How to use paper cutter "CAMM-1 SERVO GX-24"

Created Date: 2015-12-10/ updated date: 2016-09-23
    • Medium img 8999
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary
    RolandのカッティングマシンCAMM-1 SERVO GX-24の使用マニュアルです。
    このカッティングマシンは基本的に台紙付きのものしかカットできません。完全に切断したい場合は、もう一つのカッティングマシンScanNCutをご使用ください。
    本マニュアルはファブラボ太宰府での使用環境に合わせて作成した使い方となります。
    正式なユーザーマニュアルは、Rolandホームページ(http://www.rolanddg.co.jp/support/cutting/camm1/index_gx.html) で公開されています。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 手順

            0
            Thumb fablogo d1 01
            1.シートをセットする
            2.電源をいれる
            4.カッターの刃確認
            5.テストカット
            6.カット圧変更→テストカット ※必要な場合
            7.原点設定
            8.データ作成
            9.カット
            • 使用可能なシートについて

              0
              Thumb fablogo d1 01
              取り付け可能なシート幅
              50mm~700mm

              取り付け可能な長さ
              平型シート:100mm以上
              ロールシート:制限なし

              最大カッティング領域
               584mm×24998mm(動作可能範囲)
              ※精度保障範囲は1600mmまで


              厚さ
              Aシートの厚さ:0.1mm以下
              B台紙を含む厚さ:0.3mm以下 (シートの取り付けは1.0mmまで可能)
              Small           2015 12 10 11.36.55
              • 各部の名称と機能

                0
                Thumb fablogo d1 01
                • 本体

                  0
                  Thumb fablogo d1 01

                  • Small 2016y09m21d 103007354
                  • Small 2016y09m21d 103017656
                • 操作パネル

                  0
                  Thumb fablogo d1 01

                  • Small 2016y09m21d 103033499
                  • Small 2016y09m21d 103050456
                • 基本的に使う個所

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  ◆カッティングキャリッジ
                  ここにカッターホルダーがついていて、左右に動きます。
                  電源ON→左右の矢印ボタンで移動
                  電源OFF→手で動かせます

                  ◆ピンチローラー
                  2個ついています。
                  ピンチローラーの間をカットします。
                  レバーが上がっている状態で手で動かせます。

                  ◆カッターホルダー
                  ここにカッターの刃がついてます。
                  Small  1
              • シートの取り付け

                0
                Thumb fablogo d1 01
                (ユーザーズマニュアル(p32-41)に詳しく記載されているので、そちらも参考にしてください。)
                • レバーの確認

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  カッティングマシンの後ろにロールとその台を置き、レバーが下がっていることを確認する
                  Small 2016y09m21d 105757904
                • シートの取り付け

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  1.一番左にシートを合わせる
                  2.シートがガイドラインにかかる位置までシートを引き出す
                  3.シートをマークとマークの間におさめて配置する。
                  • Small 2016y09m21d 103234261
                  • Small small s  44171283
                • 正しい取り付け位置

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  ピンチローラはシートの端によせすぎたり、はみださないよう配置する
                  Small 2016y09m21d 103302897
                • シートを平行にする

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  シートの左端をガイドラインと並行になるようあわせる
                  ※特にロールでカットする場合、少しのずれているだけでも、大きなズレに繋がる
                  Small 2016y09m21d 103316654
                • シートを固定する

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  レバーを上げてシートを固定する
                  ※勢いよくレバーを上げると破損することがあります。レバーの操作はゆっくり。
                  Small 2016y09m21d 103325314
                • ピンチローラーの位置を決める

                  0
                  Thumb fablogo d1 01

              • カッターの取り付け

                0
                Thumb fablogo d1 01
                ネジを支えながらカッターホルダーを差し込む。
                写真のようにきちんと差し込んであればOK。
                基本的には、カット圧で切れ具合を調整するので取り出さない。
                Small img 2895
                • 電源をいれる

                  0
                  Thumb fablogo d1 01

                  • 電源コードをつなぐ

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    専用のコードを繋ぐ
                    Small 2016y09m21d 111638315
                  • 電源をいれる

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    電源ボタンをおす→ボタンが青く光る
                    Small img 2893
                • シートの選択

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  シートを[ロール]か[ハザイ]を選択する。
                  ロール→W(幅)のみ計測
                  ハザイ→W(幅)/L(長さ)を計測
                  • シートを選択する

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    [ロール]か[ハザイ]を選択する
                    1.電源ボタンを押すと自動でカッティングキャリッジが移動。
                    2.シート ノ センタク
                     *ロール
                    と表示されるので、そのまま【ENTER】ボタンを押す。
                    Small img 2919
                  • シートの長さを測る

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    自動でシートの長さを測ってくれる
                    Small img 2920
                  • シートの長さ表示

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    シートのロードが終わると、カット可能な幅が表示される
                    W=幅
                    L=長さ

                    今回はW(幅)271mm
                    Small img 2921
                  • 実際の範囲

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    実際の範囲は図のように、ピンチローラーの間になります。
                    Small img 2922
                • テストカット

                  0
                  Thumb fablogo d1 01

                  • PEN FORCEつまみを確認

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    PEN FORCEと表記のある個所のつまみの目盛りを[0]にする。
                    Small      2 1
                  • テストカット

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    テストボタンを1秒以上押し続けると、テストカットされる。
                    Small      3
                  • 切れ具合を確認

