Wood slit Light 〜FUJI SAN SHINE〜

Created Date: 2016-03-01/ updated date: 2016-04-01
  • Medium dsc 0175
  • Medium artwork
  • Medium dsc 0160 1
Owner & Collaborators
License
By
Summary
木を切ることで森や山の中に光を採り入れる"間伐"という行為から着想を得て、
木を切ることでそこから光が溢れ出し中から山が現れるという、
そんな照明を考えてみました。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • カットラインのデータ作成

          0
          Thumb       4

          • (1) 内部の立体空間を表現するための3Dデータを用意

            0
            Thumb       4
            今回は富士山のモデルを使いたかったので
            国土地理院のサイトよりダウンロードしました。


            • Small       d
            • Small      3d
            • Small      3d 2
          • (2) 3Dデータを2D(輪切りモデル)に変換

            0
            Thumb       4
            123D Makeというソフトを利用して、
            3Dモデルを平面のラインに変換します。

            ・まずはダウンロードしたデータを読み込む
            ・読み込んだデータをスライスモデルに変換する
            ・変換したデータを書き出す
            • Small 1
            • Small 2
            • Small 3
            • Small 4
          • (3)書き出したデータを元に、出力用のデータを作成

            0
            Thumb       4
            Adobe Illustratorを使用し、出力用データを作成。

            ・バラバラになっているスライスデータを一カ所にまとめて等高線状にする。
             支柱用の穴の位置を決める。
            ・等高線を必要枚数分コピーし、不要な線を消していくことで
             一枚一枚のカットラインを作成。

            実際の丸太の形状を写し取りガイドラインとして、
            この中に収まるようにカットラインを配置します。
            また、外枠の四角の左上をレーザーでカットする際の
            原点としておきます。
            • Small artwork 5
            • Small artwork 3
            • Small artwork
            • Small artwork
        • 木材の加工

          0
          Thumb       4
          • 丸太材のスライス(1)

            0
            Thumb       4
            事前に今西工場にて、丸太材(約100mm厚)をスライスしていただき、
            丸太材(約5mm厚)が10枚と丸太材(約20mm厚)が1枚できました。

            表面にひび割れのあった側では、カットの際に割れが生じてしまったようです。
            • Small february 27  2016 at 0516pm
            • Small 12764713 1052113521513694 6031189635121021393 o 22.30.03
            • Small 12819309 1052113648180348 3475498268722207017 o
          • 丸太材のスライス(2)

            0
            Thumb       4
            丸太材(約50mm)は、ノコギリを使って自力でカットしました。

            丸太を動かないよう台座に立てて固定し、まっすぐ切るためのガイドを作って
            これに沿って切ります。

            丸太材(約30mm厚)丸太材(約20mm厚)の2枚ができました。
            • Small february 27  2016 at 0516pm 2
            • Small february 14  2016 at 0450pm
            • Small february 14  2016 at 0452pm
            • Small february 14  2016 at 0357pm
            • Small dsc 0117
          • レーザーカット

            0
            Thumb       4
            作成したデータを元に、スライスした板をレーザーカッターでカットしていきます。

            使用したのはこちらのレーザーカッター(UNAVERSAL)

            型紙を使って丸太をセットし原点合わせをしました。

            ヒノキの板約5mm厚に対して、パラメーターは
            ・Power 100
            ・スピード60

            でカットしました。
            • Small march 06  2016 at 0747pm
            • Small dsc 0132
            • Small dsc 0133
            • Small dsc 0134
            • Small march 06  2016 at 0747pm
            • Small dsc 0150 collage
          • 上部、下部パーツの加工

            0
            Thumb       4
            丸太材(約30mm厚)と丸太材(約20mm厚)の加工を行います。

            ・30mm厚の方は、下部の台座にするので電球を仕込むためのスペースとケーブルを通すための穴をあけます。
             中央の穴はホールソー(38mm径)を使用して穴をあけます。
             側面のケーブル用の穴は、カット時に使用したガイドを使って立てておき電動ドリルで穴をあけます。

