りんご削り機 "Elie"

Created Date: 2015-12-04/ updated date: 2016-02-18
    Owner & Collaborators
    License
    By sa
    Summary
    授業で配布された自作CNCキットを改造して、りんご削り機を作りました。
    上の天板に穴をあけてDCモーターを設置し、モーターの先にはルーラーの先を付けています。
    りんごを回す土台の方は、タミヤのギアボックスを使用して回しています。
    りんごは一気に削れないようトルクを高くして、回転数を抑えております。
    プログラムでは、Processing側に"peeler"というコマンドを足し、大体1周ごとにY軸がずれるというような設計になっております。Z軸は手動です。
    ちなみに"Elie"という名前は、去年の朝ドラ「マッサン」より、りんご汁を作ってたことからマッサンの奥さんのエリーと名付けました。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 必要な部品

            0
            Thumb    5
            DCモーター×2
            ギアボックス×1
            タミヤのパーツ×2
            ルーラーの先×1
            100円ショップで売ってる箱×1
            スイッチ×2
            電池ボックス単3が4つ×1
            電池ボックス単3が2つ×1
            単三電池×6
            Small 7013
            • まず制作

              0
              Thumb    5
              まず、天板にDCモーターを入れるために穴をあける。
              きり、穴あけを使う。
              その穴にDCモーターをねじを使って固定する。
              同時にりんごを支え、回す機構を制作する。
              タミヤのギアボックスとDCモーター、タミヤのプロトタイプ用パーツを使用する。
              1日目終了。
              • 次に制作

                0
                Thumb    5
                CNCとして削るために、りんごの高さを上げる必要がある。
                Zの高さを見つつ、りんごの高さを上げる箱を用意、制作する。
                箱が完成したら、CNCの蓋と接着する。
                DCモーターのスイッチをCNCの底側面から出したいので、穴をあける。
                底にCNC側の電池ボックス(単3の2個)を置く。

                • プログラム"peeler"

                  0
                  Thumb    5
                  これを応用すると自分でProcessing側にスクリプトやボタンが作れる

                  上の方にあるbooleanの並びに
                  boolean peelerEnabled = false;

                  末尾の方にあるvoid playとかvoid recordの並びに
                  void peeler(boolean btnEnabled) {
                    if ( btnEnabled==true ) {
                      peelerEnabled = true;
                    }
                    else {
                      peelerEnabled = false;
                    }
                  }
                  を置く
                  • void setup 記述

                    0
                    Thumb    5
                    void setupにある
                     controlP5.addToggleの並びで下に
                    controlP5.addToggle("peeler", false, 20, 120, 50, 20).setMode(ControlP5.SWITCH);
                    を置く
                  • void drawの記述

                    0
                    Thumb    5
                    void drawのservoEnableの下らへんにを挿入

                    if (peelerEnable){
                    if (timecount >= 420){
                    timecount=0;
                    println(timecount);
                    yb = yp - 1.0;
                    if (yb <= min_y){
                    peelerEnable=false;
                    yp = min_y;
                    }else{
                    yp = yb;
                    }
                    setThetasfromXYZ();
                    updateGuiElements();
                    }
                    println(timecount);
                    timecount = timecount + 1;
                    }else{
                    timecount = 0;
                    }
                • 完成

                  0
                  Thumb    5
                  こんな感じ。
                  無限のプロトタイピング感。
                  画像だけならkickstarterに出せそう?
                  Small 7013
                  • 切削

                    0
                    Thumb    5
                    XYZをりんごの先に合わせ、processingを起動。
                    そしたら、スイッチを両方onして、peelerボタンをクリック。
                    天板が不安定で、ドリルがずれる。直線に切るのはりんごの形状もあり、難しい。
                    そのため削る際、天板を抑える必要があった。
                    りんごの削りかすが出てきて、その存在そのものに驚いた。飛距離も大きい。
                    切削するときは新聞紙を敷くべきだ。
                    • 苦労した点

                      0
                      Thumb    5
                      りんご台の不安定さ。ドリルを当てる位置が重要なのだが、高さをギリギリのところに持ってく必要がある。
                      ギアボックスのトルク調整、部品の紛失。
                      現在、模様はボーダーが限度。チェックにしたかったー
                      切削していると、ねじ棒につけた両端の部品の向きが変わってくる。もちろん、ナットもとれる。定期的なメンテナンスが必要だ。
                      Small 7003
                      Add Card Order

                      References

                        Usages

                          Convert State

                           to Annotation.

                          Select the numebr of the state to annotate.

                          OK
                          cancel
                          Loading

                          facebook

                          , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                          , data-width="400", data-order-by="reverse_time"