How to use "AP1212Y"

Created Date: 2015-04-18/ updated date: 2015-08-27
  • Medium 201209271428352697624
Owner & Collaborators
License
By
Summary
Woodpecker AP1212Yの使い方を説明します。
このドキュメントはハードウェアの使い方になります。データ製作は[How to use "Type3"]で説明をしています。
この機材はFablab Kitakagayaで使用できます。
(注)この機材は「人が死ねる機材」です(腕を切断するなど)。
安全第一で使用しましょう。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 使える材料

          0
          Thumb profile01
          • 木材
          • MDF
          • 発泡スチロール
          • 軽金属(アルミ、銅、真鍮)
          • ハードワックス
          • 基板
          • 発泡スチロール
          • ケミカルウッド
          • 樹脂
          • プラスチック
          • アクリル
           ※アルミ、プラスチックは柔らかいものに限る
          • 使ってはいけない材料

            0
            Thumb profile01
            • 固い金属(ステンレス、チタン、鉄etc…)
            • ガラス
            • CFRP
            • レンガ
            • セラミック
            • 金属の入った材料(釘の打たれている木材等)etc...
            • 電源を入れる

              0
              Thumb profile01Thumb img 2573 2
              コントロールパネル右側のロータリースイッチを時計まわりに回転し、電源を入れる
              画面には「waiting」と表示される

              「waiting」が消えたら原点設定を行う為に、[F1]を押す
              原点はワークテーブル左奥
              ※ブリッジ+スピンドルが移動するためワークテーブル上に物を置かないようにする

              • パラメータの設定をする

                0
                Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343Thumb neko
                [F1] PARA SETを押す
                [F2]SET UPを押すとPASS を要求される
                ※コントロールパネル裏に記載している

                PASS を入力し[F6]SAVEを押すとパラメータを変更できる
                XYボタンでパラメータを移動、数字で入力

                パラメータの目安(木材の場合)

                [FEED RATE]:1500〜2500mm/min
                [SMC SPEED]:9000〜12000rpm

                その後、[F6]SAVEで保存
                Small img 2829
                • データを機械に転送する

                  0
                  Thumb profile01Thumb coffee2Thumb 12003138
                  1. [F2]FILEを選択
                  2. [F2]USB FILESを選択
                  3. 読み込みデータをXYボタンを使って選択
                  4. [F3]ENTERで確定
                  5. 座標表示左下にファイル名が表示される
                  • 使用するUSBについて

                    0
                    Thumb img 6759
                    読み込み用のUSBメモリは北加賀屋で準備した物を使用する
                    USBメモリの中には転送するデータのみ入れる
                    ファイル名はできるだけ短く半角英数で入力する
                    USBのデータは使用後に消去する
                • 選択したデータをシミュレーションする

                  0
                  Thumb profile01Thumb 12003138Thumb img 2573 2Thumb 7182343
                  [F5]シミュレーションを押すとシミュレーションが始まる データ量が多い場合は描画されないので再度[F5]を押す 描画が終わればシミュレーションは終わり [F1]でメイン操作画面に戻る
                  Small img 2832
                  • 仮原点を設定する

                    0
                    Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                    速度ボタンを押した後に、XYボタンでXY座標を設定する
                    仮の原点は左側手前の任意の位置とする

                    仮原点の目安
                    X:+10 〜 +50
                    Y:-1190 〜 -1150
                    Z:-40 〜 -30

                    設定
                    XY原点設定ボタン(緑色)を押す
                    Z原点設定ボタン(緑色)を押す(ヘッダーが退避位置に動く)
                    Small img 2837
                    • 試験運転をする

                      0
                      Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                      スタートボタン(青い▶)を押す
                      機材が動くので、人はワークスペース上から離れること
                      非常停止ボタンをいつでも押せる状態で待機する

                      試運転中の確認事項
                      • エラーメッセージが出ていないか確認
                      • データ通りに動いているかを目視確認(ワークサイズなど)

                      一通り動きを確認したら停止ボタンを押して止める
                      Small img 2847
                      • 材料を固定する

