両てこ機構

Created Date: 2016-07-28/ updated date: 2018-03-13
  • Medium            4
Owner & Collaborators
License
By
Summary
Fusion360(3D CAD)を利用した両てこ機構の作り方を紹介します。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • State 1

          0
          Thumb 20695446
          上から30㎜、60㎜、80㎜、100㎜、厚さ2㎜の四つのリンク棒を作成する。色の付け方は上のコマンド「修正」から「外観」を選択。
          Small            9
          • State 2

            0
            Thumb 20695446
            リンク棒端から1㎜のところに半径1㎜の円を描き、抜き出す。
            Small            8
            • State 3

              0
              Thumb 20695446
              画面左側の「コンポーネント8:1」(黄色部分)を右クリックし固定を選択。
              Small            10
              • State 4

                0
                Thumb 20695446
                黄色リンク棒、緑色リンク棒のそれぞれ一つの円のくり抜き部分を選択し、上のコマンド「アセンブリ」の「ジョイント」を選択。図のように接合することが可能。
                上手く接合しない場合は、ジョイント部分を右クリックしジョイントに編集を選択し、タイプを「回転」にする。
                Small            11
                • State 5

                  0
                  Thumb 20695446
                  全てのジョイントが完成すると図のような四角形ができる。これで外観は完成。
                  Small            12
                  • State 6

                    0
                    Thumb 20695446
                    黄色リンク棒と緑リンク棒の間を「-101°」にした状態で「アセンブリ」から「モーションスタディ」を選択。
                    Small            18
                    • State 7

                      0
                      Thumb 20695446
                      黄色リンク棒と緑リンク棒の接合部分を選択し、ステップ100を選択。角度に「-161°」を打ち込み再生方法を写真のように選択すれば完成。
                      Small            19
                      Add Card Order

                      References

                        Usages

                          Convert State

                           to Annotation.

                          Select the numebr of the state to annotate.

                          OK
                          cancel
                          Loading

                          facebook

                          , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                          , data-width="400", data-order-by="reverse_time"