虫の口を 3Dプリンタで作ろう!

Created Date: 2016-10-20/ updated date: 2016-10-28
  • Medium
Owner & Collaborators
License
By
Summary
大好きな虫たちの口を、3Dプリンタで作ってみました。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 作ろうと思った理由

          0
          Thumb 22899294
          ぼくは、去年の夏に「虫の口」について調べました。
          この自由研究をして、虫の口を3Dプリンタで作ろうと思いました。
          • Small image
          • Small image
          • 3Dプリンタの講習

            0
            Thumb 22899294
            ファブラボ太宰府店で、3Dプリンタの講習
            Small image
            • データの作り方について

              0
              Thumb 22899294
              ・自分でデータを1から作る。
              ・スキャナでスキャンする。
              シンギバースなどで、3Dデータを見つけてダウンロードする。
            • フィラメントについて

              0
              Thumb 22899294
              フィラメントには、種類があり、インターネットでも色々な種類を見た。
              金、銀、木のような物もある。
              作りたい物に合わせてフィラメントを決める。
              • Small image
              • Small image
            • プリンタ出力について

              0
              Thumb 22899294
              ファブラボ太宰府のプリンタは「スクーボ」
              機械の中は、暑いから、絶対に手を入れない。

              Small image
          • 紙ねんどで、虫の口の模型を作る

            0
            Thumb 22899294
            図書館のほんや、インターネット見つけた画像を元に、紙粘土で虫の口を作る。
            • カブトムシの口

              0
              Thumb 22899294
              〈工夫したところ〉
              を使い、カブトムシのような口を作った。
              カブトムシは、ブラシのような口をエサの樹液につけて舐める。

              • Small image
              • Small image
            • 飼っているクワガタ

              0
              Thumb 22899294
              お祭りで当たったクワガタ。
              クワガタの口からニョキニョキっと、オレンジ色の舌が出るところを観察できた。
              Small image
            • カブトムシの口のケバケバ

              0
              Thumb 22899294
              3Dプリンタの講習の時に、人の顔をプリントしたものがあった。
              それを見て、人の髪の毛は、束になりペタンとプリントされることがわかった。
              ブラシのようなケバケバをプリントするには、もうちょっと調べていく必要があると思い、今度は見おくった。
              • Small image
              • Small image
            • オオカマキリの口ー1

              0
              Thumb 22899294
              上下左右に分けて作った。
              • Small image
              • Small image
              • Small image
            • セミの口

              0
              Thumb 22899294

              Small image
            • オオカマキリの口ー2

              0
              Thumb 22899294
              スカルプトリスの練習を兼ねて、粘土の球を変形させていった。
              ・口の中が空いている。
              ・口ひげを後から付けるのは簡単だが、球から出していくのは難しい。できなかった。
              ・エサに食いつく時に使う、ギザギザの歯を作るのが難しかった。
              • Small image
              • Small image
          • 作った模型をスキャンする

            0
            Thumb 22899294
            Senseで紙ねんどで作ったセミの口をスキャン
            • スキャンできなかった

              0
              Thumb 22899294
              回転台の回し方、速度、スキャナの位置を変えたりと、いろいろ試したが、スキャンできなかった。
              模型が小さかった(9㎝)が原因かもしれないので、模型を大きく作り直した。
              Small image
            • 大きく作り直した模型

              0
              Thumb 22899294
              27.5㎝に作り直した。
              Small image
            • 作り直した模型をスキャン

              0
              Thumb 22899294
              大きな模型をスキャン。
              回転台を回したり、回転台の周りを回ったりした。
              何度もスキャンして、大変だった。
              • Small image
              • Small image
              • Small image
            • スキャンできた!

              0
              Thumb 22899294
              上手にスキャンできた。
              Small image
          • スキャンしたデータを編集、プリント

            0
            Thumb 22899294
            Sense内で編集
            • Senseでデータ編集

              0
              Thumb 22899294
              虫の口が消えないように、少しずつ黒い所を消していく。
              Small image
            • Meshmixer で編集

              0
              Thumb 22899294
              データのをメッシュミキサーにうつして、シマを付けたり、なめらかになるように修正していく。
              Small image
            • プリント

              0
              Thumb 22899294
              スクーボでプリントする。
              プリント時間20分。
              Small image
            • 出来上がり!

              0
              Thumb 22899294
              プリントしている時に、形がちょっとずつ出来てきて、おもしろかった。

              セミの口が作れて、とてもうれしかった。
              Small image
            • 模型とプリントしたものの比較

              0
              Thumb 22899294
              細かい線は消えていた。
              もっと先を細くつくると、もっとセミの口に似ていたのかも。
              Small image
            • サポート材

              0
              Thumb 22899294
              裏がデコボコだったので、サポート剤を使った。
              デコボコだったので、サポート材の厚みが右と左で違う。

              Small image
            • セミの気分になってみる

              0
              Thumb 22899294
              プリントしたセミの口をくわえて、セミの気分になってみた。
              楽しい。
              もっと大きくプリントして、ストローのように穴をあけると、実際にジュースが飲めそうだ。
              Small image
          • Sculptrisで3Dデータを作る

