ストレスデストロイヤー

Created Date: 2017-08-12/ updated date: 2017-10-11
  • Medium stress
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
ストレスを解放させる系の奴

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 環境構築

          0
          Thumb 6928924
          Fusion 360をインストールして軽く扱えるぐらいになる。
          Small fusion360
          • 応答が無くなったら

            0
            Thumb 6928924
            慌てず待つ。
            Small fusion361
        • Fusion360を学ぶ

          0
          Thumb 6928924
          独学では無理と判断し、書籍購入
          Small 15026803278811262031389
          • スケッチの移動がすんなりいかない問題にぶち当たる

            0
            Thumb 6928924
            この敷居の高さ何?と思ったらみんな悩んでた。

            https://forums.autodesk.com/t5/fusion-360-ri-ben-yu/suketchino-yi-donggadekinai/td-p/6610637
            Small fusion362
          • ブロックの作成

            0
            Thumb 6928924
            とりあえずHelloWorld的なものを作る。
            Small fusion363
          • ボタンを作る

            0
            Thumb 6928924
            123DDesignを吸収したソフトだけあって、123DDesign感がすごい
            Small fusion363
          • 3Dプリンター部の活動で情報収集する

            0
            Thumb 6928924
            大名3Dプリンター部と言う素敵な部活に参加して情報を集める。
            集まった情報

            ・Fusion360はすごい
            ・色々3Dモデルがタダで置いてあるサイトがある。
            ・Fusion360の他にもすごいのがある
        • 何を作るか考える

          0
          Thumb 6928924
          1.万人に対する有用性を捨てる。作って眺めたり、使ったりは十分世の中にある。
          2.作る事を目的としない。逆に壊す事を目的とする。
          3.言葉遊び入れたい。(頭をひねった感じを出したい)
          • 作る事を目的としない。逆に壊す事を目的とする

            0
            Thumb 6928924
            取り返しのつかない感じの物を作りたい。

            皿を割ったり、断捨離したりするとすっきりする。
            これを何とか生かせないだろうか。

            1.壊せる。(自壊しない)
            2.壊れる。(無理せず壊せる)
            3.あんまり壊したくない。(3Dプリンタで出力するのに1時間位かかる)
            4.取り返しがつかない。(造形的に元に戻すのが苦痛)
          • 言葉遊びを入れたい

            0
            Thumb 6928924
            ちょっと頭使った感じにしたい。

            壊れたら自分が出てくる自分探し的な。
            ストレスを取り払うと落ち着きが出てくる的な。
          • ボロノイ試す

            0
            Thumb 6928924
            ボロノイつかって中身が見づらい形を作る。

            1.App Storeへ行って、Voronoi Sketch Generatorを検索
            2.Windows64を選択してダウンロード
            3.ダウンロードしたmsiを実行
            4.Fusion360を起動
            5.作成->Voronoi Sketch Generatorを実行

            Small voronoi
          • ボロノイすぎて気持ち悪くなる

            0
            Thumb 6928924

            Small voronoi03
          • ストレスを作る

            0
            Thumb 6928924
            隠れたストレス
            Small voronoi04
          • 落ちた

            0
            Thumb 6928924
            気を付けた方がいい。
        • いよいよ作り始める

          0
          Thumb 6928924
          作るもの

          1.隠れたストレスに囲まれた自分
          2.隠れたストレスと自分は3Dプリンタのサポートでつながる感じ
          3.出力できたら、隠れたストレスを取っ払って自分を手に入れる。


          Small
          • 自分のパスを作成する

            0
            Thumb 6928924
            1.Gimpで「自分」って書いてパスへ変換
            2.パスを調整
            3.パスのエクスポート

            とりあえずサイズは256x256で合わせる
            • Small jibun path 01
            • Small jibun path 02
            • Small jibun path 03
          • ストレスのパスを作る

            0
            Thumb 6928924
            自分と同じ手順で作る。

            こっちも256x256で作る
            Small stress path 01
          • 自分をFusionに取り込みメッシュにする

            0
            Thumb 6928924
            スケッチ->挿入で自分を取り込み、押し出してオブジェクトにする。
            • Small jibun mesh 01
            • Small jibun mesh 02
            • Small jibun mesh 03
          • ストレスもメッシュ化する

            0
            Thumb 6928924
            ストレスをFusionに取り込み、押し出しを利用してメッシュにする。

            とりあえず厚みは3mm
            Small stress mesh 01
          • ストレスを隠すためのVoronoiパスを作る

            0
            Thumb 6928924
            スケッチ作成->作成->voronoi schech generator
            • Small voronoi01
            • Small voronoi02
          • Voronoiのをメッシュ化する

            0
            Thumb 6928924
            voronoiの壁っぽい部分をクリックして選択。
            右クリック->プレス/プルで3.0mmを指定。
            壁ができる。
            • Small voronoi wall01
            • Small voronoi wall02
            • Small voronoi wall03
          • ストレスとVoronoiを結合させてストレスを隠す(以下、「ストレス壁」)

            0
            Thumb 6928924
            1.voronoi壁を90度回転させる
            2.縦ラインのずれを調整
            3.voronoi壁を選択し、修正->尺度で大きさを調整。また、位置を調整。
            4.ストレスを若干上に移動

            • Small stress wall01
            • Small stress wall02
            • Small stress wall03
            • Small stress wall04
            • Small stress wall05
          • ストレス壁をコピーして6面作る(以下、「ストレスボックス」)

            0
            Thumb 6928924
            ストレス壁を選択し、移動またはコピー
            Small stress box
          • 自分をストレスボックスの中に入れる

            0
            Thumb 6928924
            自分のメッシュを移動してストレスボックスの中に配置
            Small hidden me
          • STLで出力

            0
            Thumb 6928924
            オブジェクトのルートを右クリックして"STL形式で保存"を選択。
            Small stl output
          • Affiniaで出力する

            0
            Thumb 6928924
            時間と金額を考えつつ、位置、サイズなどを調整。


            Small dsc 0026
          • Affiniaの出力結果を確認する

            0
            Thumb 6928924
            予想以上にストレスが隠れていてGood。
            • Small dsc 0031
            • Small dsc 0032
          • 台座から引きはがす

            0
            Thumb 6928924
            手を切らないように注意しつつ台座から取り外す。
            • Small pa111729
            • Small dsc 0033
          • 隠れたストレスを出現させる

            0
            Thumb 6928924
            手を切らないようにだけ気を付けてストレスを出現させてゆく
            • Small dsc 0034
            • Small dsc 0035
          • ストレスに隠された自分を探す

            0
            Thumb 6928924
            ストレス壁を取っ払って自分を探す
            Small dsc 0037
          • 自分を見つける

            0
            Thumb 6928924
            どんな形になるかはストレスを取り払ってからしかわからない。
            今回は予想以上に崩れた自分が出てきた。
            Small fb img 1507718806288
          • ストレスと捨てる

            0
            Thumb 6928924
            ストレスを捨てることで心身ともにストレスレス状態になる
            Small dsc 0041
        Add Card Order

        References

          Usages

            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"