Happy Phone Holder for Fab 3d contest 2017

Created Date: 2017-09-15/ updated date: 2017-10-17
  • Medium titleorange
Owner & Collaborators
License
By
Summary
MakeHuman v1.1.0
Blender 2.78c
Fusion360 2.0.3470
Simplify3D 4.0.0
Qidi-tech X-One

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 幸せになれるスマホホルダー

          0
          Thumb kaodeka
          通勤中、バスや電車で毎日スマホを触っているので、
          スマホを保持することに楽しみ・喜びが感じられるようなものが作れればいいなと思っています。

          • 実際手がしんどい

            0
            Thumb kaodeka
            幸せというよりも、電車やバスの中で顔の近くにスマホを持ち上げたままの状態は、手がしんどい。
            手をフリーにしたままスマホを顔の近くに置いておければ、とっても幸せになれると思います。
          • 理想的なものがすでに商品化されている

            0
            Thumb kaodeka
            数年前から、ハーモニカホルダー的なものを改造すれば作れるのでは?と考えていたけど、
            2年前に商品化されてしまった。これを見つけたときはかなり悔しかった。

          • 見た目も大事

            0
            Thumb kaodeka
            どちらのホルダーも機能は満たしているけど、
            見た目にもっと優しさが欲しいので、
            ぬくもりが感じられるホルダーをつくることにします。

        • 人の温かみを感じるスマホホルダーをつくる

          0
          Thumb kaodeka
          • 腕をホルダーの部品として使う

            0
            Thumb kaodeka
            当初、DAZ3Dのモデルから腕データを持ってきて使おうとしていたけど、
            ライセンスによると3Dプリントしてもいいけど商用はNGとのこと。
            コンテスト応募は商用ではないと思うけど、
            スッキリしてなかったのと、師匠のおすすめもあって、
            MakeHumanで腕モデルを準備することにした。
            Small wirearm
          • MakeHumanでそれっぽい人間データをつくる

            0
            Thumb kaodeka
            今回必要なのは腕だけなので体型は適当。
            MakeHumanだけではポーズを編集できないので、mhx2のエクスポートプラグインを追加して、Boneをいれた人体データをmhx2形式でエクスポート。
            Small makehuman1
        • 人体データをもとにポーズを付ける

          0
          Thumb kaodeka
          mhx2データをBlenderで読み込んでポーズ編集する
          • Blenderにmhx2読み込みプラグインを追加

            0
            Thumb kaodeka
            MakeHumanで作ったデータがBone付きで読み込めた。

            Small blender2
          • ポーズを付ける

            0
            Thumb kaodeka
            腕を曲げてそれっぽいポーズをつける。
            指を細かく曲げるのが面倒だった。
            Small blender3
          • 腕だけ切り取り

            0
            Thumb kaodeka
            MakeHumanでエクスポートするときにfabble投稿を意識して服を着せていたため、
            Tシャツから出ている部分までしかデータがなかった。
            Small blender1
          • スマホホルダーをつける部分を作成

            0
            Thumb kaodeka
            腕は、利用者の首に抱きつく感じで、腕の付け根側にスマホホルダーを取り付けるための台を作った。
            Small blender4
        • 台の部分をブラッシュアップ

          0
          Thumb kaodeka
          平面の板だとちょっと顔に近すぎる気がしたのと、
          勉強中のFusion360を使いたいので、
          BlenderからFusion360に移動。
          Small fusion1
          • 曲線で優しさを演出

            0
            Thumb kaodeka
            スマホホルダー台を、平面の板から丸みのある半円の台に変更。
            Small fusion2
          • 完成予想図

            0
            Thumb kaodeka
            こんな感じでスマホホルダーを乗せる予定。
            Small fusion3
          • 台の厚みを調整

            0
            Thumb kaodeka
            台の厚みを腕の太さと同じぐらいにしてたけど、
            ちょっと厚すぎて印刷が大変な気がしてきたので厚みをへらした。
            Small fusion4
        • MeshMixerで最終調整と分割

          0
          Thumb kaodeka
          最後にMeshMixerに移動して、
          角ばったところを丸く調整。
          (小代さん、色々ご指導いただきありがとうございました)

          Small mm1
          • そして印刷へ

            0
            Thumb kaodeka
            今回の作品は、人間の腕の大きさを再現するところがポイントだと思っている。
            ただ、うちのプリンタQidiTech X-Oneの最大印刷サイズは縦横高さ15cmなので、分割して印刷しないといけない。
            8個のピボットを縦横高さ15cmの立方体型に配置して、8個まとめて移動、複製しながら、効率よく分割できる場所を探していった。
            Small mm2
          • ここに決めた

            0
            Thumb kaodeka
            かなり大きいので印刷時間が大変なことになるはず。
            あとで説明するとおり、カット面を開いたまま印刷できるように、
            できるだけ同じ角度でカット、カット、カット。

