How to use Epilog Mini 24 (50W)

Created Date: 2016-07-21/ updated date: 2016-09-28
  • Medium 24459241003 d68e00e528 k
Owner & Collaborators
License
By nc
Summary
レーザーカッターEpilog Mini 24の使い方です。
FabLab Kyushu Univ.βの利用者を対象にしたドキュメントです。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • レーザーカッターについて

          0
          Thumb 1222802
          レーザーカッターは、2Dデジタルデータをもとに、カット、彫刻、マーキングのレーザー加工を行うことができるデジタル工作機械です。

          特徴
          - 正確な加工ができることが
          - 比較的短時間での加工が可能
          - 加工できる素材の種類が多い

          Epilog Mini 24はEpilog社のCO2レーザーカッターです。
          詳しくはこちら:
          https://www.epiloglaser.com/products/legend-laser-series.htm
          • 加工サイズについて

            0
            Thumb 1222802
            加工領域:609.6(X) × 304.8(Y) mm
            最大素材厚:140(Z) mm

            アクリル厚さ10mm、MDF厚さ10mmまでカット可能

          • 素材について

            0
            Thumb 1222802
            以下の素材は加工禁止
            ・ポリ塩化ビニル(PVC)
              >> 人体に有害かつ機器にも有害な、HCl(塩化水素)が発生します。詳しくは"No PVC Signboard"
            ・金属
            ・鏡面のもの
            ・ゴム類(レーザー用のものは加工可能)

            上記以外の素材であれば基本的に加工可能。

            販売元の加工可能素材リストもあります。

            特殊なものは、スタッフに相談。
          • データについて

            0
            Thumb 1222802
            .ai/.dxf/.svg などAdobe illustratorで読み込めるファイルを事前に準備する。
            illustrator, CoralDraw, Inkscapeなどのソフトウェアがよく利用される。

            写真データの彫刻の場合は画像データを準備する。
        • 基本ルール

          0
          Thumb 1222802
          ・加工中は機械から離れない。火災の危険性があるため。
          ・消火スプレーは常に手の届く場所に置いておく。
          ・加工前にエアコンプレッサーと集塵機を必ずつける。
          ・利用後は清掃をする。
          ・加工時のSpeedとPowerの設定、素材を記録用紙に記入する。
          • データ制作

            0
            Thumb 1222802
            ここではillustratorでデータを制作することを前提とする。


            • Illustratorのデータ作成条件

              0
              Thumb 1222802
              ・カラーモードをRGBに設定する。
              (CMYKになっている場合は、ファイル > ドキュメントのカラーモード > RGBカラー)

              ・カット部分は、線太さ0.01pt以下の線 (塗りの色は必ず「なし」にする)、線色はR:255, G:0, B:0に設定する

              ・彫刻部分は、塗りのみにする。色はR:255, G:0, B:0またはR:0, G:0, B:0

              ・すべてのオブジェクトが素材のサイズに収まるように配置する。

              ・CS4で保存する。

              ・ファイルの名前はアルファベットのみ(日本語不可)。 
          • PCの設定

            0
            Thumb 1222802

            • PCの立ち上げと接続

              0
              Thumb 1222802
              ・ロッカーからレーザーカッター用PC(Epilogというシールが貼ってあるもの)を取り出す。
              ・PCの電源をいれ、LANケーブルでPCとレーザーカッターを接続する。
              ・Illustratorを立ち上げる。
              ・USB等で事前につくったデータをPCに読み込ませる

              Small 24718429609 eb5878b9b5 k
            • プリントの基本設定

              0
              Thumb 1222802
              1. Illustratorで、ファイル > プリント でプリントウィンドウを開く。
              2. プリンターが「Epilog Engraver WinX64」になっていることを確認する。
              3. 用紙サイズが幅(W)609.6mm、高さ(H)304.8mmになっていることを確認する。
                ※ここでサイズが異なる場合は、IllustratorバージョンCS4で保存し、再度開くと直る。
              4. オプションの配置の位置が左上に設定されていることを確認する。