                        0
                        Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                        非常停止ボタンを時計回りにひねり解除する
                        [F1]を押しブリッジをホームに動かし、材料を置くスペースを作る

                        材料種類やサイズに合わせて、固定方法を選ぶ

                        固定方法
                        1. ネジ
                        2. 両面テープ
                        3. クランプバー

                        ※底面の最大長さが、高さを超えるものは十分に固定できないため工夫しなければならない

                        Small img 2862
                        • 【固定方法1】ネジで固定する

                          0
                          Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343Thumb img 6759
                          ネジで直接材料を固定する
                          材料外周のできるだけ外側に、約300mmのピッチで打つ
                          ミルが通らない場所であれば、材料の内側にも打つとより安定する

                          材料:木材・MDF・発泡スチロール(大きなもの、ワッシャーを使用する)

                          した穴を開ければ、
                          材料:軽金属・プラスチック・ハードワックス
                          も、固定可能
                          Small img 2863
                          • 【固定方法2】両面テープで固定する

                            0
                            Thumb profile01Thumb coffee2Thumb 12003138Thumb img 6759
                            両面テープを材料の裏面に貼り固定する
                            貼り付ける際にテープ同士が重ならないようにする
                            材料を剥がすときには、スクレイパーリムーバーを利用すると便利

                            材料:基板・発泡スチロール・ケミカルウッド
                            • コレットを準備する

                              0
                              Thumb profile01Thumb 7182343Thumb 12003138Thumb img 6759
                              コレットナットを取り外す
                              (スパナは21mm(上)30mm(下)を使用)

                              北加賀屋には4種類のコレットがある
                              2-3mm、5-6mm、7-8mm、9-10mm
                              Small collet
                              • ミルを取り付けるために非常停止する

                                0
                                Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                                ミル取り付けのために、ブリッジを手前側に移動させて、ヘッドをz軸(高さ)を最大にする
                                安全のために非常停止ボタンを押す
                                (注)非常停止ボタンを押している時に、座標を動かすボタンを押すと原点が変わってしまうので、押さないようにする
                                Small img 2886
                                • 【固定方法3】クランプバーで固定する

                                  0
                                  Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343Thumb img 6759
                                  クランプバーを使い固定する
                                  ワーク高さは20mm以内
                                  それ以上の高さ材料を固定する場合は、ブロックを支点側に挟む
                                  Small img 2866
                                  • エンドミルを取り付ける①

                                    0
                                    Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                                    エンドミルの取り付けの際に材料の厚み以上に刃を出す必要がある

                                    • コレットの外に出す刃の長さ
                                    材料の厚みが刃の長さよりも短い場合:刃全体+3mm程度
                                    材料の厚みが刃の長さよりも長い場合:材料の厚み+5mm程度
                                    *シャンクよりも刃径が小さい場合はこの通りではない。
                                    Small img 2851
                                    • エンドミルの取り付け②

                                      0
                                      Thumb profile01Thumb 7182343
                                      • コレットの中に入るエンドミルの長さ
                                      20mm以上にする
                                      それ以下になる場合は把握力が著しく落ちるため使用しない。
                                      Small img 2850
                                      • コレットを取り付ける

                                        0
                                        Thumb 12003138Thumb 7182343
                                        コレットを取り付け、コレットナットをはめ、スパナで固めに締める。
                                        • Small 1234
                                        • Small img 2860
                                        • 初期設定中の注意

                                          0
                                          Thumb profile01Thumb 12003138
                                          原点設定後にジョグ(手動)モードでブリッジを移動をする場合、限界値を越えると脱調してしまい動かなくなることがある

                                          ジョグ(手動)モードで脱調した場合は、手動でブリッジを戻す必要がある
                                          ブリッジを戻す作業は、電源を落としてやること

                                          • 原点を設定する

                                            0
                                            Thumb profile01Thumb 12003138
                                            原点設定は一番大切な工程!
                                            [F6]ORIGIN を押すと仮原点に戻る
                                            • XY原点を設定

                                              0
                                              Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                                              ジョグ(手動)モードで原点を設定したい位置にヘッダーを持っていく
                                              原点設定ボタンを押して原点を設定する
                                              リモコンを使うと目で見ながら動かせる


                                              Small img 2838
                                              • Z原点を設定する

                                                0
                                                Thumb profile01Thumb coffee2Thumb 12003138Thumb 7182343
                                                スピンドル回転ボタンを押す
                                                ※主軸が回転する! 危険なので防護メガネをつけること!