            Small mm3
          • 16分割

            0
            Thumb kaodeka
            家で印刷可能な時間が1時間単位なので、
            16分割でも大きすぎて、このあとさらに細分化しました。
            最終的には30分割ぐらい?
            Small mm4
        • 分割印刷は余計に時間がかかるのでは・・・

          0
          Thumb kaodeka
          今回の作品はプリンタの最大印刷サイズを超えてしまうので、分割して印刷しないといけない。
          分割していて気づいたことだけど、実は分割数が一つ増えると面が二つ増える。(あたりまえ)
          Small menfue
          • 今回の作品の場合

            0
            Thumb kaodeka
            とくに今回は腕やスマホ台の部分が一方向に長いため、
            ダルマ落としや大根の輪切りのような形でスパスパ切るので、
            接着すると見えなくなる面をたくさん印刷することになってしまう。
          • 師匠に相談

            0
            Thumb kaodeka
            切断した面(印刷後接着する面)を開口のままにできれば、
            分割しても印刷時間が延びないはず!と考えて、
            GooDay Fab Daimyoの3Dプリンタ部の集まりで、
            3Dプリンタの師匠である小代さんに相談したところ、
            スライサーの設定で、上面と底部のソリッドレイヤーの厚さを0にすればいいと教えてもらった。

          • うまくいった

            0
            Thumb kaodeka
            上部と底面のソリッドレイヤーを0に設定して、
            切断面がプリントベッドと平行になるようにオブジェクトを配置すると、
            狙ったとおり切断面が開口状態でスライスできた。

            角度を変えて実験したところ、切断面がベッドと平行じゃないときは、
            外壁として認識されるので開口にならない。
            逆に、オブジェクトに切断面以外の平面がある場合、
            その平面がベッドと平行になっていると、そこが開口になってしまった。

            スライサーによって違いがあるかもしれないけれど、
            今回のコンテスト用に思い切って買ったSimplify3Dでは、
            開口状態での印刷が実現できることがわかった。
            Small ezgif 5 8433c91201
        • 印刷開始

          0
          Thumb kaodeka
          コンテスト締め切りまでにどこまで印刷できるか。
          片側印刷終われば一応ホルダーとして使える・・・はず。
          • 0
            Thumb kaodeka
            予定通り、上面と底部レイヤーなしで印刷。平面を減らすと印刷時間をかなり短縮できる。
            Small print1
          • 右腕の一部

            0
            Thumb kaodeka
            上面と底部なし。スカスカ。
            はたして、うまく接着できるのか。
            Small print2
          • 6時間でここまで

            0
            Thumb kaodeka
            平日の印刷時間はがんばって3時間ぐらい。
            週末どれぐらい進められるか。
            Small print3
          • ちょっと大きすぎたかもしれない

            0
            Thumb kaodeka
            ちょっと小柄な感じをイメージしていたのに、
            自分の手よりも大きくなってしまった。
            Small print4
        • ピンチ! - 印刷が間に合わないかも

          0
          Thumb kaodeka
          現在の印刷状況。

          左半分の印刷予想時間合計18時間。
          そのうち10パーツ、10時間57分が印刷済みで、残り7時間分。

          右半分はまったく印刷してないので残り18時間。

          左右合わせて残り25時間。
          これはちょっと何か対策を考えないとまずい。
          • 思ったよりゴツかったので

            0
            Thumb kaodeka
            印刷時間短縮のためスマホホルダーを置く部分をスリム化。
            一部分だけ印刷してみたところ思ったよりゴツかったので、
            これぐらいスリムでも十分いけると判断した。
            Small mm2 1
          • ひょろひょろになった

            0
            Thumb kaodeka
            スマホホルダーを置くところがスッキリ スリムになって、
            印刷時間が5時間分ぐらい短縮できた。

            今回のコンテストをきっかけに師匠から色々と教わって、
            MeshMixerの使い方を覚えることができたのは大収穫。

            置台部分をすっぱり切り取って、
            プリミティブに付け替えてもよかったけど、
            せっかくなのでスカルプトの練習がてら、
            コネコネして変形してみた。
            かなり手捏ね感がある。
            印刷したらどんな感じになるかな。
            Small mm2 2
        • 印刷三昧

          0
          Thumb kaodeka
          左半分の印刷が終わって、右半分の印刷開始。
          手首の傷を隠してるみたいなテープは、
          仮止め用のマスキングテープ

          Small line 1507969947437
          • 印刷のパラメータなど

            0
            Thumb kaodeka
            • スライサー:コンテスト用に買ったSimplify3Dを使っている。
            • 印刷速度:Simpilfy3DでX-OneのFastモードを選択。
            • 積層ピッチ:Fastモードでは0.3mm。
            • 基本速度:3000mm/分(500mm/秒)
            • レイヤー:上面と底部のソリッドレイヤーを0に設定した。
            • インフィル:5%
            • サポート:あり。角度はなんとなく38度。このあたりはもっとチューニング必要。
            • ラフト:なし。ラフトをつけるとかなり時間が延びるのでベッドに直印刷。
            • 温度:フィラメントは200度(1層目210度)、ベッドは40度。
        • ついに完成!

