Raspberry Pi の SDカードのバックアップ

Created Date: 2016-04-21/ updated date: 2016-05-16
  • Medium raspi study
Owner & Collaborators
License
By
Summary
Raspberry Pi (以降ラズパイと記す) の勉強会の資料です。
この記事は Raspberry Pi 勉強会 の一部です。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • バックアップ

          0
          Thumb 889785
          この記事は Raspberry Pi 勉強会 の一部です。

          ラズパイは、困ったことに、頻繁にSDカードが壊れます。
          今までの設定が無駄にならないように、バックアップを取ります。
          バックアップを取ったら、別のSDカードを書き込んで、動作することを確認しましょう。

          下記の2つは、SDカードの全容量をバックアップします。
          • バックアップ (Windows 編)
          • バックアップ (MAC ApplePi Baker 編)

          下記は、SDカードの使用している容量をバックアップします。
          • バックアップ (MAC backup_sd.py 編)

          • バックアップ (Windows 編)

            0
            Thumb 889785
            Win32DiskImager を使用します。

            (1) Win32DiskImager を起動して、SDカードを読み込む。
            (2) Complete が表示されます。
            (3) Exit ボタンをクリックする。
            (4) SDカードを取り出す。

            注意
            バックアップ・イメージをSDカードに書込むには、元のSDカードと同等かそれ以上の容量が必要です。
            Small win32diskimager backup start
            • SDカードの読込み

              0
              Thumb 889785
              Win32DiskImager を起動します。
              Image File にディスクイメージを入力して、Device にSDカードのドライブを選択して、Read ボタンをクリックします。
              図の例では、ディスクイメージ は pi.img、SDカードは i:¥ です。

              Small win32diskimager backup excute
            • 書込み終了

              0
              Thumb 889785
              書込みには 10分ほどかかります。
              終了すると、Complete が表示されます。
              Small win32diskimager backup complete
          • バックアップ (MAC ApplePi Baker 編)

            0
            Thumb 889785
            ApplePi Baker を使用します。

            注意
            ApplePi Baker でバックアップした場合は、バックアップ・イメージをSDカードに書込むには、元のSDカードと同等かそれ以上の容量が必要です。
            下記の「バックアップ (MAC backup_sd.py 編)」 をお試しください。

            • ApplePi Baker

              0
              Thumb 889785
              (1) ApplePi Baker を起動する。
              (2) パスワードを入力する。
              (3) Create Backup ボタンをクリックする。
              (4) About Backups が表示されます。
              (5) Save IMG が表示されます。
               Save ボタンをクリックして、SDカードを読み込みます。 
              (6) Your ApplePi is frozen が表示されます。
              (7) 三角ボタン (Eject) をクリックする。
              (8) SDカードを取り出す。

              Small 20160410 apple pi baker password
            • SDカードの選択

              0
              Thumb 889785
              Pi-Crust に SDカードを選択して、Create Backup ボタンをクリックする。
              Small apple pi baker excute
            • 注意書き

              0
              Thumb 889785
              About Backups が表示されます。
              OK ボタンをクリックする。

              Small apple pi baker about
            • SDカードの読込み

              0
              Thumb 889785
              Save IMG が表示されます。
              Save As にバックアップ・ファイル名を指定する。
              Save ボタンをクリックして、SDカードを読み込みます。
              Small apple pi baker save
            • 読込み終了

              0
              Thumb 889785
              Your ApplePi is frozen が表示されます。
              Small apple pi baker frozen
          • バックアップ (MAC backup_sd.py 編)

            0
            Thumb 889785
            SDカードの全領域(例えば16GB)のうち、5GBしか使っていないときに、使用されている領域だけをバックアップする方法です。
            Raspberry Pi の環境設定 にて、ファイルシステムの拡張を、任意の大きさに拡張したときに、効果を発揮します。
            バックアップ・イメージをSDカードに書込むには、バックアップした容量(5GB)が必要です。

            詳しくは

            • MAC backup_sd.py

              0
              Thumb 889785
              $ git clone https://github.com/FabLabKannai/RaspiStudy.git 
              $ cd RaspiStudy/2_install/mac/backup_sd 
              $ sudo python backup_sd.py 
            • Windows backup_sd.py

              0
              Thumb 889785
              Windows は対応していませんが。
              仮想化環境 にて、Linux を動かしていれば、同様の処理ができます。
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"