How to use "Heeks CAD"

Created Date: 2015-07-12/ updated date: 2015-07-20
Owner & Collaborators
License
By
Summary
Heeks CADで3D切削のためのG-codeを書き出す、基本的な方法を説明します。 この内容はFablabKitakagayaで行った勉強会の内容です。
CNCルーターAP1212Yを使うことを想定しています。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • Heeks CADについて

          0
          Thumb 12003138Thumb img 2573 2Thumb 13010899Thumb portraitThumb 11693445Thumb neko
          • https://sites.google.com/site/heekscad/
          • 10£(1000~2000円)コマーシャル付きなら無料(ライセンス範囲不明)
          • Google ソースコードから自分でコンパイルして使用する場合は無料
          • 対応OS: Windows, Linux
          Small heeks overview
          • Heeks CADを使う上での基本用語

            0
            Thumb 12003138

            • Tools

              0
              Thumb 11693445
              エンドミル、ドリル等の登録や使用に関係
            • Surfaces

              0
              Thumb 11693445
              3D モデルから得られる切削面
              Heeks では視覚化されないので注意
            • Oparations

              0
              Thumb 11693445Thumb portrait
              切削設定
              大きく Profile と Pocket に分かれる。(Drill は未検証 )
              Profile は 2D カッティング (Woodpecker ではエラー?要検証 )
              Pocket は 2.5D/3D 切削
            • NC Code

              0
              Thumb 11693445
              機械に流し込む G コード
            • Sketch

              0
              Thumb 11693445
              加工範囲を示す
            • Patterns

              0
              Thumb 11693445
              同じものを複数加工する場合に使用 ( 未検証 )
          • Windowの説明

            0
            Thumb 12003138

            • Objects

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899Thumb portrait
              Heeks内で扱うモデルやツール、切削パスなどのオブジェクトデータが全て表示される。
            • Options

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899
              Heeksの操作やファイル入出力に関する設定値を変更する。
              [USE DOS Line Endings]: チェックすると出力するGコードファイルの改行コードをWoodpeckerが認識してくれる形式になる。
              Small options
            • Print

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899Thumb portrait
              実行中の処理が表示される。
            • Output

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899
              Gコード作成時にが結果が表示される。
            • Properties

              0
              Thumb 13010899
              選択中のオブジェクトのプロパティ。全てのオブジェクトはIDで管理されており、後述Surfaceの設定のSolidsの番号でも利用される。
          • 使い方

            0
            Thumb 12003138

            • データをインポートする

              0
              Thumb 12003138Thumb img 2573 2Thumb portrait
              ・インポート可能なデータ .stl(実績あり) .iges .dxf .step
              ※dxfをインポートした場合はmmをインチとして認識される(1/25.4スケールになってしまう)

               
              (追記)dxf内の$MEASUREMENTの指定がある場合は正常に読まれる。
            • 切削面(surface)を作る

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899Thumb img 2573 2Thumb portrait
              切削面(surface)を作る(可視化されない)
              ・「Add other operation」→「Surface...」
              Small create surface
            • 加工範囲(Sketch)を指定する

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899Thumb img 2573 2
              スケッチの範囲について: 切削のステップ数やエンドミル径を考慮しないと、Heeksはモデルを削りすぎないよう誤差の外側を残して切削するためモデル外周に削り残しができる。 スケッチとモデルの隙間がエンドミル径倍率になっていることなど気をつけること。 閉じた図形でないとエラーになりますので注意してください。

              Small sketch icon
            • 切削パスの計算をする

              0
              Thumb 12003138Thumb 13010899Thumb img 2573 2Thumb portrait
              Window→Printを出しておけばパス計算が実行されているかどうかが見てわかる
              Heeksでのプレビューはあまり質がよくない
              ・ Open Scam にてプレビューがよいらしい
              Small g0 icon
            • 切削パスを保存する

              0
              Thumb 12003138Thumb img 2573 2
              ファイル保存「G0」→「Save NCFile」 ・切削パスをファイルに保存する
          • Tips

            0
            Thumb 12003138Thumb portrait
            • Sketchは複数作れそう。フローを分けてSketchを複数作って走らせたほうがよさそう。
            • Bridge(支持パーツ)は2Dの場合Tagという機能で手動で追加可能。
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"