb fablogo d1 01

              1. 工具経路を計算するためのファイルを開く。
              2. 「工具経路」→「工具経路タブを表示」を選択する。
            • 工具経路の条件設定(輪郭加工の場合)

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. 工具経路タブから、「輪郭工具経路を作成する」を選択する。
              2. 切削深さを設定する。
              3. 使う刃の種類に合わせて工具を設定する。
              4. パスを設定する。パスの回数は、何回同じ箇所をなぞって切削を完了させるかという回数である。
              5. ベクトルの加工位置を設定する。例えば円のデータがある場合に外側/右を選ぶと、線データの内側を削らないようにして切削する。
              6. データの中で、経路を計算したい箇所を選択する。選択箇所はピンク色に変わる。
              7. 経路の名前を入力し、「計算」をクリックする。
              • Small cnc1
              • Small cnc2
            • 工具経路の条件設定(ポケット加工の場合)

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. 工具経路タブから、「ポケット工具経路を作成する」を選択する。
              2. 切削深さを設定する。
              3. 使う刃の種類に合わせて工具を設定する。
              4. データの中で、経路を計算したい箇所を選択する。選択箇所はピンク色に変わる。
              5. 経路の名前を入力し、「計算」をクリックする。
            • 工具経路の条件設定(V加工の場合)

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. 工具経路タブから、「V工具経路を作成する」を選択する。
              2. 切削深さを設定する。V加工の場合は"平坦部深さ"
              3. 工具を選択する。※Vビット工具のみ
              4. データの中で、経路を計算したい箇所を選択する。選択箇所はピンク色に変わる。
              5. 経路の名前を入力し、「計算」をクリックする。
            • 工具経路の計算と、NCファイルの保存

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. 工具経路リストの中から、加工したい経路のみ☑️マークを入れる。
              2. 「閉じる」をクリックし、プレビュー画面を閉じる。
              3. 「工具経路保存」をクリックし、NCファイル(拡張子は.nc)を保存する。
              Small cnc3
          • 本体の設定

            0
            Thumb fablogo d1 01

            • 電源をいれる

              0
              Thumb fablogo d1 01
              USBが差さっていることを確認した状態でコントロールBOXの電源をいれる
              CPUとPOWERのLEDが点灯していればOK
              Small image1
          • 加工

            0
            Thumb fablogo d1 01
            USBCNCとミリングマシンの操作方法について説明します
            • USBCNCの操作方法

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. RESETを押し、コントロールBOXの[ENABLE]が点灯しているかチェックする
              2. 加工したい素材の裏面に両面テープを張り、捨て板にしっかりと固定する
              3. 使用するミルをヘックスドライバー1.5(黒)を使い、中の六角ネジを締める
              4. 原点(X:Y=0:0)にミルを移動させる。カーソルキーを上下左右に押す事で移動は可能。上下の移動はPgUp・PgDnキーで移動。Shiftキーを押しながらだと速く移動する。
              5. 原点にきたらミルの収まっているスピンドルユニットのねじを少し緩ませ、ミルを素材に当てた所で再度締める。
              6. 画面右側のXYZの黄色のボタンを押すことで、XYZの原点あわせをする。
              • Small img 2650
              • Small img 2664
              • Small img 2666
              • Small image
              • Small image
            • (原点位置合わせの仕方)

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. 原点(X:Y=0:0)にミルを移動させる。カーソルキーを上下左右に押す事で移動は可能。上下の移動はPgUp・PgDnキーで移動。Shiftキーを押しながらだと速く移動する。
              2. 原点にきたらミルの収まっているスピンドルユニットのねじを少し緩ませ、ミルを素材に当てた所で再度締める。
              3. 画面右側のXYZの黄色のボタンを押すことで、XYZの原点あわせをする。
              4. F1を押して加工を始める。
              • Small image
              • Small image
            • (工具データベース(パス深さ)の設定[V Carve Pro])

              0
              Thumb fablogo d1 01
              • パス深さを調節する事で、何ミリの深さで削りながら一周するかを決められる。
              • パス深さを浅くすればするほど仕上がりはきれいになるが、その分加工に時間がかかる
              • 仕上げ面が荒い場合は、パス深さを少し浅く設定するとよい
              • Small image
              • Small image
            • 切削までの流れ

              0
              Thumb fablogo d1 01
              1. F5[auto]ボタンをクリックし、F3ボタンをクリックしCAMで作成したファイルを開く
              2. F2[reset]ボタンをクリックしてから、F1[実行/一時停止]ボタンをクリックすると切削が開始する。一時停止は同じボタンを一回クリックすると停止する。
              • Small img 2663
              • Small img 2662
            • 切削中画面

              0
              Thumb fablogo d1 01
              切削中の工具経路は黄色で表示される
              切削が終了すると、原点位置に戻る

              • Small img 2671
              • Small img 2673
              • Small img 2674
              • Small img 2678
              • Small img 2679
            • 切削中の注意事項

              0
              Thumb fablogo d1 01
              切削後は粉塵がたまるので、ある程度積もってきたら一時停止をして掃除機で吸う。またミルの先に粉塵が絡まるので除去する。
          • メンテナンスを行う

            0
            Thumb fablogo d1 01
            メンテナンスの方法を説明します。
            • ミルの取り外し

              0
              Thumb fablogo d1 01
              加工した素材を取り外したら、ヘックスドライバー1.5(黒)を使ってミルを外す。
              六角ネジは奥まで締め過ぎないこと。
              ミルは元にあった場所に戻す。
              Small img 2676
            • 粉塵の掃除

              0
              Thumb fablogo d1 01
              切削が終わったら、床、机、機材まわりの粉塵をすべて掃除する。
            • 捨て板の取り換え

              0
              Thumb fablogo d1 01
              捨て板の傷が増えてきたら、新しい板に取り替える。捨て板の交換はスタッフが行うので声をかけること。
          Add Card Order

          References

            Usages

            • Small s  42491913

              Vビットエンドミル

              Thumb fablogo d1 01
              切削深さ0
            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"