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    【↓】を押してシートを手前に送る
                    Small      4
                  • カットされた所をはがす

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    カットされた図形をピンセットではがして切れ具合を確認する。
                    Small 2016y09m21d 142406744
                • カット圧変更

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  テストカットしてみて、うまく切れなかった時にカット圧を変更する。
                  カット圧は 30gf~250gf
                  • FORCEボタンを押す

                    0
                    Thumb fablogo d1 01

                    Small      3 1
                  • カット圧変更1

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    【FORCE】ボタンを押すと、写真のような画面がでてくる。
                    この場合は カットアツ 80gf
                    Small img 2896
                  • カット圧変更2

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    【→】ボタンを押すと、画面の様に下に ※値が表示


                    • Small img 2898
                    • Small      4 1
                  • カット圧変更3

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    【↑】【↓】ボタンで値を設定する。
                    【ENTER】ボタンで決定。
                    • Small img 2897
                    • Small      6
                  • もどる

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    【MENU】ボタンまたは、【←】ボタンで画面にもどる
                    変更後の値が表示される
                    Small img 2899
                  • 再度テストカット

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    カット圧を変更したら、再度テストカットする。
                    【←↑↓→】ボタンで移動。
                    テスト結果がOKになるまで、上記の手順を繰り返す。
                • 原点設定

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  カット位置を決める為に、原点を設定する。
                  テストカットした場所と重ならないようにする。
                  • シートを移動させる

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    シートを後ろに移動して、テストカットした所が前に来るようにする。
                    Small 2016y09m21d 150339392
                  • カットする範囲

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    原点を設定すると、図の線より後側がカッティング範囲として設定されます。
                    Small 2016y09m21d 145533670
                  • 原点を設定する

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    1.【ORIGIN】を1秒以上押し続ける。
                    2.画面1が点滅する。
                    3.設定が完了すると、画面2が表示される。
                    • Small 2016y09m21d 145610530
                    • Small      7
                • 対応ソフトウェア

                  0
                  Thumb fablogo d1 01
                  ・Roland CutStudio
                  ・Roland CutStudio Plug-in for  Adobe®Illustrator®
                  ・Roland CutStudio Plug-in for CorelDRAW®
                  • データについて

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    データの作成ソフトは「Adobe Illustrator」と「Roland CutStudio」の二種類があります。
                    このページではIllustratorでの作成方法に絞ってご説明いたします。
                    CutStudioでの作成方法はユーザーズマニュアル(p42~46)をご覧下さい。
                    [参考]CutStudioで使用出来るピクトグラムのデータが、Rolandから公開されています。
                    • aiデータの作成

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      • 線と塗りは基本的に区別されない
                      • .ai形式(バージョンは adobe Illustrator 8)で保存する
                      Small           2015 12 15 11.46.39
                  • データ作成上の注意

                    0
                    Thumb fablogo d1 01

                    • 文字はアウトライン化

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      文字はそのままの状態ではカッティングデータとして認識されません。
                      文字の輪郭をカッティングする場合は必ず「文字のアウトライン化」を実行してください。
                      Small      12 1
                    • 塗りつぶし設定

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      オブジェクトの「塗り」は「無し」に設定します。「塗り」のあるオブジェクトは2度切りしてしまうことがあります。
                      なお白色は「塗り無し」ではありませんのでご注意ください。
                    • 効果はなしにしておく

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      Illustrator 9以上のバージョンに対応した機能である透明、ぼかし、ドロップシャドウなどの効果を使うと、カッティングができません。
                    • パスの数は減らす

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      アンカーポイントが256個を超えるパス/複合パスはカッティングできません。パスを切断しアンカーポイントの数を減らしてください
                    • 0
                      Thumb fablogo d1 01
                      カッティング線の色は問いませんが、線幅がバージョンによって異なります。
                      Small 2016y09m21d 175541130
                  • カット手順(illustratorの場合)

                    0
                    Thumb fablogo d1 01
                    1.メニューより[ファイル]クリック
                    2.[プリント]をクリック
                    3.画像のような画面がでたら、プリンタの所を
                    【Roland GX-24】を選択
                    4.[プリント]をクリックすると、カットが始まる

                    Small  2
                    • カットの速度を変える時(illustratorの場合)

                      0
                      Thumb fablogo d1 01
                      カットの速度を変える手順について。
                      速度を遅くすると、細かい部分もきれいにカットできます。
                      データによって差異はあります。
                      • 1

                        0
                        Thumb fablogo d1 01
                        1.ファイル→プリント→プリンタを【Roland GX-24】を選択
                        2.プリンタをクリック
                        Small  2
                      • 2

                        0
                        Thumb fablogo d1 01
                        【RolandGX-24】をクリックし、[プリンタ]をクリック
                        Small   3
                      • 3

                        0
                        Thumb fablogo d1 01
                        印刷設定の画面がでたら、【動作設定】のタブをクリック
                        Small   4
                      • 4

                        0
                        Thumb fablogo d1 01
                        1.[設定]の所を【1】にする
                        2.速度を入力する
                        3.[OK]をクリック
                        4.[プリント]をクリックするとカット開始
                        Small  5
                    Add Card Order

                    References

                      Usages

                        Convert State

                         to Annotation.

                        Select the numebr of the state to annotate.

                        OK
                        cancel
                        Loading

                        facebook

                        , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                        , data-width="400", data-order-by="reverse_time"