1x2x3の立体回転パズル

Created Date: 2016-10-22/ updated date: 2018-12-26
Owner & Collaborators
License
Summary
3x3x3の立体回転パズルが難しすぎたのを反省して、1x2x3の立体回転パズルを作る。特に、都道府県の形を作って、パズルにする。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 1x2x3のルービックキューブを作るために、作りたい形状のSTLファイルを準備します。
          中心を原点にもっていく必要があります。


          • たとえば、都道府県の形を作るとなると2次元の絵から、データを作りたくなります。まずsvgファイルを作成し、CADで厚みを持たせるのが良いでしょう。
            フリーのソフトで、画像データから輪郭抽出するものは、たくさんありますが、例えば
            を使って、
            potrace -s file_name.bmp
            のようにすれば、svgが出来ます。
        • OpenSCADで、1x2x3=6の部品に分割して、特定の部品を結合して、ねじ止めの穴をあけ、立体回転パズルを作ることが出来るようにスクリプトを作りました。

          • 3x3x3の場合と同様ですが、設定が出来ていない人は、まずは、OpenSCADをインストールしてください。環境変数(Path)に、OpenSCADœšの実行ファイルがある場所を通しましょう。OpenSCADは、コマンドプロンプトからファイルを読み込んで、STLに変換することが出来ます。
            環境変数を通すのが面倒、分からないなら、OpenSCADの実行ファイルをスクリプトと同じ場所にコピーしてしまっても構いません。
          • parameter.scadを開いて、パラメータを設定します。
            FILEが分割するSTLファイル名となります。STLファイルをこの名前を変更してください。
            他の数字を変えると、操作性が良くなるのかもしれません。
            うまく調整出来たら教えてください。
          • rubik.scadをOpenSCADから開いて、F5で分割形状を確認
            してください。STLの規模が大きいとキレイに表示されない
            かもしれません。
            サンプルでは直方体を分割するものとなっています。
          • makestl.bat
            を実行しましょう。環境変数が通っていればlibディレクトリの中のOpenSCADのファイルから、自動的に6個のSTLファイルをstlディレクトリ内に作成してくれます。
            形状が複雑な場合は時間がかかりますが、待ちましょう。
        • 適当なネジが必要です。画像にあるネジをホームセンターで買ってきました。ネジ穴は、小さい設計になっています。parameter.scadの値を変えてもらっても良いですが、ハンドドリルを使って穴を大きくして、ねじを使って止めます。
          あなただけの回転立体パズルを作りましょう。
        Add Card Order

        References

          Usages

          • 各都道府県を1x2x3の立体回転パズルにして、それをさらに、組み合わせることで、パズルとなります。各県の形は、意外と分からないものです。リアス式海岸など、改めて勉強になります。

          Project comments