                                                Zボタンでミルを材料に近づける
                                                ぎりぎりまで近づけたら微速にして、ミルが材料に接して音が変わったところでZの原点設定ボタンを押す(ミルが自動に上に退避する)

                                                スピンドル回転ボタンを押し、回転を止める
                                                Small img 2873
                                                • 集塵機をつける

                                                  0
                                                  Thumb 12003138Thumb 7182343
                                                  非常停止ボタンを押す

                                                  スピンドル部分に、集塵機用のアタッチメントをつけ、強いクリップで止める

                                                  天井から吊るされたロープに集塵機のホースを通す
                                                  アタッチメントに集塵機の口を差し込む
                                                  集塵機の電源を入れる

                                                  非常停止ボタンを解除する
                                                  • Small 12345
                                                  • Small img 2879
                                                  • 加工を開始する

                                                    0
                                                    Thumb profile01Thumb 12003138Thumb 7182343
                                                    (注)防護メガネを着用のこと!
                                                    スタートボタンを押す

                                                    最初は非常停止ボタンを押せる位置で待機する
                                                    (ミルが折れて飛ぶ可能性があるので注意する)

                                                    しばらく動きを見て問題がなさそうであればその場を離れても構わないが、起動音が聞こえる範囲に居るようにする
                                                    音に変化を感じたら問題がないか確認する
                                                    Small 123
                                                    • 材料を外す

                                                      0
                                                      Thumb 12003138Thumb 7182343
                                                      停止したのを確認したら、Z軸を一番上まであげる
                                                      集塵機をアタッチメントから外し、Y軸を材料が外せる場所まで奥に移動する

                                                      非常停止ボタンを押し、集塵機で材料の上の削りかすを掃除する
                                                      材料をワークスペースから外す





                                                      Small img 2881
                                                      • 片付けをする

                                                        0
                                                        Thumb 12003138Thumb 7182343
                                                        非常停止ボタンを解除し、ブリッジを手前に持ってくる
                                                        再度非常停止ボタンを押し集塵機のアタッチメントを取り外しミルを外す
                                                        コレットは道具箱に戻し、コレットナットは本体に取り付ける

                                                        非常停止ボタンを解除しブリッジをHOMEに戻し電源を切る
                                                        集塵機でワークスペースを掃除をする

                                                        Small img 2882
                                                        • Tips:CNCの危険について

                                                          0
                                                          Thumb 12003138Thumb img 6759
                                                          エンドミルの取り付け時
                                                          • エンドミルの刃を触って怪我をすることがある(汚れは歯ブラシなどでとる)
                                                          • 手袋をしてエンドミルを触ると、回転時に巻き込まれることがある

                                                          加工物取り付け時
                                                          • 加工物を確実に取り付けないと、加工時に飛ぶことがある

                                                          CNC起動時
                                                          • 加工原点、特にZ軸の原点に注意する、行き過ぎるとCNC本体にまで貫通することがある
                                                          • 回転が確実に止まっていることを確認してみるに触るようにする。動いているかどうかわからない状態でミルに触って怪我をすることがある
                                                          • コレットはしっかり取り付ける。途中で緩むとミルが下がってしまい、本体までけずってしまう。もしくは、ミルが落ちて飛んでくる。

                                                          Add Card Order

                                                          References

                                                            Usages

                                                              Convert State

                                                               to Annotation.

                                                              Select the numebr of the state to annotate.

                                                              OK
                                                              cancel
                                                              Loading

                                                              facebook

                                                              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                                                              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"