FLK_tutorial_of"VinylCutter(craftRoboPro)"

Created Date: 2017-03-21/ updated date: 2017-04-16
    • Medium img 2200
    Owner & Collaborators
    License
    By
    Summary

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • カッティングマシンとは

            0
            カッティングプロッターとも呼ぶ.

            このページ最後にあるような,ステッカーや紙を切り抜いた飾り台紙,ペーパークラフトなどを作ることができる.ステッカーを作るときはカッティングシートを使い,台紙を残してシール部分だけをカッティングマシンで切れ目を入れる.

            カッティングプロッターのサイズは様々であるが,家庭用の小型のものだと3万円代からある.しかし,刃先は消耗品で割りと値段が高い(1本3000円くらい).
            Small small junai
            • カッティングマシンの使い方の流れ

              0
              カットするデータを作る. (Illustrator,inkscapeなど)
               ↓
              マシンのメーカーが出しているソフトで加工条件を設定する
              (Graphic Stadio)
               ↓
              加工条件をカッティングマシンに送信する. (Graphic Stadio)
               ↓
              先に刃物が付いているペンと,紙の位置がモータで動かき,用意したデータの通りに切ることができる

          • マシンスペック・材料・読み込み可能データ

            0
            Thumb profile01
            フィルム:厚み0.25 mm以下の塩ビ など
            紙:ケント,画用紙,葉書 など

            詳しくは公式サイトを参照のこと

            ※ 加工できない材料:金属など固い材料,厚い材料.
            ※ 紙をカットする場合は,台紙に貼る作業が必要.厚紙などにスプレーのり(55)を吹き、素材の紙を貼る。
            ※ ロール状のビニルをカットする場合,付属のロールを載せる台を本体背面に取り付けておく。
            Small dsc 0256
            • データの準備

              0
              dxf,epsなどの2次元データを準備する.

              データはIllustrator やInkscape,他の人が作ったものをダウンロードするなどして準備する.

              以下のサイトの下のほう「インポート対応フォーマット」に読み込めるデータ形式が載っている

              ※Illustratorはdxf出力がおすすめ(epsで化けたことあり)
              Small           2016 04 29 14.55.26
          • 課題:ネームプレートステッカーを作成する

            0
            Thumb profile01
            1. 母材のサイズは縦91mm x 横55mm程度、縦位置とする
            2. 横幅の中心線上、上辺から10mm程度の位置に6mmの穴を開ける
            3. カットする図形はカッティングシートを利用する
            4. 枠線と穴は3mm程度の線で縁取る
            5. 名前をアルファベットで配置する
            6. 母材は3mm以下で、厚紙など後で穴あけできるものを使う(切り出し穴あけ加工ができれば素材はなんでも良い)
            7. 転写シートを使い母材に貼り付ける
            こだわりたい人は
            • プリントシートを使いトンボを利用したカットを行う
            • 複数色のシートを使用
            • 2Dデータの作成

              0
              Thumb profile01
              カッティングマシン craftrobo Pro(CE5000-40-CRP)の一通りの使い方を説明していきます.

              1.材料について
              2.データの準備
              • 図形の作成

                0
                Thumb profile01
                ネームカードのアウトラインとなる図形を作成します。
              • 図形の配置と修正

                0
                Thumb profile01
                テキストを配置し、適切な大きさにする。
              • テキストの配置とアウトライン化

                0
                Thumb profile01
                テキストを配置します。
              • データのエクスポート

                0
                Thumb profile01Thumb
                データを書き出し保存する

                拡張子は.eps をオススメ
            • 本体の設定

              0
              Thumb profile01
              本体設定の流れ

              1.刃先の確認
              2.電源を入れる
              3.用紙のセット
              4.用紙幅設定
              • カッターの刃先を確認

                0
                Thumb profile01
                刃は青い部分を回すことで出し入れできるので刃先の見える部分と紙厚が同じになるよう調整する。

                ※刃先の交換が必要な場合は,本体の黒いネジを回して刃先を取り外す。刃先で怪我をしないように注意
                Small img 2201
              • カッターを本体にセット

                0
                Thumb profile01
                写真の通り,本体にカッターを戻す。

                一番奥まで入っていることを確認すること。
                帽子のツバのようになっている部分が挟み込まれている状態が正解です.
              • 本体の電源を入れる

                0
                Thumb profile01
                本体電源を入れます。
              • 材料のセット

                0
                Thumb profile01
                ・本体左側にある電源スイッチを入れます.

                ・背面右側にあるレバーを倒し、紙を抑えるローラーを上げる
                ・紙の大きさに合わせローラーの位置を手で動かして調整する.このとき,ローラーの位置は,下側の軸のギザギザ面(青い印のところ)の範囲内にする
                ・用紙を手前の凸ラインを参考にまっすぐセットしたらレバーを戻す


