Kiki mori

Created Date: 2018-03-01/ updated date: 2018-04-16
    • Medium e393e878 df01 4ffc a813 99b7131b7a1c
    Owner & Collaborators
    License
    By sa
    Summary
    富士ヒノキの間伐材を使って、茶香炉を作る。 森の様々な木や植物を採取して、自宅でも香を聞くように森の香りを聞けるようにできたら・・・
    という当初構想から作りながらどんどん離れて、最終的にできたのが茶香炉でした。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • 材料、道具

            0
            Thumb 36600890
            使用した材料
            ・直径約10cm、長さ12cmの丸太
            ・タイトボンド
            ・えごま油
            ・小皿
            ・ティーライトキャンドル


            使用した道具
            ・ドリル?(レーザーカッターで穴を開ける際の中心出しに使用)
            ・バンドソー?
            ・レーザーカッター
            ・彫刻刀
            ・ハサミ
            ・クランプ×2
            ・鉛筆
            ・マジック
            ・Inkscape
            ・布(ボンド拭き取り用と塗装用の綿手ぬぐい)
            ・ディスクグラインダー&60番木工用ヤスリ
            ・紙やすり(#60、#120、#320)

            • 間伐材調達

              0
              Thumb 36600890
              富士山セッションにて間伐材調達。
              作るものがあまり具体的に決まっていなかったため丸太、輪切り、板材等いろいろなサイズ、形の材をいただいて、皮を剥いてみたり、半分に切ってみたりして乾燥をした。

              • 乾燥

                0
                Thumb 36600890
                せっかくなので、いろいろな条件で乾燥実験。
                ・乾燥した空き部屋で、切断面に木工ボンドを薄めたものを塗布して放置。
                ・外の風が通りやすいが雨の当たらない屋根の下で放置。
                ・風があまり通らないテントハウスで放置。
                ・お湯で煮てから放置。
                ・水にしばらく浸しておいて放置。
                ・皮付き、無しでそれぞれ放置。
                ・縦半分に切って放置。

                結果、1.5〜2cmくらいの厚さに切った輪切り以外は全て割れ、変形した。
                煮たもの、水に浸しておいたものは、出して数日で割れが入った。
                その他は、2、3ヶ月後に徐々に割れが入ったが、ボンドを塗って部屋に放置したものが一番割れが遅かった

                檜を皮付きのまま煮込んだら、茶黒く染色されたことは面白かった。

                Small image
                • 製材1

                  0
                  Thumb 36600890
                  今西工場にて製材。
                  直径約10cm、高さ約12cmくらいの小丸太をバンドソー?で、8mmの厚さにカット。

                  一番上だけ蓋にするため、5mmにカットしていただいた。が、後日割れてきてしまったので、下のと接着させて蓋にした。
                  Small dacb4803 9452 4f99 8b7f e74e6c299d70
                  • 製材2

                    0
                    Thumb 36600890
                    丸太の内部をくり抜いて円筒状にするため、8mm輪切りの中心を1枚づつくり抜く。
                    くり抜く円の大きさは、内部に入れるお皿を途中で止めつつ、下から熱せるよう場所によって変える。
                    くり抜くのには、Inkscapeで数パターン円を描いておき、レーザーカッターでカットした。

                    Small 41b4c250 8fdb 4535 9dbe f91fcb57697c
                  • 製材3

                    0
                    Thumb 36600890
                    ドーナツ状になった輪切りの一部を抜くため、抜きたい場所を鉛筆でマークしてその部分をカット。
                    ノコギリや彫刻刀も試したが、ハサミが一番効率よく、失敗も少なく切ることができた。
                    失敗した部分はボンドで接着して修正した。
                    Small 3bd07c2c 9154 4218 970a dec0a27c0afd
                • 接着

                  0
                  Thumb 36600890
                  カットすると細くなってしまうので、少しずつ切っては接着し、切っては接着しを繰り返した。
                  直接万力で力をかける部分がないので、実験に使った輪切りを利用した。
                  Small 6aaef274 673e 40aa a056 25f41769f386
                  • 蓋と底部分の接着

