レザークラフトの仕上げ技法を学ぼう

Created Date: 2015-05-08/ updated date: 2015-05-11
  • Medium kuluskaws 150429 fabble
  • Medium p4190552
  • Medium p4290493
Owner & Collaborators
License
By
Summary
FabLab SENDAI – FLATでは、『Material Finishing Workshop』というワークショッププログラムを行なっています。このプログラムでは、レーザーカッターや3Dプリンタを使って作られた造形物の“仕上げ方法”を学んでいきます。第1回目の今回は、 神奈川県鎌倉を中心に世界で幅広く活動をしていらっしゃるKULUSKAのお二人をお招きし、レザークラフトの仕上げ技法についてレクチャーをしていただきました!
(KULUSKA:http://kuluska-japan.com/

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

          • 加工サンプル帳をつくりました

            0
            Thumb logo
            加工したレザーはボールチェーンでまとめて加工サンプル帳にしました。
        • (1)硬めのレザーを柔らかくする方法

          0
          Thumb logo
          レザーを端から丸め、手のひらで台に押し当てながら開いていきます。それを繰り返すことで、レザーに徐々に柔らかさがでてきます。
          • Small p4290541
          • Small p4290543
          • (2)レーザーカット時のコバの焦げ処理方法

            0
            Thumb logo
            焦げはまずウェットティッシュで拭きます。その際に、水分が銀面やトコに付着した場合は、最後にその面も全てウェットティッシュで拭くのがよいそうです。
            Small p4290550
            • 焦げをしっかり落としたい場合

              0
              Thumb logo
              焦げを完全に落として本来のコバの色に戻したい場合は、400番〜1000番のやすりをかけます。穴の中の焦げを落としたい場合は、ダイヤモンドやすり等棒状のやすりを使用します。
              • Small p1130344
              • Small p1130340
            • 柔らかいレザーをやする場合

              0
              Thumb logo
              柔らかいレザーはそのままの状態ではなく、くるくる丸めるととてもやすりがけがしやすくなります。
              Small p1130363
            • 重ねられたレザーにやすりがけをする場合

              0
              Thumb logo
              何枚か重ねられたレザーにやすりをかけると、それぞれのコバが馴染み、まるで1枚のレザーかのように見せることができます。
              Small p1130312
          • (3)コバを滑らかにする方法

            0
            Thumb logo
            市販されている『トコノール』等の仕上げ剤を布に適量とってこすると、コバの毛羽立ちがおさまり、滑らかな仕上がりになります。
            • Small p1130359
            • Small p4290565
            • 天然素材で仕上げたい場合

              0
              Thumb logo
              『フノリ』という海藻でも、コバを滑らかにすることが可能です。少量の水で『フノリ』を煮込むと透明な糊状になります。それをトコノールと同じように布につけてこすることで、コバがとても滑らかになります。
              Small p1130367
            • 更に滑らかにしたい場合

              0
              Thumb logo
              布ではなく『ヘチマ』を使うと、コバの仕上がりが更に滑らかになり、艶も増していきます。
              • Small p4290573
              • Small p4290574
          • (4)トコを滑らかにする方法

            0
            Thumb logo
            コバ処理同様、市販されている『トコノール』等の仕上げ剤、『フノリ』から作った糊をたっぷりとトコ面に塗り、布やヘチマでこすると滑らかになります。このとき、レザーを保湿する気持ちで、仕上げ剤や糊をたっぷり塗ることが綺麗に仕上がる秘訣です。
            Small p1040561
            • 更に滑らかにしたい場合

              0
              Thumb logo
              布やヘチマではなく、角が丸く加工されたガラス板で強く力をかけながらこすると、より滑らかに仕上がります。熱で2つ折りにしたアクリル板の折り曲げ部分でも代用することができました。
              Small p1040566
          • (5)コバに色を付ける方法

            0
            Thumb logo
            今回は、写真最左の『コバコート』(水性着色仕上剤)と、写真最右の『ローパスバチック』(皮革染料)を使用しました。
            Small p4290505
            • それぞれの剤の仕上がりの違い

              0
              Thumb logo
              写真上が『コバコート』(水性着色仕上剤)、下が『ローパスバチック』(皮革染料)を使用したものです。『コバコート』は素材の上にインクが乗るようなツヤのある仕上がりに、『ローパスバチック』は素材にインクが染み込んだようなマットな仕上がりになりました。
              Small p1130403
            • 『コバコート』の塗布方法

              0
              Thumb logo
              『コバコート』は液体のりのように先端にスポンジが付いているので、キャップを外したらそのままコバに着色剤を塗ることができます。
              Small p1130384
            • 『ローパスバチック』の塗布方法

              0
              Thumb logo
              『ローパスバチック』の中身を小皿に分け、クリップを持ち手代わりにした硬めのスポンジで塗っていきます。油性ペンなどでも代用可能だそうです。
              Small p1130422
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"