"ScanNCut CM110"の使い方

Created Date: 2015-05-14/ updated date: 2015-05-18
  • Medium img 9949
Owner & Collaborators
License
By
Summary
Brother製のカッティングマシーン"ScanNCut CM110"の使い方を紹介。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 材料について

          0
          Thumb
          加工材料についての紹介
          • 加工できる材料

            0
            Thumb       Thumb fablogo d1 01
            • 画用紙
            • 薄いフェルト1.0mm~2.0mm
            • カッティングシール
            • 塩ビファイル
          • 加工できない材料

            0
            Thumb
            • 金属
            • 分厚い素材
          • 加工可能なサイズ

            0
            Thumb       Thumb fablogo d1 01
            • マット小(300mm×300mm)
            • マット大(300mm×600mm)
        • 使用できるデータについて

          0
          Thumb
          ・外部デジタルデータ:パソコンで作成した画像データ
          ・内部デジタルデータ:本体に保存されているカットデータ
          ・アナログデータ:写真や手書きしたもの
          • デジタルデータ

            0
            Thumb
            デジタルデータは、専用ソフトよりカットデータに変換する。
          • アナログデータ

            0
            Thumb
            アナログデータは、"ScanCut"本体でスキャンを行いデジタルデータ化する。
        • 本体の設定

          0
          Thumb
          • 電源を入れる

            0
            Thumb
            電源を入れる。
            加工中本体後方に材料が排出されるため、後方に十分なスペースを確保する。
          • スキャン、模様の選択

            0
            Thumb
            スキャン:アナログデータをスキャンし、デジタルデータに変換する
            模様:カットを行う
          • データの選択

            0
            Thumb
            カットデータを選択し、「ok」を選択する。
          • 場所の設定

            0
            Thumb
            画面上のグリッドと、カッティングマットのグリッドを確認し
            • カットする場所
            • カットするサイズ
            を設定する。

        • 材料の準備

          0
          Thumb

          • 準備するもの

            0
            Thumb
            • カットしたい材料
            • カッティングマット
            • マスキングテープ
            • 弱粘着スプレーのり
            Small img 9951
          • 材料の貼付ける

            0
            Thumb
            カッティングマットの原点に合わせ、材料を貼付け、マスキングテープで固定する。
            ※薄い材料の場合、弱粘性のスプレーのりを軽めに拭く。
            Small img 9952
        • 加工する

          0
          Thumb
          • カッティングマットの挿入

            0
            Thumb
            カッティングマシーンと水平になるように、カッティングマットをあて、挿入ボタンを押す。
            挿入後、挿入口とカッティングマットが水平かどうかを確認する。
          • 試し切り

            0
            Thumb
            カッティングが正常に行われるかどうか、材料の必要ない場所で試し切りを行う。
            正常に切れない場合は、ヘッドのネジを回し、刃の長さの数値を調節する。
            Small img 9953
          • カットする

            0
            Thumb
            カットデータを選択後、緑色に点滅を確認後「▶︎」を押す。
        • メンテナンスを行う

          0
          Thumb

          • ヘッドの掃除

            0
            Thumb
            ヘッドを取り外し、ヘッド部分を開ける。
            柔らかい布などで、汚れを軽く拭き取る。
            Small img 9954
          • カッティングマットの掃除

            0
            Thumb
            カッティングマットに付着したゴミを綺麗に取り除く。
        Add Card Order

        References

          Usages

            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"