CHIRIMEN Hello world

Created Date: 2015-07-24/ updated date: 2018-03-13
    • Medium chirimen 2
    Owner & Collaborators
    License
    By sa
    Summary
    CHIRIMENの基本的な取り扱い方を知り、Lチカするwebアプリを作る。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • CHIRIMENの起動・操作方法

            0
            • CHIRIMENの各端子の役割。
            • CHIRIMEN取り扱い時の注意点。
            • CHIRIMENを起動・操作する。
            • CHIRIMENの各端子の役割

              0
              CHIRIMENのインターフェースについて。
              Small
            • CHIRIMEN取り扱い時の注意点

              0
              • 濡れた手でCHIRIMENや電子部品を扱わない。
              • 電源投入の際は端子等の接続を確認し、ショートしていないか注意する。
              • 各端子は壊れやすいのでケーブルを抜き差しする際は丁寧に行う。
            • CHIRIMENを起動・操作する

              0
              • microHDMI端子をディスプレイと接続する。
              • CHIRIMENのフルUSBにマウスを接続する。
              • ACアダプタをAC電源に接続する。
              • CHIRIMEN上のLEDが点灯し、しばらく経つとFirefoxOSが起動する。
              • アプリ画面が表示されたら、マウスを使用して操作をしてみる。左クリックが選択、右クリックがホームボタンの役割となる。
          • 開発環境の設定

            0
            • Firefoxブラウザをインストールする。
            • Firefox WebIDEについて説明する。
            • ADBをインストールする。
            • Firefoxブラウザをインストールする

              0
              Firefoxブラウザをダウンロードしてインストールする。
              Small           2015 07 25 0.51.49
            • Firefox WebIDEについて

              0
              • Firefox WebIDEはFirefoxブラウザに標準搭載のWebアプリ開発環境。
              • Webアプリの開発、インストールが可能。
              • メニューから開発ツール->WebIDEで起動することが可能。
              Small
          • Webアプリの作り方

            0
            • WebIDE上でhello worldアプリを作る。
            • Hello worldアプリをCHIRIMENにインストールする。
            • WebIDE上でhello worldアプリを作る

              0
              • WebIDEの画面左上から新規アプリを選択する。
              • HelloWorldテンプレートを選択し、任意のプロジェクト名を入力してOKボタンを押す。
              • 任意のディレクトリを選択し、Hello Worldアプリを生成する。
              Small
            • Hello worldアプリをCHIRIMENにインストールする

              0
              • CHIRIMENを起動してOTGポートとPCを接続する。
              • Web IDE画面右上の「ランタイムを選択」からCHIRIMENを選択する。
              • WebIDEの「インストールして実行」ボタンを押してCHIRIMENにアプリをインストールする。
              • しばらくしてCHIRIMENを接続したディスプレイ上に「Hello World」と表示されればインストールが成功。
              Small
          • GPIOについて説明

            0
            • デジタル信号(0,1)の出力や入力を行うことができるインターフェース。
            • 出力に使うとLEDの点滅やリレーの制御を行うことができる。
            • 入力に使うとボタン入力などを行うことができる。
            GPIO - Wikipedia
            • LEDについて説明

              0
              • 極性(カソード(陰極)、アノード(陽極))を持っている。
              • カソード(陰極)に対しアノード(陽極)に正電圧を加えると発光する。
              • 流す電流値によって明るさが変わる。電流値は一緒に接続する抵抗値で制御することができる。
              発光ダイオード - Wikipedia
              • Lチカサンプルアプリの実行

                0
                • Lチカサンプルアプリの読み込み
                • Lチカ回路の配線
                • アプリ実行
                • Lチカサンプルアプリの読み込み

                  0
                  • Lチカサンプルアプリをダウンロードして、任意のディレクトリに展開する。
                  • Web IDE左上から「パッケージ型アプリを開く」からダウンロードしたLチカサンプルアプリを読み込む。
                  Small
                • Lチカ回路の配線

                  0
                  • 配線図に従ってLED、150ΩΩ抵抗を接続する。接続にはスルーホール用ジャンパ線を用いる
                  1. LEDのカソード側(短い方)をCHIRIMENのGNDに接続
                  2. LEDのアノード側(長い方)を抵抗を介してCHIRIMENのCN1-9に接続
                  Small
                • アプリ実行

                  0
                  • 配線が正しいことを確認し、CHIRIMENとPCを接続する。
                  • Lチカサンプルアプリをインストール、実行する。
                  • 正しく動作すればCHIRIMENに接続されたLEDが1秒毎に点滅する様子が確認できる。
              • プログラムの解説

                0
                • Index.htmlでライブラリの読み込みを行う。
                • GPIO端子の初期設定を行う。
                • GPIO初期化後の処理を記述する。
                • GPIO端子に対して値の書き込みを行う。
                • Index.htmlでライブラリの読み込みを行う

                  0
                  • WebアプリからGPIOを簡単に扱えるようにライブラリ(geckoGPIO.js)の読み込みを行う。
                  ライブラリの読み込み
                • GPIO端子の初期設定を行う

                  0
                  • GPIO端子の初期化を行う。
                  GPIO端子の初期化
                  • navigator.setGpioPort(<ピン番号>,<ピン入出力設定>)で初期化を行う。
                  • ピン番号はCHIRIMENのピンアサインを参照する。CN1-9は198を使用する。
                  • ピン入出力設定は“in”、“out”のどちらかを設定する。出力として使用する場合は“out”を設定する。
                • GPIO初期化後の処理を記述する

                  0
                  • GPIO初期化後の処理を記述する。
                  GPIO端子初期化後の処理
                  • navigator.setGpioPortの結果はPromise型で初期化されたGPIOポートオブジェクトが帰ってくる。
                  • そのため、navigator.setGpioPort(198,"out").then( port=>{ //初期化後の処理});のように記述する。
                  • 中括弧{}の中に初期化後の処理を記載する。
                • GPIO端子に対して値の書き込みを行う

                  0
                  • GPIO端子に対して1/0の値を書き込む処理を記述する。
                  GPIO端子への値の書き込み
                  • 中括弧の中では変数portに初期化されたGPIOポートオブジェクトが格納される。
                  • GPIOポートオブジェクトのWriteメソッドを使用してGPIO端子に値を書き込むことができる。port.write(value);で値を書き込むことができる。valueには1か0を指定することができる。
                  • v = v ? 0 : 1;はvが1(true)なら0を代入、0(false)なら1を代入する処理である。
              • LEDの点滅タイミングの変更

                0
                • LEDの点滅間隔を変更する。
                • ボタンのクリックでLEDの点灯を操作する。
                • LEDの点滅間隔を変更する

                  0
                  • setInterval関数のdelayの値を変更してLEDの点滅タイミングを変更する。
                  LED点滅タイミングの設定
                  • 1000と書かれた部分の数値を変更して、アプリをアップデートしてみる。
                  • LEDの点滅間隔が実際に変化している様子を確認する。
                • ボタンのクリックでLEDの点灯を操作する

                  0
                  • ボタンのクリックイベントでLEDが点灯するようにプログラムを変更してみる。
                  • index.htmlにボタンタグを追加する。
                  • main.jsにボタンタグのクリックイベントリスナーの処理を記載する。
                  • クリックイベント発生時にLEDが点灯、消灯を繰り返すように処理を記載する。
              Add Card Order

              References

                Usages

                  Convert State

                   to Annotation.

                  Select the numebr of the state to annotate.

                  OK
                  cancel
                  Loading

                  facebook

                  , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                  , data-width="400", data-order-by="reverse_time"