Arduinoシールド基板を作成する。

Created Date: 2014-07-23/ updated date: 2014-07-23
    • Medium 08
    Owner & Collaborators
    License
    By nc sa
    Summary
    テストとしてArduinoシールドの基板を作成しました。
    このシールドはArduinoに接続し、各部品を制御することができます。
    今回は7セグメントLED、スピーカー、サーボモーターを繋げるための基板を作りました。 一連の流れを記載しようと思います。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 手順01

            0
            Thumb 8242834
            まずはCADソフトであるEagleを起動します。 EagleではまずArduino、スピーカー、7セグメントLED、サーボモーターをライブラリから呼び出します。 続いてArduinoにそれぞれの部品を接続していきます。
            Small
            • 手順03

              0
              Thumb 8242834
              回路図と配線図を作っらいよいよ基板加工機を使います。 基板加工機はDesignProというソフトで制御します。   ※もし、銅版がセットされていない場合は新しい銅版を用意してセットしてください。 今回は銅版のセットについてはこの基板と直接関係無いので省略しています。   DesignProを起動したら先ほど作成したデータを読み込みます。
              • Small dsc 1951
              • Small design pro
              • 手順5

                0
                Thumb 8242834
                切り出しました。 このままではArduinoに接続することはできないので、ピンヘッダと表裏を繋ぐビス?をはんだ付けしますわよ。  
                Small dsc 1950.jpgsa
                • 完成後

                  0
                  Thumb 8242834
                  このようにArduinoに接続し、装置の制御が可能になりました。 ちなみにこの基板で動かすArduinoや装置の詳細については下記レシピを見てくだしあ。 ↓永遠に時を刻む砂時計↓ http://v3.gitfab.org/fablab-hakodate-beta/53cf67cb69702d390e740200/recipe
                  Small dsc 41adsfgd74
                  Add Card Order

                  References

                    Usages

                      Convert State

                       to Annotation.

                      Select the numebr of the state to annotate.

                      OK
                      cancel
                      Loading

                      facebook

                      , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                      , data-width="400", data-order-by="reverse_time"