dud egg(Model Net)

Created Date: 2017-10-10/ updated date: 2017-11-25
  • Medium      2.001
Owner & Collaborators
License
By nc sa
Summary
ネット形状で卵を保持する,クッション性に優れたエッグドロップパッケージの製作をした。
FDM方式で出力可能なPLAとTPU樹脂を用いた外装とクッションにより成り立っている。間にネットを挟み込む手法として,一度出力したモデルに対してさらに3Dプリントを行った。 3Dプリンタを用いてネットを始めとする多くの形状の試作を行い,難度もの失敗を重ねた。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • とりあえず試作

          0
          Thumb dsc04849
          ロケットの形のモデルを製作し,1mぐらいから落下させて見たところ,卵は割れた。
          卵は割れるものなんだと思った。
          • Small img 9216
          • Small img 9217
          • ロケットにネットを追加したモデル

            0
            Thumb dsc04849
            ロケットの先端とネットにTPUを使い,外装をPLAで製作したモデル。
            Small img 9230
            • ネットの試作

              0
              Thumb dsc04849
              線の太さや厚さでネットの硬さをテスト
              Small img 9218
            • ネットで卵を挟み込む

              0
              Thumb dsc04849

              • Small img 9227
              • Small img 9220
          • 弾頭型

            0
            Thumb dsc04849

            Small img 9241
            • 接合部の噛み合わせテスト

              0
              Thumb dsc04849
              2パーツの組み合わせ部の設計を行った。
              回す時の引っ掛かりの爪の大きさの工夫や,2つを合わせた時に組み合わさりやすいように面取りをした。
              Small img 9214
            • 本体が壊れる

              0
              Thumb dsc04849
              正しく真下に落下せずに,斜めや横向で落下した際にはPLA部品の破損が見られた。
              壊れないように強く作るか外側に緩衝材をつける必要がある。
              • Small img 9239
              • Small img 9261
            • ネットが破ける

              0
              Thumb dsc04849
              正しく真下に落下した場合に全ての力がネットにかかり,簡単に破けてしまった。ネットの形の再考察をする必要がある。
              Small img 9249
            • ウイングも割れる

              0
              Thumb dsc04849
              一度落下させて跳ねた時にウイングが地面に当たると衝撃で簡単に破損した。
              ウイングをPLAじゃなくてTPUで作ることにより,落下毎の破損を防げると考える。
              • Small img 9252
              • Small img 9266
          • 最終形態製作

            0
            Thumb dsc04849

            • 接合

              0
              Thumb dsc04849
              パーツをはめ込み式で製作するとどうしても接合部の強度が低下してしまう。そこで別に作ったパーツをはめ込んだ後で蓋をするように3Dプリントすることで強度的な問題が解消される。実際に何度か落下実験をした際も接合部以外の場所で破損が見られた。
              • Small img 9215
              • Small img 9273
            • 組み付け

              0
              Thumb dsc04849
              PLAの外装にTPUの柔らかさを利用してウイングやクッションを組み付ける。取り付け取り外しが比較的容易で,接合部だけTPUで後から3Dプリントできるので様々なウイングの検証をしたりするのに役立った。
              • Small img 9304
              • Small img 9305
            • まっすぐ落下させるために

              0
              Thumb dsc04849
              まっすぐ落下させるために3つの工夫をした。
              1つ目はウイングをつけるということ。ウイングをつけることで落下時に受ける風から姿勢を保つ。
              2つめは落とし方。まっすぐに落とすためになるべく中心部をつまめるように工夫したウイングを製作した。中心から離れた場所を持って落とそうとすると斜めになる確率が高い。
              3つ目は重心だ。PLAの外装を下に行くほど充填率をあげてプリントすることにより,なるべく下の方に重心が来るように工夫した。下のパーツの強度を強くすることで,落下の際の破損も防げる。
          • 検証動画

            0
            Thumb dsc04849
            9.5mを成功した。
            • 今までの製作で生まれたモデルたち

              0
              Thumb dsc04849

              Small img e9277
            • テスト動画の一部

              0
              Thumb dsc04849

            • 20171017 9.5m test

              0
              Thumb dsc04849
              ウイングをTPUで製作したバージョン。落下の衝撃で割れることがない。
            • 9.5mから下に投げつけるテスト

              0
              Thumb dsc04849
              9.5m以上の高さからテストができなかったため,下に投げつけてみた。
          Add Card Order

          References

            Usages

              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"