「新竹取物造」~竹を使った物づくり 2:【タケイレモノ】

Created Date: 2019-10-10/ updated date: 2019-10-22
Owner & Collaborators
License
Summary
放置竹林の問題に目を向け、竹を使ったものづくり第二弾!
竹の筒状を活かし、身近で便利な「タケイレモノ」を作る。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • かばんにメガネケースを入れて学校に行き、家に帰ると壊れていたことが…
          荷物の多い学生がかばんに入れても潰れないメガネケースを作ろう!
          丈夫な竹の筒ならば、きっと耐えてくれるはず。
          • 前回の竹蝋燭で使用した竹の使わなかった部分で制作をしていく。
            採寸をしたところ、内径約45.8ミリ、節の傾き具合が約4ミリ、高さが約162ミリあった。
            この寸法に合わせて3Dプリンターのデータを作成した。
            竹の節側に来るパーツには直径13ミリの溝を掘り、磁石を設置する。
            • ABSで出力し、接着剤で固定した。
              磁石を瞬間接着剤で固定して、竹内部のパーツは完成。
          • 竹になにか彫刻をしようと思い、メガネケースに合う模様を作成した。
            竹蝋燭のときと同じ数値で彫刻をした。
            一番下の模様がかなり小さいためうまく彫刻できるのか不安だったが、きれいに加工できていた。
            • 3Dプリンターに付ける、蓋になるパーツを作る。
              蓋にも眼鏡に合う模様をつけたい。
              木材はシナベニヤを使用してみた。


              • レーザーカッターで彫刻して、しばらくすると汚れがあることに気づいた。
                このまま使用するとすぐに汚れてしまうので、水性ウレタンニスでコーティングした。
                艶消しのものを使ったので、気の質感もあまり失っていない。

            • 作ったパーツを接着していく。
              ずれないように気を付けながら磁石と蓋を瞬間接着剤で固定。
              竹の中に入れてみて磁石の強さを確認したところ、少し強いと感じたため容器の外側にフェルトを貼った。
              • 容器に磁石を付けたので、節側に固定する。
                瞬間接着剤で固定した後、節の補強も含めてレジンを流し込み、硬化させた。
                • 磁石のおかげで勝手に蓋が開くこともないし、ひっくり返しても出てこない。
                  絶妙な磁石加減で、パチっと閉まる心地よさ。
                  何より、かばんに入れても潰れない!
                  • 自然素材の竹は、同じ1本の中でも部分によって太さや厚み、節の形などが違ってくる。
                    その微妙な違いにもピッタリ組み合わせて作ることができるのが3Dプリンターであり、竹との相性が良いと思った。
                    制作は大変だったが、面白く毎日が充実したものとなった。

                    これからも、もの造りに携わり、いろいろなものを制作していきたい。
                    Add Card Order

                    References

                      Usages

                        Project comments