            ・20mm厚、30mm厚の両方に支柱を立てるための穴をドリルを使用してあけます。
             貫通しないようにストッパーをつけています。
            • Small dsc 0140
            • Small dsc 0141
            • Small march 24  2016 at 1134pm 1
        • 木材の補修・修正

          0
          Thumb       4
          • 割れの補修

            0
            Thumb       4
            丸太をスライスした際に割れが発生してしまいました。
            この時点で割れが広がらないよう接着剤で繋いでくれてありますが、
            今回は木工パテを使ってこの割れ部分を埋めておこうと思います。

            不要な部分をマスキングテープで覆い、パテをやや多めに盛っていきます。
            固まったらはみだした部分をヤスリで削っていきます。

            • Small 12778890 1052113141513732 6166072425539886471 o
            • Small march 08  2016 at 1029am
            • Small march 08  2016 at 1024am
            • Small march 09  2016 at 1036am
          • 反りの修正

            0
            Thumb       4
            薄くスライスした板は窪むように反ってしまいました。
            これを修正するために、アイロンで熱と圧を加えてみました。

            なかなか加減がむずかしく、やり過ぎはよくないようです。ほどほどに。

            アイロンをかけ終えた後は、手頃なサイズの雑誌をおもしとして使い
            しばらくこのまま放置。

            多少のゆがみはあるものの、ほぼほぼ平らになりました。

            が、しかし。
            時間が経つにつれて、また反ってきてしまいました。

            • Small dsc 0110 2
            • Small dsc 0112
            • Small dsc 0115
            • Small dsc 0116 2
        • その他の加工

          0
          Thumb       4

        • ステンシルの作成

          0
          Thumb       4
          せっかくなので、「FUJIMOCK FES 2015」のロゴをどこかに入れたいなと思い
          ステンシルを施しました。

          行程
          (1)まずはステンシルの文字をプリントし、板にあてがって位置を決めます。
          (2)文字部分を、カッターナイフでちまちまと切り抜いていきます。
          (3)マスキングをして、余分なところを覆い隠します。
          (4)年輪の雰囲気を損なわないよう、クリア系の缶スプレーをチョイスして吹きます。
          (5)完成!
          • Small dsc 0143
          • Small dsc 0144
          • Small dsc 0146
          • Small dsc 0148
          • Small dsc 0160 2
          • 組み立て

            0
            Thumb       4
            これまで作ってきた部品を組み立てていきます。

            部品
            ・スライス板 ・上部・下部用板
            ・支柱(丸棒8mm 約10cm)
            ・スペーサー ・電球

            行程
            (1)下部の板に電球をセットコードを通す。
            (2)支柱に、スライス板とスペーサーを交互に通していく。
            (3)上部・下部の板に差し込んで、完成!
            • Small march 24  2016 at 1133pm collage 1
            • Small dsc 0168
            • Small dsc 0170
            • Small dsc 0172
            • 課題

              0
              Thumb       4
              5mm厚にスライスした輪切りの板の反りが思った以上に強く、光や視線を遮ってしまう。
              (真横か、やや下気味からのぞきこまないとそれっぽく見えない...)

              修正を試みたものの、徐々にまた反りが戻ってきてしまう。
              レーザーでくり抜いた内部の穴が小さいものほど、反りが強いようにみえる。

              対策
              ・なるべく厚めにスライスすることで変形を抑えられないだろうか。
              ・修正をして平らになった状態で、ニスやオイルなどを塗り樹脂を浸透させて固めてみてはどうか。

              などなど、まだまだ試してみるべき余地はありそうです。

              Add Card Order

              References

                Usages

                  Convert State

                   to Annotation.

                  Select the numebr of the state to annotate.

                  OK
                  cancel
                  Loading

                  facebook

                  , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                  , data-width="400", data-order-by="reverse_time"