                    0
                    Thumb 36600890
                    蓋と、底部分が本体とずれないようにするため、くり抜いた時にでた内側の部分を接着。
                    乾燥によって、ドーナツ状になった部分が縮んでしまったので、上手くはまるよう輪っかの内側を彫刻刀で削り、紙やすりで調整。
                    割れ防止のため割れた部分をずらして接着してみた。
                    Small image
                • 失敗

                  0
                  Thumb 36600890
                  一番下のロウソクを置く台にしようとしていた部分も間違って接着してしまったため、ノコギリと彫刻刀で無理やり穴を開けた。
                  レーザープリンターで1枚づつ穴を開けるのも面倒だと思っていたが、アナログで穴を開ける方が数十倍大変だった・・・
                  Small 17221bab 969a 41b4 9323 52d7ae68f398
                  • 失敗を生かす

                    0
                    Thumb 36600890
                    失敗して、彫刻刀で土台部分に合うよう穴を削る作業をしている間に、少し出っ張りを残しておけばズレ留めに使えるのではと思いつき、土台の割れ目にちょうどハマるよう1部を残してみることにした。
                    Small image
                • サンディング

                  0
                  Thumb 36600890
                  接着完了後、サンディング。
                  最初は紙やすりでやってみたが、疲れるので、ディスクグラインダーに60番のヤスリをつけてやってみた。
                  多少、上手く削れない部分もあったが、早く仕上がった。
                  やすりが使い過ぎていたせいなのか、押し付け過ぎたのか、焦げ目ができてしまったが、それも味ということで・・・
                  Small d51a0864 01cf 4fb0 afee d69ec7c6ce7e
                  • 塗装

                    0
                    Thumb 36600890
                    火を使うので、下手な塗装はしない方がいいかとも思ったが、家にえごま油があったので、気持ちオイルフィニッシュをすることにした。
                    60番のヤスリがけ後、120番、320番の紙やすりでさらに磨き、綿の手ぬぐいにえごま油を少しつけて塗り、拭き取っては塗り、を薄く行った。
                    Small cc0c0837 4bfc 4108 bf8c 8cb963dac41a
                    • 完成

                      0
                      Thumb 36600890
                      100均ショップで買ったティーライトキャンドルとお皿を乗せて完成!
                      Small 48a36e37 4b41 4a97 aace 554f246675e7
                      • 感想

                        0
                        Thumb 36600890
                        IT、デジタル機器の知識があまり無く、ほぼアナログで作ることしか思いつけなかったのが少し残念でしたが、今まで知らなかったデジタル機器の使い方に触れることができ、アナログが得意なこと、デジタルが得意なことの一端を知ることができました。

                        100年生の檜を自分で植えて、育てて、伐って、作って、使うという体験は時間的にも、費用的にもなかなかできないけれど、間伐材ならそれを楽しむことができるということを、そしてデジタル機器がその可能性を広げてくれることをFuji mockを通して一部体験することができました。これから作ったものを使いながらさらにお香を作るなど、工夫していくということを楽しめればと思います!

                        • 改善点、反省等

                          0
                          Thumb 36600890
                          ・お皿を上端より深い位置に設置してしまったたため、お皿と中身が取り出しにくくなってしまったこと
                          ・ロゴの印字や、全体的なデザイン、カットの仕方など、デジタル機器がうまく使えれば、もう少し楽にスマートな作品ができた気がします...
                          ・内側の耐熱、防火処理が出来ず、目を離して火をつけっぱなしにはできないこと
                          ・茶香炉として使わなくても、もう少しスリットの幅や量を工夫して、内側に和紙とか貼って、中にライトやロウソクを入れれば、間接照明的に使えそうな気が
                          ・蓋と本体と土台がバラバラで持ち運びしづらいこと
                          ・これから使ってみるとどうなるのか、どんな香りを持ってこれるのかを含めて、実験していきたいと思います。
                      Add Card Order

                      References

                        Usages

                          Convert State

                           to Annotation.

                          Select the numebr of the state to annotate.

                          OK
                          cancel
                          Loading

                          facebook

                          , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                          , data-width="400", data-order-by="reverse_time"