            0
            Thumb 22899294
            ・オオカマキリの口


            • Sculptrisでデータを作ってみた

              0
              Thumb 22899294
              スカルプトリスを使い、オオカマキリの口を作る。
              • Small image
              • Small image
              • Small image
            • メッシュ数を減らしすぎた。

              0
              Thumb 22899294
              メッシュ数を減らしすぎて、うまく伸ばしたりできなくなった。
              粘土の球で作った時と同じ感じになった。
              Small image
          • Meshmixerでデータ編集

            0
            Thumb 22899294
            Sculptrisで作ったデータをmeshmixerで編集する
            • 「トランスフォーム」「スムース」

              0
              Thumb 22899294
              「トランスフォーム」で口の先をとび出させた。
              「スムース」でメッシュ数を減らすと、ボコボコやとんがりが丸くなった。
              Small image
            • メッシュ数を部分的に減らす。

              0
              Thumb 22899294
              メッシュ数を減らしたい箇所を選択し、「ブラシ」の中で、メッシュを減らすアイコンを選択。選択した箇所のメッシュが減される。
              Small image
          • オオカマキリの口をプリント

            0
            Thumb 22899294
            プリント時間、30分。
            オオカマキリの口に似ているように見える。
            アゴが上下左右に分かれているところや、口でガブっとかみつくところが、うまく出来たと思う。
            • Small image
            • Small image
            • てんとう虫を食べさせてみた。

              0
              Thumb 22899294

              Small image
            • 箸置きにも使える。

              0
              Thumb 22899294

              Small image
            • カードスタンドに。

              0
              Thumb 22899294

              Small image
          • 「昆虫形態3DCGモデル」を使う

            0
            Thumb 22899294
            ゼロ工房」の昆虫3DCGデータを使って、オオカマキリの口を作る。
            フリーのデータで、データを変更して使うこともできるようになっている。
            しかし、人を傷つけるような行為につながる使い方は禁止など、注意書きがあるので、きちんと読んで使う。
            Small image
            • オオカマキリのデータはなかった。

              0
              Thumb 22899294
              たくさんの虫のデータがあるが、「オオカマキリ」のデータはなかった。
              そこで、「ハンミョウ」のデータをオオカマキリに変形させてみようと思った。
              Small image
            • スカルプトリスを使う

              0
              Thumb 22899294
              スカルプトリスで、メッシュ数を減らしていく。
              データが重すぎて、画面が消えてしまう。
              何回もデータを保存しながら、少しずつ削除していく。
              この作業は、ものすごく時間がかかった。
              • Small image
              • Small image
            • 根気強く

              0
              Thumb 22899294
              投げ出しそうになるが、根気強く、体の部分を削除していく。
              メッシュ数が減ってくると、パソコンが消えなくなった。
              Small image
            • メッシュミキサーで作業。

              0
              Thumb 22899294
              スカルプトリスで下顎を伸ばして、オオカマキリの下顎に近い形を作った。
              データをメッシュミキサーにうつして、余分なところを消していると、
              くっついていると思っていた口が、
              ばらばたになってきた!

              Small image
            • 修正できない。

              0
              Thumb 22899294
              もう少しで、オオカマキリの口に近いものになると思っていたのに、上顎が離れてくっつかない。
              バラバラのパーツは、別々のデータで作って、後から合わせて作ると教えてもらった。
              まだその作業ができるほどの力がないので、残念だが、ハンミョウの口をオオカマキリの口に変えることは諦めることになった。
              Small image
          • スカルプトリスでかっこいい物を作る

            0
            Thumb 22899294
            スカルプトリスでかっこいい物を作ってみる。
            スカルプトリスはは、左右の変形を同時にできるので、左右対称の虫などは作りやすい。
            この作業は、アイコンでオンオフに切り替えられる。

            • Small image
            • Small image
            • Small image
            • スカルプトリスの使い方

              0
              Thumb 22899294
              • スカルプトリスは、1つ前に戻す作業ができないので、気に入った形ができると、すぐに保存しておく。もし間違ったり直したくなったら、保存データから作り直す。
              • スカルプトリスは粘土のように、一気に伸ばせたり、押し込めたりもできる。ねじったり、じわじわ盛り上がらせたりもでき、本当に楽しい。
            • メッシュミキサーに移す

              0
              Thumb 22899294
              メッシュミキサーで、メッシュ数を減らしたり、穴埋めをした。
              Small image
            • プリント

              0
              Thumb 22899294
              コウモリっぽい「未来から来た宇宙船」
              自分でデザインした物がプリントできた。
              触角のように伸びていた部分は、うまくプリントできなかった。
              サポート材がクモの巣のようになった。
              サポート材と一緒に細い所も取れてしまうので、このままモワモワとしたままで、完成。

              Small image
            • 未来からきた宇宙船

              0
              Thumb 22899294
              メッシュ数を減らしたり、デコボコをなくすと、クモの巣のようなのは付かないと思う。

              自由に考えて作る事は簡単にできたが、虫の口を見ながら そっくりに作るのは、とても難しかった。
              Small image
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"