レーザー加工機でいろいろな箱を作る~第3弾

Created Date: 2020-11-24/ updated date: 2020-11-24
    Owner & Collaborators
    License
    Summary
    Boxes.pyというソフトウエアを活用して、ヒンジ部分をもつ箱を作っていきます。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Boxes.pyというソフトウエアを活用して、その中にあるINTEGRATEDHINJEBOXを使用してヒンジ部分をもつ箱を作っていきます。数値はデフォルトの値をそのまま使用して、板厚(thickness)だけ3mmから2.5mmに修正してから「Generate」クリックして展開図を作成します。
            • 作成された展開を確認します。右端にある100mmという表示部分は長さの目安を示したものであり、使用する部品ではありません。パソコン画面では縦長に出力されたので、ここには横向きにしています。このままでレーザー加工機の範囲に入らないので、あとから位置を調整する必要があります。
              • 後はレーザー加工を進めていきます。同時にすべての部品をカットできない場合には部品を一つ、二つ取り出しながら配置して加工を行います。すべての部品が完成したら、各部品をはめ込んでいきます。はめ込みがきついときには木製の棒でたたきながら、全体的に均一に力を加えながら形を整えました。無理にたたくと部品が曲がったり、欠けたりするので注意しましょう。
              Add Card Order

              References

                Usages

                  Project comments