              Small            10
            • レーザーカッターの設定

              0
              Thumb 1222802
              1. プリントウィンドウ右下の「プリンター(U)...」ボタンを押し、出てきた印刷ウィンドウの「詳細設定(R)」ボタンを押し、印刷設定ウィンドウを開く。
              2. 「Raster Setting」は彫刻、「Vector Setting」はカットの設定である。それぞれのSpeedとPowerの値を設定する。
                ※スピード値が小さい程深く加工する、パワーが高い程深く加工する。
              3. 彫刻の場合は、「Resolution」(解像度)を適切な値に設定する。
                ※DPIの値が高いほど、解像度が高いが加工に時間がかかる。(通常300 DPI)
              4. 「OK」ボタンを押しウィンドウを閉じ、印刷ウィンドウで、「印刷(P)」を押しウィンドウを閉じる。

              Small
            • データをレーザーカッターに転送する

              0
              Thumb 1222802
              プリントウィンドウで「プリント」を押すと、データがレーザーカッターに転送される。
              レーザーカッターがデータを受け取ると、ファイル名が液晶に表示される。
              ※データが転送されない場合は、PCとレーザーカッターがLANケーブルでつながっているか確認する。

          • レーザーカッターの設定

            0
            Thumb 1222802

            • 本体の起動

              0
              Thumb 1222802
              本体向かって左にある電源スイッチをONにし、本体を起動させる。

              ※スイッチを押しても起動しない場合は、電源ケーブルが繋がっている電源ボックスのスイッチが入っているかどうか確認する。
              Small 24455445944 0bf7397afa k
            • 素材を設置する

              0
              Thumb 1222802
              素材は基本的に左上の角の寄せて設置する。
              素材を置くときに、ハニカム部を損傷しないよう優しく置く。
              Small 24790499690 1a7117fccf k
            • 焦点を合わせる

              2
              Thumb 1222802Thumb 6258669
              1. "Focus"ボタンを押す。レーザー発射口が少し手前に動く。
              2. 発射口の上部に焦点を合わせる金具を引っ掛ける。
              3. "▲"ボタンor"▼"ボタンで台を動かし、マテリアルと金具を近づける。
              4. 金具を外す。 
              注)この時、ちゃんと金具を一旦しまうこと。

              • Small 24790502390 30c7a2ec0a k
              • Small 24459260783 04a4010ece k
              • Small 24459263723 f4e73a5d5a k
              • Small 24718427339 f200ffceb4 k
            • XYを任意の場所に移動させる

              0
              Thumb 1222802Thumb 6258669
              1. "XY Off"ボタンを押す。
              2. 「XY Off? GO/STOP」と表示されるので"GO"ボタンを押す。
              3. 「XY Disabled」と表示される。
              4. 手動で原点位置を合わせる。
              5. "Set Home"ボタンを押し、合わせた位置に原点を再設定する。
              • Small 24967961532 0c8928af50 k
              • Small 24992795391 4a5f807179 k
              • Small 24992797951 9fe7919dcf k
              • Small 24459249083 4cef2959ff k
              • Small 25059773686 f5d2551c0d k
              • Small 24459246583 bc34af36bc k
          • エアコンプレッサーと集塵機をつける

            0
            Thumb 1222802Thumb 6258669
            • 加工の前に、必ず集塵機とエアコンプレッサーをONにする。
            • エアコンプレッサーをつけないと火災の危険性が増すため、必ず付いていることを確認する。
            • 集塵機とエアコンプレッサーがつくと音がなるため、音で付いているかどうかを判断するとよい。
            • 基本的に集塵機は付けたままにしておく
            • エアコンプレッサーは加工前に付け、加工後は消して良い。
            Small small 24992816121 937664cc5f k
            • 加工する

              0
              Thumb 1222802
              • 集塵機とコンプレッサーがついていることを確認し、"GO"ボタンを押すと加工が開始される。
              • 加工中に扉を開けると、レーザー出力が停止する(ヘッドは動き続ける)
              • 記録をする

                0
                Thumb 1222802
                • 加工後、レーザーカッター使用記録簿に加工時間、素材、Power、Speed、備考を記録する。
                Small fullsizerender  1
                • 掃除をする

                  0
                  Thumb 1222802
                  • アルコールとキムワイプをつかい、本体内部についてヤニなどの汚れを落とす。
                  Small 24455449244 8f8a1081d0 k
                  Add Card Order

                  References

                    Convert State

                     to Annotation.

                    Select the numebr of the state to annotate.

                    OK
                    cancel
                    Loading

                    facebook

                    , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                    , data-width="400", data-order-by="reverse_time"