SGH SUMMER CAMP 2018 授業レシピ

Created Date: 2018-08-09/ updated date: 2018-08-09
    Owner & Collaborators
    License
    By nc sa
    Summary
    Super Global High School 2018 : サマープログラム
    2016年より実施している、反転学習を取り入れた夏合宿形式の課題解決型の短期集中講座
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    今年のテーマ:暮らしの自由研究 「笑顔を誘う」 IoT x FAB
    構成:グループワーク (3名1組)
    期間:鎌倉セッション2日間 ※チームごとに制作
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    概要
    アイデアから試作制作を早い段階で何度も繰り返し行うことで、改善を重ねていくことで説得力のある提案を作りながら学んでいきます。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 当日楽しむための事前準備

            0
            2. 作品事例から学ぶ
            3. 当日やる内容を事前に把握しておくと安心 
            • ワークショップで使用するアイテム

              0
              個人への配布物
              □ ワークシート 
              □ アイデアスケッチシート

              1チームへの配布物
              □ MESH デザインパターンカード
              □ MESH 1セット
              □  iPad 1台  

              ※必要に応じて随時追加していきます
          • 自己紹介

            0
            自己紹介の時間でぜひ教えて欲しいこと : 1名1分

            ・自分の好きなこと
            ・夢中になってしまうこと
            ・特技を教えてください
            • つくりかたの未来 事例1 (制作者:中学3年生)

              0

            • つくりかたの未来 事例2 (制作者:中学3年生)

              0

          • アイデアをカタチにするプロセスを学ぶ

            0

            Small
            • 発想を柔軟にするアイテム その1

              0
              「ブレスト」とは、複数人でアイデアを出し合う会議手法のこと。カヤックの「ブレストカード」を使えば、カヤックのクリエイターたちと同じようなフローで、楽しみながらアイデアを出すことができます。ビジネスの現場での会議や発想の訓練にはもちろん、チームワークの向上や頭の体操にも有効です。 初めてブレストに挑戦する人もアイデアが出しやすく、ブレストが得意な人も、楽しみながらトレーニングできる設計となっています。
              面白法人カヤック ブレストカード より
              Small
            • 発想を伝えるトレーニング: アイデアスケッチ

              0
              アイデアスケッチとは?

              頭の中に思い浮かんだアイデアを、絵や文字などで短時間で紙などに書き留める手法。人に説明する時や、自分の頭の中を整理するのにとても有効です。今回、岐阜県大垣市にある「IAMAS(イアマス : 情報科学芸術大学院大学)」で開発されたアイデアスケッチの方法を学んでいきます。

              参考書籍:アイデアスケッチ - アイデアを<醸成>するためのワークショップ実践ガイド
              • Small idea sketch
              • Small idea sketch
            • アイデアを実装するアイテム:MESH

              0

              Small mesh
            • MESH とは?

              0
              7つのブロックで、思いついたアイデアをカタチにすることができるMESHというアイテムを使用していきます。


              MESHについて
            • MESH についての紹介動画

              0

            • MESHデザインパターンカード

              0
              MESHデザインパターンカードとは?

              テクノロジーとアイデアを直感的につなげ、慣れない方でも自由な発想を引き出すことをサポートするために作られたカードです。その場で集まった人でアイデアを出したり、共有するために作られました。このMESHデザインパターンカードは、情報科学芸術大学院大学 IAMAS の小林茂教授に監修していただきました。MESHのワークショップや授業を開催したい方なら誰でも使えるツールです。
              MESHデザインパターンカードについての詳細 
              ※カードデータのダウンロード / 印刷方法も記載
              Small
            • Fabbleにまとめる

              0
              Fabbleとは?
              Fabbleは、制作プロセスやストーリーと深く紐づいたモノづくり(FAB)プロジェクトのための、共有ウェブプラットフォームです。「Recipe(レシピ)」と「Memo(メモ)」という2つの相互補完的な形式で記述する形式が特徴です。

              Fabbleの使い方
              Small fabble
          • ワークシート1 : テーマの設定

            0
            今回のテーマ:暮らしの自由研究 

            生活の中でみんなが「笑顔」になるアイテムを開発してください


            ※注意:写真は「掃除」をテーマにしていますが、今回は異なるのでご注意ください。
            • Small              20180317       33
            • Small              20180317       34
            • ワークシート2 : 記入事例

              0
              マンダラートを用いて、アイデアの拡散と深掘りをしていきます。まずはじめに、真ん中にメインテーマを記入し、テーマから発想されるキーワードを記載していきます。全て異なるキーワードを記入してください。

              マンダラートとは(外部リンク)


              • Small              20180317       36
              • Small           20180313       50
              • ワークシート3 : 記入事例

                0
                メインテーマのワークシートで出たキーワードから1つ選び、なぜそのような状況になるかのキーワードを記載していきます。
                • Small              20180317       38
                • Small           20180313       52
                • ワークシート4 : 記入事例

                  0
                  さらに出たキーワードをワークシート3の中央に記載し、具体的なアイデアを出していきます。
                  • Small              20180317       40
                  • Small           20180313       54
                  • ワークシート5 :アイデアスケッチ

                    0
                    実際に出てきたアイデアをスケッチに落とし込んで見る。デザインパターンカードも使用して構いません。グループ内で、どのアイデアがいいかを選んで制作を開始します。
                    Small
                    • 役割分担を明確にする

                      0
                      限られた時間内で制作するためには、役割分担が必要です。少ない人数で行うので、役割を決めたとしてもチームメイトが困っていたら、臨機応変に自分の役割を超えて一緒に作業を進めてください。
                      Small              20180317       45
                      • 試作制作

                        0
                        色々なプロセスを経て、アイデアを形にしていきます。ワークシートで出てきたアイデアを写真や動画を撮影しておくと、後でまとめやすいです。常に制作プロセスの作業を記録することを心がけてください。
                        Small              20180317       66
                        • 知っておくと便利:MESHの基本的な操作方法

                          0

                      • プレゼンテーション準備

                        0
                        プレゼンテーション担当者は、文章や撮影した写真・動画を編集してFabbleにまとめます。
                        • Fabbleのページを作成

                          0
                          プレゼンテーションフォーマットページにアクセスして [Fork Project]から、自分たちのチームのページをつくります。


                          Small           2018 03 15   4.48.00
                        • プレゼンシート

                          0
                          プレゼン用のワークシート
                          Small
                      • 振り返り / アンケート

                        0
                        アンケートフォーム用意しておきます
                        Add Card Order

                        References

                          Usages

                            Convert State

                             to Annotation.

                            Select the numebr of the state to annotate.

                            OK
                            cancel
                            Loading

                            facebook

                            , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                            , data-width="400", data-order-by="reverse_time"