          0
          Thumb kaodeka
          印刷時間合計30時間。
          Small dscf5301
          • 後ろから見た様子

            0
            Thumb kaodeka
            最初の狙い通り首に抱きつかれている風。温かみを感じる。
            首を絞められているのではない。
            Small cover
          • 斜めから

            0
            Thumb kaodeka
            手ぶらで気軽にスワイプ。
            Small dsc 2928
          • 正面

            0
            Thumb kaodeka
            YouTubeが手ぶらで見られる!
            Small dsc 2906
          • 雨降りでも

            0
            Thumb kaodeka
            片手で傘をさしつつ、もう片方の手でポケモンGo!
            人差し指でしっかりモンスターボールを投げられるのがGood!
            Small dsc 2958
          • 一つ目の"笑"ゲットだぜ!

            0
            Thumb kaodeka
            この写真の左端、見えるでしょうか。
            福岡空港からきた電車に乗っていた外国の方が、
            この素敵なスマホホルダーを見て、ニッコリ。

            こちらもカメラマンがニッコリをお返ししたら、
            スマホを取り出して記念撮影?されてました。
            Small dsc 2946
        • 改善

          0
          Thumb kaodeka
          通勤中に使うことを想定して、地下鉄の駅で写真撮影しながら使ってみたけど、
          いくつか具合の悪いところがあったので、帰宅後、早速改善。
          • つなぎ目

            0
            Thumb kaodeka
            左右分割式にしたほうが持ち運びやすいかと思って、
            左右を透明テープで貼り付ける方式で使ってみたけど、
            素材(PLA)とテープの相性が悪く、
            しっかり貼り付かなくて
            撮影中に何度も外れて大変だった。

            つなげた状態でもIKEAのでかい袋
            持ち運べそうだったので一体型にすることに。
            スマホ台部分を細くした代償か、
            指先部分がたわんで開き気味になるのでこちらも接着。
            プリント中に大量に排出されたサポート部分を
            絆創膏風に貼り付けてアクリルサンデーでくっつけました。
            Small dscf5304
          • スマホホルダーはヒンジにつけた

            0
            Thumb kaodeka
            撮影時は角度調整がやりやすいかと思って、
            スマホホルダー部分も透明テープで貼り付けていたけど、
            こちらも、しっかり固定できずにガクーとなりがちだったので、
            ヒンジ方式にトライ。
            こちらのヒンジを使わせてもらいました。
            Small dscf5303
        • 振り返り

          0
          Thumb kaodeka
          コンテストの存在を知ったのが、
          GoodayFabDaimyoの大名3Dプリンター部に初めて参加した8月23日。
          そこでコンテスト参加する気持ちになってから、
          悩みに悩んで、応募のネタが決まったのが9月末くらい。

          Small sizecheck
          • 応募ネタが決まったのでプリンター買い替え

            0
            Thumb kaodeka
            2年前にAliexpressで買ったデルタ型がかなり不調で、
            修理しながら使っていたけど思い切って新しいのを導入!
            大量のプリントも調子よくこなしてくれました。
            (一度だけノズル詰まりしたけど。)
            Small xone
          • 印刷時間確保が大変だった

            0
            Thumb kaodeka
            今まで書いてきたとおり、
            印刷時間が短くなるようにがんばって工夫したけど
            それでもやはりプリント時間が長い・・・

            朝起きて、会社に行くまでの1時間と帰宅してから2時間ぐらい。
            最後の土曜日は一日中、印刷しつづけました。

            ひさしぶりにRecoloを使ってみたけど、
            3Dプリンタは被写体に向いてるかも。
          • いい経験でした

            0
            Thumb kaodeka
            大名3Dプリンター部の皆さんには大変お世話になりました。

            これだけ大きなものを印刷したのは初めてで、
            いい感じのデータをつくったり、分割したりする方法を教わり、
            大変助かりました。
            学びの場を準備してくれている
            顧問やマネージャーにも感謝しています。
          • いよいよ応募する

            0
            Thumb kaodeka
            FAB3DCONTESTの審査員に
            普段よく読んでるデイリーポータルZの林さんがいるのを知って
            ちょっと気持ちが盛り上がってしまい、
            Fabbleのプロフィール写真を先月買った顔がでかくなる箱の写真に変えた。

            この駄々長いFabbleページを読んでもらえるのか心配しつつ、今から応募します。
            Small kaodeka
        Add Card Order

        References

          Usages

            Convert State

             to Annotation.

            Select the numebr of the state to annotate.

            OK
            cancel
            Loading

            facebook

            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"