              • 材料のセット

                0
                Thumb profile01
                上面からの動画
              • 材料サイズの読み込み

                0
                Thumb profile01
                本体右側の操作パネルのPOSITIONボタン上下で用紙の選択を行う。「シート」を選択。
                (ロール状になった材料を使う場合は「ロール」を選択)

                【注意!次の手順で動きます】

                用紙の選択をしたら,ENTERを押す.
                すると,紙の端 が自動で検出され、原点が設定される。

                また下のPOSITIONボタンの矢印で用紙とヘッドを移動させて「ORIGIN」ボタンを押すことで、原点位置を調整することもできる。

              • 材料のセット

                0
                Thumb profile01
                側面からの動画
            • Graphtec Studioの出力設定

              0
              Thumb profile01
              Graphtec Studioの出力設定 の流れ

              1.データの読み込み
              2.データの配置
              3.速度・カット圧の設定
              • データの読み込み

                0
                Thumb profile01Thumb
                ※ Fablab北加賀屋のパソコンを利用する場合は「Only for Vinyl plotter」と書かれているPC(dynabook)を使用する。

                クラフトロボ本体とPCをUSB接続し、専用の出力ソフト「Graphtec Studio」をデスクトップから起動する。
                「ファイル」>「挿入」または、左側のレイアウト部に対応する画像ファイルをドラッグ&ドロップするとデータを読み込んで表示される。
              • データのサイズ確認と位置調整

                0
                Thumb profile01
                カット原点を設定するため、画面右上アイコンから「カッティングプロッターウインドウ」モードへ切り替える。
                この時、直前の「デザインページウインドウ」から原点が移動するため注意すること。
              • 図形のサイズを調整する

                0
                Thumb profile01
                GRAPHTECスタジオの中で、画像サイズを調整することもできます。
              • 出力パラメーターの設定

                0
                Thumb profile01
                材質の厚みなどに合わせ、速度・カット圧を設定する。
                     速度:図形が複雑な場合には遅い方が綺麗に切れる
                  カット圧:筆圧に相当。適正値は後述のカット圧テストで見つけると良い。

                その他のパラメータも必要に応じて調整する。

                次の工程でテスト出力するので,速度とカット圧は小さめの値を入れておく.強すぎると刃先が傷んで寿命が縮む,刃先が折れる,カッティングマシンが傷つく等の可能性がある.


              • 図形のサイズ調整

                0
                Thumb profile01
                続きの動画
              • プロッタモードへの移行

                0
                Thumb profile01
                同ソフト内で出力用の設定をするために、プロッタモードに移行します。
            • 出力(カットする)

              0
              出力する流れの確認

              【テスト出力】で試し切り


              うまく切れなければカット圧などパラメータを調整


              【本出力】
              • テスト出力

                0
                Thumb profile01
                本出力前に、正しくカットできるかどうか確認する機能がある。
                テスト用の素材をセットし、ソフト右側のパネルから「カットテスト」と「カット圧テスト」を小さい数字に設定して実行する。

                成功すると四角の中に三角が書かれたマークがカットされる。用紙の剥がれ具合を見て、カット速度やカット圧を調節する。切れているが剥がれない時は,シールに傷が入っているだけで切れていないので,カット圧を大きくする.
              • 本出力

                0
                Thumb profile01
                本番用の素材をセットし、原点位置がずれている場合は設定し直す。
                「カットジョブを送信」をクリックして、カットを開始する。

              • 材料の取り出し

                0
                Thumb profile01
                出力後材料を取り出します。
            • 出力後の処理

              0
              Thumb profile01
              シートをカットしたのちに、母材に貼り付けます。
              • 余分な部分をはがす

                0
                Thumb profile01
                カットしたシートの余分な部分を取り除きます。
              • 転写シートに貼り付ける

                0
                Thumb profile01
                カットしたパーツの位置をずらさないように転写シートに貼り付け、母材に貼り付ける準備を行います。
              • 母材への貼り付け

                0
                Thumb profile01
                位置を決め貼り付けます。

              • 母材への貼り付け

                0
                Thumb profile01
                続きの動画
            • 終了動作とメンテナンス

              0
              Thumb profile01
              • 電源を切る

                0
                Thumb profile01
                電源を切ります。
              • クリーニング

                0
                Thumb profile01
                刃先に切り屑が詰まることがあるので、最後にチェックする。
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"