Superimpose

Created Date: 2017-04-15/ updated date: 2017-04-18
    • Medium superimposer
    Owner & Collaborators
    License
    By nc sa
    Summary

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 外殻データ(シェルと呼びます)を1層の内部パターンデータで「切り取る(クリッピング)」する

            0
            Thumb hirogitfab
            内部パターンデータのレイヤー名を「pattern1」という名前にして、superimposeスクリプトを実行してください。パネルで、内部パターンデータは何層あるかを聞かれますが、「1」を入力してください。

            また、外殻データ(シェルと呼びます)をkeep(そのまま残す)/ Remove(削除する)/ Overwrite(もう1回書き直す)の3択で処理を選んでください。
            • 外殻データ(シェルと呼びます)を2層/3層の内部パターンデータで「切り取る(クリッピング)」する

              0
              Thumb hirogitfab
              同じように、2層目のパターンデータを「pattern2」と名付ければ、異なる2層からなる内部パターンを持った構成も、クリッピングできます。

              同様に、3層目のパターンデータを「pattern3」と名付ければ、異なる3層からなる内部パターンデータでも可能です。

              4層以上の構成からなるデータはいまのところ対応していません。
              • STLから外殻データを読み込む

                0
                Thumb hirogitfab
                STLデータの立体形状から、外殻だけを取り出してSuperimposeスクリプトで、内部パターンを当てはめたい場合には、まずsimplify3Dなどのスライサーで、最外殻1層だけのスライスデータをつくり、g-codeで保存します。そのデータをfabrix_importで読み込みます。

                あとは上記1,2と同じ手順を踏めば、任意の内部パターンを割り当てられます。


                Small gcodeart2
                Add Card Order

                References

                  Usages

                    Convert State

                     to Annotation.

                    Select the numebr of the state to annotate.

                    OK
                    cancel
                    Loading

                    facebook

                    , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                    , data-width="400", data-order-by="reverse_time"