Lefty ChalkHolder

Created Date: 2022-08-05/ updated date: 2022-09-16
    Owner & Collaborators
    License
    Summary
    左利きの人は黒板にチョークで字を書くときに「カーッカッカッカ」となると聞きました。意味がわからなくて質問すると、普段鉛筆で文字を書くときの角度で黒板に字を書こうとすると、黒板とチョークの角度のから摩擦・抵抗が起こり、特に左から右への直線を書くときに、「カーッカッカッカ」と音を立てながら点線になってしまうそうです。その不便さを解消しようと思い、左利きの人と右利きの人のチョークの持ち方を調査し、それを元に右利きの人と同じように普段の鉛筆と同じような持ち方で文字を書けるような道具を作ろうと考えました。
    また、ある著名人の鉛筆の持ち方がおかしいということが9月上旬にニュースになっていました。おかしいのではなく、右利きの人が持つ持ち方では書きにくく、それぞれ個々に書きやすい持ち方が異なるそうです。
    それを調べながらこのチョークホルダーも作成しました。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • まず、左利き・右利きの人が鉛筆とチョークを持つときの持ち方を調査しました。
            左利き、右利きの人が「一」を書くときの鉛筆・チョークを持つ角度をそれぞれ計測した。縦線を引くとき、右から左へのはらいなどで角度が変わるが、左利きの人が一番書きにくいのが左から右への線を引く部分らしいので、「一」の表だけ掲載した。

            • 「体と鉛筆」「紙と体」の角度が全員ほぼ同じなのに対して、「机と鉛筆」の角度は右利きと左利きでは左右逆になっている。 また、「黒板とチョーク」「チョークと地面」は右利きの人はほぼ同じ角度だが、左利きの人は右利きの人とほぼ同じ角度の人・異なる角度の人に別れた。 この調査から、左利きの人が黒板に文字を書くときに、自分の書きやすい角度でそれぞれ書いていることが分かる。

          • 調査の結果から、チョークと持ち手が90度の角度の時に書きやすいと考えられたため、おゆまるを使い試作した。緑の持ち手部分を鉛筆を持つように持ってもらい、実際に黒板に文字を書いてもらった。書きやすいということだったので、この角度で実際に制作することにした。
            •  TinkerCADを使ってダイソーで販売しているチョークホルダーに取り付けて使えるように設計した。
              持ち手の部分の長さやチョークホルダをセットする部分の広さなどを何度も変更して、一番持ちやすいと言われた長さに調整した。Anycubicでのプリントの際には設計を失敗してプリントがうまくいかないということが何度もあり時間がかかった。
              ただし、ダイソーで販売しているチョークホルダー以外にはセットできないため、チョークを直接取り付けられるオリジナルのチョークホルダを製作することにした。
              • ダイソーのチョークホルダは直接チョークを押し込んで使うものだったが、別の構造で作れないか考えた。その結果、挟んで使う髪留めを見つけ、チョークを挟んで使う形状が良いと考えた。
                • 髪留め用のバネが探しても見つからなかったため、まず、髪留めを分解し、バネを取り出し、使用することにした。 画像のように設計し、つまみの左側にある穴の間に設置、穴とバネに針金を通すことで固定した。

                • 最初に作ったモデルは穴が小さくて、固定用の針金が通らなかった。また、穴の位置や大きさが少しずれるとうまく組み合わさらなかいため、何度も3DCADのモデルを作り直した。また、穴を広げすぎて組み合わせると根本の部分が割れてしまったり、やはり設計のミスでプリントが何度も失敗した。
                • 穴を広げすぎると強度が落ちる問題は、割れてしまう部分を補強することで解決した。
                • 髪留めから取り出したバネの角度とチョークホルダの持ち手の角度の違いから、バネは適当な角度にペンチで変形させて使った。そのため、設計・プリントがうまくいったものも、最後にバネを取り付ける時の針金の曲げ具合やバネの角度の調整が少しでも違うと挟む力が弱くなり、チョークが固定されないと言う問題が起こった。この問題は、バネを固定するための針金を通す穴をギリギリまで小さくすることで解決した。
              • 何度か微調整のために作り直した。
                その後、左利きの人に試してもらったところ、持ち手の長さが短いということが分かり、長さを調整して完成した。
                プリントした見た目が少し汚いので、綺麗にしたい。
                • 持ち手の部分が少し持ちづらいという意見をもらったので、持ち手の形状を変えることにした。左利き用の書き方鉛筆を参考にして、指の当たる部分に凹みをつけた。
                • バネを針金で固定したが、針金が柔らかくて使っているうちに曲がってしまう。だから、針金ではなくを使って固定することにした。(ネジは太すぎるので)
                  釘の先を潰そうとしたら、チョークホルダーが壊れた。
                • 釘の先は潰さず、半田で固定することにした。けれど、針金と比べて釘が細いため、チョークホルダーの穴の位置やサイズを微調整した。
                  また、プリントが綺麗にできないためフィラメントを変更し、温度を200 度から220度にした。
              • 半田の熱でプラスチックまで溶けてしまうので、釘を使うことはあきらめた。その代わり、ネジで固定することにした。そのため、ネジを通すための穴を大きくした。何度かプリントしたが、挟む力が弱くなってチョークが落ちてしまうので、チョークを挟む部分の半径を小さくしたり、穴の位置などを微調整して完成した。
                • 最初は私が持ってちょうどいい凹みをつけた持ち手にしたけれど、男の人や低学年の子も使えるように子供用、女性用、男性用の3サイズ作り直した。持ち手の長さや凹みの深さや幅などが少し違います。
              • 実際に左利きの人に使った感想をもらった。
                ・私はチョークで黒板に文字を書くと、チョークが引っかかって文字が上手く書けなかったり、チョークを他の人よりもよく折ってしまうので、黒板に字を書くのが苦手でした。これは鉛筆を持つ持ち方で黒板に字を書くことができるので便利です。
                ・黒板に横書きの文字を書くときに、自分の腕で書いた文字が隠れてしまいます。それで文字が斜めにゆがんでしまうけど、これを使ったら、書いた文字が隠れませんでした。
                Add Card Order

                References

                  Usages

                    Project comments